Syria football team& Japan Ohanami-Photo-1 @Ueno @160330Wed

160330Wed Ohanami syria -14 088

 上野のお花見。もう5年も戦禍にくるしむシリア。毎日大勢の人たちが・・・爆撃されて亡くなられている。私たちに出来る事。 せめて お花見の季節で 一時を楽しんでもらいたいと 前日に最後の試合を闘ったサッカーチームを招いて、シリア大使とシリア・サッカーチームを励まそう!!ということになった。

160330Wed Ohanami syria -21 125

160330Wed Ohanami syria -17 096

幸い 私の周りには とびっきりの素晴らしい若者たちがいる。みなさんにお願いして 急きょ集まってもらった。

160330Wed Ohanami syria -19 104

実に穏やかな空気が流れた。残念ながら 選手の方々は 疲労困憊で この日の夜の7時と9時のフライトで 帰国しなければならず、参加は叶わなかったが, ワリフ・ハラビ大使が お花見のあと 成田に向かい、私たちのメッセージを届けてくれた。

160330Wed-Syria Ohanami -7-1 160

なお シリア世界遺産の復興運動をTEAM Yamamotoのメンバーと始めました。

世界遺産の現状 パルミラの現在の姿を見てほしい。

 160330Wed Ohanami syria -22 126

スポーツジャーナリストの舩木渉くんが 素晴らしい記事を書いてくれた。私の伝えたいことを しっかり見事に!! 以下 舩木君の文章を転載させて頂く。舩木君 本当に有難う。

160330Wed Syria Ohanami-5 056

(Cherry-blossom viewing) なお シリア問題をしっかり 勉強したく 幾つかの映像を アップしたので ぜひ この機会に見て下さい。

また シリアと日本のサッカー試合のビデオもアップしておきました。

2012 Clinton Email Reveals Syria War All About Securing Israeli Hegemony

Clinton-Israel

Brandon Martinez / Non-Aligned Media

Hilary Clinton candidly outlined US plans to overthrow Assad as a prelude to weakening Iran in a 2012 email released by Wikileaks. Clinton argued that this criminal policy of regime change in Syria was being pursued in large part to help Israel isolate Iran and thereby weaken Tel Aviv’s other regional foes like Hezbollah and Hamas by strategically cutting them off “from [their] Iranian sponsor since Syria would no longer be a transit point for Iranian training, assistance and missiles.”

Clinton noted that the operation in Syria was in part designed to curtail Iran’s nuclear program so that Israel could maintain its “nuclear monopoly” and thereby continue to dominate the region militarily. “The best way to help Israel deal with Iran’s growing nuclear capability is to help the people of Syria overthrow the regime of Bashar Assad,” Clinton wrote in the email. She further pontificated:

Iran’s nuclear program and Syria’s civil war may seem unconnected, but they are. For Israeli leaders, the real threat from a nuclear-armed Iran is not the prospect of an insane Iranian leader launching an unprovoked Iranian nuclear attack on Israel that would lead to the annihilation of both countries. What Israeli military leaders really worry about — but cannot talk about — is losing their nuclear monopoly. An Iranian nuclear weapons capability would not only end that nuclear monopoly but could also prompt other adversaries, like Saudi Arabia and Egypt, to go nuclear as well. The result would be a precarious nuclear balance in which Israel could not respond to provocations with conventional military strikes on Syria and Lebanon, as it can today. If Iran were to reach the threshold of a nuclear weapons state, Tehran would find it much easier to call on its allies in Syria and Hezbollah to strike Israel, knowing that its nuclear weapons would serve as a deterrent to Israel responding against Iran itself.

Later in the email Clinton bluntly opined: “Bringing down Assad would not only be a massive boon to Israel’s security, it would also ease Israel’s understandable fear of losing its nuclear monopoly.” She then stated that the US would achieve this by arming Syrian rebels:

Washington should start by expressing its willingness to work with regional allies like Turkey, Saudi Arabia, and Qatar to organize, train and arm Syrian rebel forces. The announcement of such a decision would, by itself, likely cause substantial defections from the Syrian military. Then, using territory in Turkey and possibly Jordan, U.S. diplomats and Pentagon officials can start strengthening the opposition. … Arming the Syrian rebels and using western air power to ground Syrian helicopters and airplanes is a low-cost high payoff approach. 

The full email is so incriminating that I will re-print the whole thing here:

UNCLASSIFIED U.S. Department of State Case No. F-2014-20439 Doc No. C05794498 Date: 11/30/2015

The best way to help Israel deal with Iran’s growing nuclear capability is to help the people of Syria overthrow the regime of Bashar Assad.

