シリア問題検証② Syria +Hezbollah+ (Kurd) v/s ISIS + Al Nusra+ Free Syrian Army +Many

Syria +Hezbollah+ (Kurd)  v/s  ISIS + Al Nusra+ Free Syrian Army +Manyと 表面的に見えて

いたが アラブの春が始まった7年前から 時の経過と伴に 徐々に下記の状況が顕在化してきた。

______________________________________________

「Russia +Iran + China+ Syria +Hezbollah+ (Kurd) 」 v/s

「USA+Israel +UK+France+ ISIS + Al Nusra+ Free Syrian Army +Many」

______________________________________________

ただ この仕組みも反政府勢力の中での 主導権争いや思惑が異なり 戦うようになってきた。

敵の敵は味方。世界戦争の様相を呈して来た。 なかなか日本のメディアでは きちんとした

ことを伝えてくれないと アサド大統領の嘆きも 初期の段階から言われてきた。

実は イスラエルは シリアを助けているという憶測?をする人もいる。シリアが

崩壊すると 予測できないイスラエルに不利な状況が出来ると収拾が付かなくなる。と

いう訳だ。 真実は まだ かなりの部分が 闇の中だ。 外部勢力が悪意をもって

シリアに乗り込んできたISISやアルカイダを始めとするテロリストグループや外国勢力が

居なくなり シリア人自身の手で シリアの未来を作って行くべきとの話は、納得できる。

______________________________________________

★止まれ、 検証に検証を重ねて真実を追求する姿勢を持ち続け 同時に

日本の置かれている立場も見直す必要がある。私たちの国、日本の役割も

期待もされている。和解と平和 相互繁栄の道を模索し日本の役割を

果たさねばと考える。

_______________________________________________

気になるところから 調べてみた。 海外メディアの情報(日本語や英語の字幕が付いているものもある)

また日本語の情報もチェックした。 膨大な作業は まだまだ これだけではない。これからも続ける。

111. Hizb Allah ヒズボラ

Full) Documentary Film: Hezbollah in Syria – The Necessary Option (English Subtitles) 2017/02/03 に公開

This is the full version (parts 1-5 all in one video) of ‘The Necessary Option – Hezbollah in Syria’,

a documentary film that aired in early 2016 on the pan-Arab Mayadeen Tv.

The film explores the possible reasons and factors that moved the Lebanese group

Hezbollah to intervene in the ongoing war in Syria.

Source: Mayadeen Tv (YouTube)  Date: 23 January, 2016

________________________________________________

シリア大統領による西側の陰謀の暴露 2013/05/20 に公開 

_______________________________________________

SAA Hezbollah operations in Mahin backed by Russian Air support 2016/01/02 に公開

The latest military information from Syria
Russia attack ISIS – Russia vs. ISIS – Russian airtrikes in Syria – Iraq war –
Syria war – Kurds – ISIS – Sinjar battle – Kobane battle – Kobani – female soldier –
_______________________________________________

(1)ヒズボラアラビア語: ‮حزب الله‬‎, 翻字: Ḥizb Allāh)は、1982年に結成されたレバノンシーア派イスラム主義

の政治組織、武装組織。日本の報道機関では「ヒズボラ」と表記される事が多いが、アラビア語の発音では

   ヒズブッラーヒズボッラー。アラビア語で「神の党」を意味する。イランシリアの政治支援を受け、

その軍事部門はアラブ・イスラム世界の大半で抵抗運動の組織と見なされている。日本欧州連合、米国、

オランダ、バーレーン、エジプト、英国、豪州、カナダ、イスラエルは、ヒズボラの全体または一部を

テロ組織に指定している。

米国はヒズボラを破壊する為ISISを創った2016/05/13 公開

___________________________________________________________________________

(1)ヒズボラー2概要  レバノン内戦へのイスラエル軍侵攻を受けて1982年に結成された。レバノンを中心

に活動している急進的シーア派イスラーム主義組織で、イラン型のイスラム共和制をレバノンに建国し、

非イスラム的影響をその地域から除くことを運動の中心とする。反欧米の立場を取り、イスラエルの殲滅

を掲げている。 ヒズボラはレバノン内戦さなかの1982年、イスラエル軍によるレバノンでの軍事作戦への

抵抗を契機に生まれた。

 