Negotiations to limit Iran’s nuclear program will not solve Israel’s security dilemma. Nor will they stop Iran from improving the crucial part of any nuclear weapons program — the capability to enrich uranium. At best, the talks between the world’s major powers and Iran that began in Istanbul this April and will continue in Baghdad in May will enable Israel to postpone by a few months a decision whether to launch an attack on Iran that could provoke a major Mideast war.

Iran’s nuclear program and Syria’s civil war may seem unconnected, but they are. For Israeli leaders, the real threat from a nuclear-armed Iran is not the prospect of an insane Iranian leader launching an unprovoked Iranian nuclear attack on Israel that would lead to the annihilation of both countries. What Israeli military leaders really worry about — but cannot talk about — is losing their nuclear monopoly. An Iranian nuclear weapons capability would not only end that nuclear monopoly but could also prompt other adversaries, like Saudi Arabia and Egypt, to go nuclear as well. The result would be a precarious nuclear balance in which Israel could not respond to provocations with conventional military strikes on Syria and Lebanon, as it can today. If Iran were to reach the threshold of a nuclear weapons state, Tehran would find it much easier to call on its allies in Syria and Hezbollah to strike Israel, knowing that its nuclear weapons would serve as a deterrent to Israel responding against Iran itself.

Back to Syria. It is the strategic relationship between Iran and the regime of Bashar Assad in Syria that makes it possible for Iran to undermine Israel’s security — not through a direct attack, which in the thirty years of hostility between Iran and Israel has never occurred, but through its proxies in Lebanon, like Hezbollah, that are sustained, armed and trained by Iran via Syria. The end of the Assad regime would end this dangerous alliance. Israel’s leadership understands well why defeating Assad is now in its interests.

Speaking on CNN’s Amanpour show last week, Defense Minister Ehud Barak argued that “the toppling down of Assad will be a major blow to the radical axis, major blow to Iran…. It’s the only kind of outpost of the Iranian influence in the Arab world…and it will weaken dramatically both Hezbollah in Lebanon and Hamas and Islamic Jihad in Gaza.”

Bringing down Assad would not only be a massive boon to Israel’s security, it would also ease Israel’s understandable fear of losing its nuclear monopoly. Then, Israel and the United States might be able to develop a common view of when the Iranian program is so dangerous that military action could be warranted. Right now, it is the combination of Iran’s strategic alliance with Syria and the steady progress in Iran’s nuclear enrichment program that has led Israeli leaders to contemplate a surprise attack — if necessary over the objections of Washington. With Assad gone, and Iran no longer able to threaten Israel through its, proxies, it is possible that the United States and Israel can agree on red lines for when Iran’s program has crossed an unacceptable threshold. In short, the White House can ease the tension that has developed with Israel over Iran by doing the right thing in Syria.

The rebellion in Syria has now lasted more than a year. The opposition is not going away, nor is the regime going to accept a diplomatic solution from the outside. With his life and his family at risk, only the threat or use of force will change the Syrian dictator Bashar Assad’s mind.

The Obama administration has been understandably wary of engaging in an air operation in Syria like the one conducted in Libya for three main reasons. Unlike the Libyan opposition forces, the Syrian rebels are not unified and do not hold territory. The Arab League has not called for outside military intervention as it did in Libya. And the Russians are opposed.

Libya was an easier case. But other than the laudable purpose of saving Libyan civilians from likely attacks by Qaddafi’s regime, the Libyan operation had no long-lasting consequences for the region. Syria is harder. But success in Syria would be a transformative event for the Middle East. Not only would another ruthless dictator succumb to mass opposition on the streets, but the region would be changed for the better as Iran would no longer have a foothold in the Middle East from which to threaten Israel and undermine stability in the region.

Unlike in Libya, a successful intervention in Syria would require substantial diplomatic and military leadership from the United States. Washington should start by expressing its willingness to work with regional allies like Turkey, Saudi Arabia, and Qatar to organize, train and arm Syrian rebel forces. The announcement of such a decision would, by itself, likely cause substantial defections from the Syrian military. Then, using territory in Turkey and possibly Jordan, U.S. diplomats and Pentagon officials can start strengthening the opposition. It will take time. But the rebellion is going to go on for a long time, with or without U.S. involvement.

The second step is to develop international support for a coalition air operation. Russia will never support such a mission, so there is no point operating through the UN Security Council. Some argue that U.S. involvement risks a wider war with Russia. But the Kosovo example shows otherwise. In that case, Russia had genuine ethnic and political ties to the Serbs, which don’t exist between Russia and Syria, and even then Russia did little more than complain. Russian officials have already acknowledged they won’t stand in the way if intervention comes.

Arming the Syrian rebels and using western air power to ground Syrian helicopters and airplanes is a low-cost high payoff approach. As long as Washington’s political leaders stay firm that no U.S. ground troops will be deployed, as they did in both Kosovo and Libya, the costs to the United States will be limited. Victory may not come quickly or easily, but it will come. And the payoff will be substantial. Iran would be strategically isolated, unable to exert its influence in the Middle East. The resulting regime in Syria will see the United States as a friend, not an enemy. Washington would gain substantial recognition as fighting for the people in the Arab world, not the corrupt regimes. For Israel, the rationale for a bolt from the blue attack on Iran’s nuclear facilities would be eased. And a new Syrian regime might well be open to early action on the frozen peace talks with Israel. Hezbollah in Lebanon would be cut off from its Iranian sponsor since Syria would no longer be a transit point for Iranian training, assistance and missiles. All these strategic benefits and the prospect of saving thousands of civilians from murder at the hands of the Assad regime (10,000 have already been killed in this first year of civil war).

With the veil of fear lifted from the Syrian people, they seem determine to fight for their freedom. America can and should help them — and by doing so help Israel and help reduce the risk of a wider war.

____________________

 

以下 舩木渉くんの渾身のレポートです。

 

テロ一掃し国民を一つに。“平和の象徴”としてのシリア代表。思想違えど同じ旗のためプレーする心は同じ

フットボールチャンネル 4月1日(金)11時35分配信

  • ツイート
  • シェアする

 去る3月29日に日本代表と対戦したシリア代表。国内情勢が混乱を極めるなか来日した彼らは大きなものを背負っている。サッカーが母国でできることは、“普通の生活”を送ることを意味する。選手・監督の証言を振り返るとともに、駐日シリア大使代理にも話を聞き、シリアが置かれている状況から、代表チームが持つ力に迫る。(取材・文:舩木渉)

シリア代表が戦う意義。日本とは異なる“背負うもの”。明日なき人々の希望に

「国民をハッピーに」シリア代表が掲げる唯一の願い

 去る29日、サッカー日本代表はロシアW杯アジア2次予選でシリアに5-0で勝利を収めた。その試合を前にした記者会見でシリア代表のファジェル・イブラヒム監督(当時)は自分たちが戦うことの意味を力説した。

「シリアが今、厳しい状況に置かれていることは誰もが知っていると思う。私たちは国民をハッピーにしたい。それこそがモチベーションになっている。シリアには文明があり、歴史がある。それが今は病んでしまっている。しかし病んでいるからといって決して死に絶えることはない。唯一のメッセージは、とにかく人々をハッピーにしたいということだ」

160330Wed Ohanami syria -25 128

彼らはシリア国民の誇りを胸に勇敢に戦い、W杯出場のチャンスを掴みとった。日本に次ぐグループ2位で最終予選進出を決め、国際社会に「死に絶えていない」ことを示した。だが、彼らが戦えているのはある人物に忠誠を誓っているからでもある。

昨年11月に話題を呼んだイブラヒム監督の行動を覚えているだろうか。W杯予選のシンガポール戦前に同氏と広報のバッシャール・モハメッド氏、日本戦にも出場したオサマ・オマリの3人はある人物の顔写真がプリントされたTシャツを着て記者会見に臨んだ。

160330Thu-ohanami-2 12928190_773546912745768_2747174202623916592_n

その場でイブラヒム監督は「シリアで殺された人たちには誰も、1秒も立ち上がらない。これを知っておくべきだ。我々シリアはあらゆるテロリストやその集団と戦っている。そして世界中にいる全てのテロリストを壊滅させる」と、フランスで起きた連続爆破テロ事件だけに黙祷を捧げるAFCの判断に疑問を呈しつつ「我々にはどんな時も大統領がついている。彼は我々を支えてくれ、チームは国のために戦う。そして彼も同じく」と語った。

つまりシリア代表として身の安全を保障されながらサッカーをするには独裁政権を敷くバッシャール・アル・アサド大統領に忠誠を誓わねばならないということを意味する。

一般的にはサッカーにおいて政治を持ち込むことはタブーとされるため、この記者会見の様子は全世界的に報じられた。彼らは国のため、国民のために戦うには、国際的に非難を浴びる独裁者とともに歩まねばならないという事実を、身を以て示したのだった。

160330Wed Ohanami syria -15 089

160330Wed Ohanami syria -29 133

サッカーをできるのが「普通」ではない

シリア 街
街にはバッシャール・アル・アサド大統領の写真が各所にあるが…【写真:Getty Images】

一方でアサド大統領に忠誠を誓わぬ者もシリアには多くいる。独裁政権打倒を目指し武器を取ることを選択した若者を描いた『それでも僕は帰る ~シリア 若者が求め続けたふるさと~(原題:Return to Homs)』という映画をご存知だろうか。