イスラエルの軍事作戦は南レバノンのテロ・グループによるテロ攻撃と、シュロモ・アルゴフ駐英国イスラエル

大使への暗殺未遂事件に対する反撃として遂行された。

 

 

(1)-3 ヒズボラ指導部は、イランのアヤトラ・ホメイニの薫陶を受け、その部隊はイラン革命防衛隊から訓練

を受けて組織された。ヒズボラの1985年の宣言は4つの目的として、「イスラエル抹殺の準備段階として

イスラエルをレバノンから最終的に撤退させること」、「レバノンからあらゆる帝国主義勢力」を追放

すること、キリスト教マロン派系の極右政党・民兵組織であるファランヘ党を「正義の支配」の下に置き、

その犯罪行為を裁判にかけること、「完全な自由の下で、希望する統治体制」を選択する機会をレバノン

国民に与えることを挙げる一方で、イスラム支配への傾倒を隠そうとはしなかった。

Hezbollah And Syrian Army Fighting Al-Nusra In The Battle For Yabroud | Syria War 2014 2014/11/06 に公開

Opposition: 3 brigades of Al-Nusra Front, 3 brigades of the FSA, 2 brigades of Islamic Front, 1 brigade of ISIS, Sunni Lebanese/local volunteers. 5,000-15,000 fighters
Government: Hezbollah, NDF, Syrian Army, Shia militia volunteers. Unknown amount.

Government forces and Lebanese allies from the Hezbollah group have besieged the town for weeks, as part of a battle for control of key transport routes.

Yabroud was the last rebel bastion near the Lebanese border north of Damascus. Capturing the town would help President Bashar al-Assad cut off a cross-border rebel supply line from Lebanon.

According to media activists the best fighters of these brigades went to Yabroud to defend it from the government, even a brigade from ISIS who is hostile towards Al-Nusra believed that it was the right thing to do and joined the battle.

The Army supported by Hezbollah bombed and shelled militant positions the city for weeks and have managed to capture the city on 16 march.

After taking strategic hills and mountains in the Qalamoun area it was only a matter of time before the Syrian Army and Hezbollah would advance into the city.

Most rebels withdrew over the weekend to nearby towns and villages such as Rankous and Fleita, prompting Jabhat a-Nusra and other hardline groups to accuse fighters from the Free Syrian Army and the Islamic Front of having betrayed the rebel cause in Yabroud.

Many fighters from Jabhat Al-Nusra and ISIS (Islamic State in Iraq And Syria) stayed in the city and prompted to fight till death while a huge amount of the other factions withdrew or surrendered to the government.

____________________________________________________

(1)-4:ヒズボラ指導部はまたイスラエル国家を「シオニスト組織」と呼び、その破壊を求める数々の声明を出し

てきた。イランシリアが組織を支援しているといわれており、特にイランは組織設立時の関与や武器

供給などヒズボラと密接に結びつき、一部の活動はイランの指示によるものとされている。

ISIL「イスラム国」が恐れる最大の敵を青山繁晴が暴露!テロ集団が背を向けて逃げ出すほどの凄い部隊!

2015/02/12 に公開   青山繁晴さん解説。ISIL「イスラム国」が恐れる最大の敵 クルド人女性部隊。
イスラム国の戦闘員が背を向けて逃げ出すほどの凄い部隊! テロ組織の内部分裂が始まり、
より過激なテロには要注意!