この作品の主人公はアブドゥル・バセット・アル・サルートという青年だ。彼はかつてシリアU-20代表に選ばれた経験もある、国内で将来を嘱望された優秀なGKだった。しかし、故郷ホムスを政権側の愚かな支配から救うため立ち上がる。

当初は歌を用いて民衆の先頭に立ち抗議運動の象徴となったが、しだいに過激になり仲間たちに担ぎ上げられる形で武器をとった。現在はIS(Islamic State)に忠誠を誓い、行動をともにしているとされる(ドキュメンタリー映画で記録された後の動向に関する情報は少なく、何度も死地をくぐりぬけて生存しているとする説や、死亡説も存在する)。

160330Wed Ohanami syria -16 090

バセットはサッカー選手としてのキャリアを捨てざるをえなかった。(本意でなかったとしても)アサド政権に忠実な姿勢を示せば身の安全を保障され、今回の日本遠征にも帯同していたかもしれない。

日々報じられているようにシリアは内戦状態にある。アサド政権側につくもの、政権打倒を目指しゲリラ活動を展開するもの、ISの構成員としてテロを主導するもの…国内ではあらゆる勢力が互いの利益のために戦っている。他にも上空からはアメリカやロシア、フランスなどのヨーロッパ諸国も迫り、世界中の様々な組織が絡んだ複雑な利害関係が生まれてしまった。いまや戦況を正確に語れる者は極めて少ないだろう。

 

テロ一掃し国民を一つに。“平和の象https://youtu.be/L79pg3swHiI?t=6徴”としてのシリア代表。思想違えど同じ旗のためプレーする心は同じ

フットボールチャンネル 4月1日(金)11時35分配信

  • ツイート
  • シェアする
駐日大使代理が語るサッカーの大切さとは

 現在駐日シリア大使代理を務めるワリフ・ハラビ閣下は日本戦の後、「国連の報告ではテロリストたちは100もの国からやってきているといいます。日本も例外ではありません」と指摘し「メディアはその目で見たことを報じないことがあります。人々が対峙しているのは政府だけではないのです。そのことがテロリストを育ててしまっています」と大衆に真実が伝わらないことに憤慨していた。

160330Wed Ohanami syria -20 124

それでもサッカーがシリア国民にとって重要なものであることを強く主張する。

 

「シリアの人たちはサッカーが大好きなんです。子供のころからストリートや広場でずっとプレーしています。いまは非常に困難な状況にありますが、それでも人々はスポーツの動向をSNSなどで追っています。悲惨な情勢でもその習慣は続いています。これは非常に重要なことです」

現在国のために身を捧げる選手たちも、政府のために戦う軍人も、革命のために立ち上がった戦士たちも、皆根本は同じところにある。ハラビ閣下は「スポーツが国を一つにする力がある」と信じている。

160330Wed Ohanami syria -30-4 IMG_6807

イブラヒム監督も過去に中東メディア『マスカット・デイリー』で祖国の悲惨な状況を案じ、募る思いを吐露していた。

「ホームに帰りたい。チャンスをくれ。シリアではサッカーが最も人気のあるスポーツ。我々は皆それが恋しくてたまらない。遅かれ早かれ状況が改善され、またホームで試合ができるようになると確信している」

内戦が続くシリア最大の都市アレッポには7万5000人収容のナショナルスタジアムがある。もちろん現在はそこで試合を開催できる状態ではないが、平和になれば代表チームに声援を送るファンで溢れかえるはずだ。

 

 

シリア情勢の裏側 しっかり見てみよう。

160330Wed Ohanami syria -22 126 160330Wed Ohanami syria -23 127

160330Wed Ohanami syria -26 129

シリア代表がバラバラになった国民の心を一つにする

 シリアにはW杯出場の可能性が残されている。非常に厳しい戦いだが、選手たちは自分たちが世界の強豪と戦う姿を見せることが祖国の平和への道標になると信じてピッチに立ち続ける。

オマリは言う。「こんな状況では外国人監督を招くことなんてできない。ゆえに新しいアイディアを手に入れることは不可能だ。それでもシリアサッカー界には魂と覚悟を持ったタレントたちがいる。もちろん僕ら全員が戦争の早期終結を願っているが、今は成し遂げるべきことのために力を尽くさねばならない」。どんな困難な状況だろうと選手たちの決意は固い。