____________________________________________________________________________

(1)-5スンナ派サウジアラビアヨルダンエジプトなどはヒズボラの行動を批判している。シリアは主と

して、後方補給拠点や訓練施設、要人の自宅などを提供しており、イランから空路で到着した物資や

人員はダマスカス=ベイルート街道を陸路で通り、レバノン国境を経てヒズボラに供給されている

といわれる。

(1)-6 ヒズボラのロケット弾(2006年)

1980年代以降国内外の欧米やイスラエルの関連施設への攻撃を起こしており、1983年10月、

ベイルートアメリカ海兵隊兵舎への自爆攻撃1984年9月のベイルートでのアメリカ大使館

への自爆攻撃、1992年にはアルゼンチンのイスラエル大使館への攻撃を実行した。

イランの戦闘機がISISを攻撃。「謎のF-4戦闘機」がISIL空爆に参加 2015/02/19 に公開 

_________________________________________

(1)-7 2000年にイスラエルがレバノンから撤退した後も、イスラエルへの攻撃を繰り返している。

2006年7月にイスラエル軍部隊と交戦した際、投降した兵2名を捕虜にした。この結果、

イスラエルのレバノン再侵攻を招き、全面衝突となったが、同年8月14日に停戦が成立し、

現在に至っている。

 

一説には2006年侵攻劇はレバノンにおけるヒズボラの政治的地位確保のための行動とも

言われる。レバノン国軍に勝る軍事力を持ち、レバノン政府から施設運営費を得ていく

ために必要だったとされるが、その動機などは追及されていない。なお、ヒズボラ自身は

、2006年の対イスラエル戦について「歴史的勝利」、と主張している。

(1)-8 少数の民兵組織から始まったヒズボラは、レバノン議会に議席を有し、ラジオ・衛星

テレビ局を持ち、社会開発計画を実施する組織へと発展を遂げた。ヒズボラはレバノンの

イスラム教シーア派住民からの強固な支持を受け、数十万人規模のデモを組織する能力を持つ。

Why Hezbollah is Fighting in Syria  2014/02/23 公開

Hezbollah Secretary General Sayyed Hassan Nasrallah on why Hezbollah is fighting in Syria.

(With English Subtitles) This video is a subtitled excerpt from a speech delivered on 16/02/14.

___________________________________________________________________________________

 (1)-9

ヒズボラは2006~2008年、他の政治勢力と協力し、当時のフアード・シニオラ首相の政府

を相手取り抗議行動を開始した。ヒズボラによる通信ネットワークの保有をめぐるその後の

論争は衝突に発展し、ヒズボラ率いる抵抗勢力はシニオラ首相に忠誠を誓う政党「未来運動

の民兵組織が支配する西ベイルートの複数の地域を制圧した。

 

(1)-10 これらの地域はレバノン軍に引き渡された。2008年には挙国一致政府が成立し、ヒズボラを

含む野党勢力は、全閣僚ポスト30のうちの11に対する影響力を確保し、事実上の拒否権を手にした。

 

(1)-11 ヒズボラはイランから軍事訓練、武器、財政支援を受け、シリアからは政治支援を受けている。

2000年にイスラエル軍が南レバノンの駐留を終結させたことを受けてヒズボラの軍事力は顕著

に増大した。 2008年6月、国連がイスラエル軍のレバノン領からの完全撤退を認定したにも

かかわらず、同年8月、レバノン新内閣はヒズボラが軍事組織として存続することを認め、

ヒズボラが「占領地域を解放または奪還する」権利を保証する政治宣言を全会一致で了承した。

1992年以来、ヒズボラはハサン・ナスラッラーが率いている。

メディアが教えてくれないシリア内戦 2013/09/06 に公開

さて、シリアのアサド政権がサリンを使用しているかの様に報道されていますが、

5月に国連調査団が報告したのは、サリンを使用していたのはアサド政権ではなく、シリア反体制派でした。http://www.asahi.com/international/up…

そして6月にはイラクでアルカイダがサリン製造で逮捕されています。
http://www.asahi.com/international/up…

それからアルカイダは実際には誰が作って何処からお給料をもらって活動しているのでしょうね?