160330Wed Ohanami syria -34 140

退任を表明したイブラヒム監督も母国シリアのW杯出場を信じて疑わなかった。彼らがサッカーをする理由はただ一つ「祖国の平和のため」だ。いまや内戦による犠牲者は25万人を超えたとされ、国民の半数は土地を捨てて国外へ逃げ出したとも言われる。そんな彼らの心が一つになれる数少ない機会が「サッカーシリア代表」なのだ。

160330Wed Syria Ohanami-5 056

そして彼らにも当然愛する者たちがいる。現在はレバノンに逃れてプレーし、代表では10番を背負うアブデルラザク・アル・フセインは「僕らはホームの観衆や友人たち、家族のみんなの前でプレーできない。また家に帰って、シリアでサッカーをする日がくることを本当に強く願っている」と溢れる思いを口にした。やはり彼らは平和な世界の実現だけを望んでいる。

160330Wed-Syria Ohanami -26-1 065

テロ一掃し国民を一つに。“平和の象徴”としてのシリア代表。思想違えど同じ旗のためプレーする心は同じ

フットボールチャンネル 4月1日(金)11時35分配信

  • ツイート
  • シェアする
「我々シリア人は責任をもってテロリストを追い出さねばなりません」

 ハラビ駐日大使閣下はサッカーに希望を見出している。「シリア全土が大変な状況で、スポーツの情報を手に入れるのは簡単ではありません。それは国内にいようが国外にいようが同じです。私たちに選択肢はありません。ベストを尽くし立ち上がらねばならないのです。

国の中でも外でも皆戦っています。我々シリア人は責任をもってテロリストを追い出さねばなりません。国際社会全体がテロリスト打倒のため共に戦ってくれています」と力強い口調で語った。

様々な考えを持つ人々がいても、シリア代表だけは国民全員のためにあるチームということを改めて感じさせる言葉だった。

ただ結果だけを見て「日本に5点も取られたんだ、弱いじゃん」ではなく、彼らがどんな思いを胸にボールを蹴っていたのか、彼らはどれほど大きなものを背負ってサッカーに打ち込んでいるのか、どんな状況に置かれているのか、目に見えるものの後ろにある本当の意味を見つめることで様々な景色が見えてくる。

今年9月に始まる最終予選を勝ち抜けば、シリアにとって悲願のW杯出場を叶えられる。日本とも再び相見えるかもしれないが、彼らがシリア国民の「平和の象徴」として、再び国を一つに束ねる大きな力になる日を心から願ってやまない。

(取材・文:舩木渉)

160330Thu-ohanami-1 12919855_773546899412436_8389912851012794023_n

160330Thu-ohanami-3 12919879_773546956079097_4479843950643287762_n

160330Wed Ohanami syria -13 086

s160330Wed Ohanami syria -14 088160330Wed Ohanami syria -15 089160330Wed Ohanami syria -18 098160330Wed Ohanami syria -19 102160330Wed Ohanami syria -19 103160330Wed Ohanami syria -20 122160330Wed Ohanami syria -23 127160330Wed Ohanami syria -25 128160330Wed Ohanami syria -26 129160330Wed Ohanami syria -27 IMG_6857160330Wed Ohanami syria -28-1131

 

シリア問題 このような映像もある。 参考に見ておこう。

160330Wed Ohanami syria -30 135160330Wed Ohanami syria -30-3 068160330Wed Ohanami syria -30-4 069160330Wed Ohanami syria -31 137160330Wed Ohanami syria -32 138160330Wed Ohanami syria -33 139160330Wed Ohanami syria -35 141160330Wed Ohanami syria -36 143160330Wed Ohanami syria -36-1 144160330Wed Ohanami syria -37 147160330Wed Ohanami syria -39 150160330Wed Ohanami syria -41 152160330Wed Ohanami syria -42 153160330Wed Syria Ohanami-2 050

 

160330Wed Syria Ohanami-3 051160330Wed Syria Ohanami-4 052

シリアのことをもっと知りたい人は しっかり 聴いてみよう。

 

 

160330Wed Syria Ohanami-6 058160330Wed Syria Ohanami-7 059160330Wed Syria Ohanami-8 061160330Wed Syria Ohanami-9 062160330Wed Syria Ohanami-11 78160330Wed-Syria Ohanami -7-1 160160330Wed-Syria Ohanami -26-1 065160330Wed-Syria Ohanami -27-2 081160330Wed-Syria Ohanami -28-2 078160330Wed-Syria Ohanami -30-1 075160330Wed-Syria Ohanami -43 154160330Wed-Syria Ohanami -44 155160330Wed-Syria Ohanami -44 156160330Wed-Syria Ohanami -49 158

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です