「ヒラリー・クリントン-私達がアルカイダを作った 」
http://www.youtube.com/watch?v=CWK9j4…

「元CIAエージェントがアルカイダは存在しないと説明」
http://www.youtube.com/watch?v=jq9YNH…

そしてアメリカ政府には戦争しようと躍起になっている戦争屋がいるのです。
「マケイン上院議員はシリアでテロリストに会う」
http://www.youtube.com/watch?v=yiGbk_…

_________________________________________________

222. 自由シリア軍

自由シリア軍

Free Syrian army

シリア騒乱に参加
Flag of Syria (1932-1958; 1961-1963).svg
シリア反体制派がシンボルとするシリア旧国旗。
活動期間 2011年 –
活動目的 現アサド政権の打倒
指導者 アブドゥル・イラーフ・バシール
活動地域 シリアの旗 シリア
関連勢力 アルカーイダの旗 アルカーイダ
Flag of the Al-Nusra Front.svgアル=ヌスラ戦線
敵対勢力 Flag of Syria.svgシリア政府軍
Flag of the Islamic State of Iraq and the Levant2.svgISIL

2015年6月の報道によれば、自由シリア軍は2014年以降のISILとの戦闘によってほぼ壊滅状態にあり、

自由シリア軍の残党はイスラム主義反体制勢力の征服軍などに参加してダマスカス南部の攻撃に加わ

ったと伝えられた

2015年12月、アメリカのシンクタンク(en:Institute for the Study of War)によれば、自由シリア軍

はなおシリア南部のアレッポやハマに展開しており、「最大であり最も世俗的な反体制勢力」として

アサド政権と戦闘を行っているとされる。しかし、2015年9月30日以降のロシアによる空爆の標的

ともなっている。

トルコのシンクタンクの推定によれば、 自由シリア軍は35,000人の兵士を有している。自由シリア軍

はは27の比較的大きな組織(各1000人ほどの兵士がいる)とより小さな組織で構成されている。

2016年現在、自由シリア軍はヌールッディーン・ザンキー運動、スルターン・ムラード師団、

第13師団、ムジャーヒディーン軍など、複数の組織が個別に自称しているに過ぎないとされる。

_______________________________________________

333. アル=ヌスラ戦線(アル・ヌスラせんせん、アラビア語: جبهة النصرة لأهل الشام‎)は、シリア

活動するサラフィー・ジハード主義反政府武装組織

シリア、レバノンにおけるアルカーイダの関連組織であり、時に「シリアのアルカイダ」、

「レバントのアルカイダ」と呼ばれることもある。シリア内戦における一連の軍事行動において

反政府側に立つスンニー派ジハード主義組織。正式名称は「アッ=シャームの民のアン=ヌスラ戦線

などと訳される。日本メディアでは、「ヌスラ戦線」と表記されることが多い。

2017年1月28日以降は4つの反政府武装勢力を吸収したタハリール アル・シャーム英語版

と名称を変えた

_________________________________________________

444.★備考:★アルジャジーラと ★アルアラビーア 二つのメディアの立場と背景は?★★

 ① アル=アラビーヤアラビア語: قناة العربية‎、al-Arabiya)は、アラブ首長国連邦ドバイに本部を置く
  アラビア語国際ニュース衛星放送。2003年設立。 同じくアラブ首長国連邦に本部を置く英資本の
  衛星放送MBCの傘下。
② アル・ジャジーラとならび、アラブ世界全域かつほぼ全世界のアラブ人に視聴されている
  代表的国際放送である。

概要 サウジアラビア政府・企業がMBCに多額の出資を行っていることから、

  そしてアル=アラビーヤが「サウジアラビアやその友好国に不都合な

  情報を伝えない」ことからも、サウジアラビア政府・企業に支援され

  た放送と見なされている。

  カタールに本部を置くアラビア語国際ニュース衛星放送

  アル・ジャジーラの自由な報道姿勢に警戒感を覚えた

  サウジ政府が、それに対抗して立ち上げたチャンネルという

  説もある。

____________________________________________________________________

 

ヨルダンの元情報相による提唱を受けて設立され、その後サウジ系アラブ国際紙『アッシャルクル・アウサト

の編集長が取締役に就任した。

MBCのオーナーは2005年に「アル=アラビーヤはアル=ジャジーラのより穏健な代替であり、その目標はCNN

FOXニュースに対してとる、叫ぶように主張されるような意見ではなく、静かで報道を専門とするメディア

実行者としての立場をアル=ジャジーラに対してとるものである。」と発言している。

米政府高官はアラビア語テレビ放送への出演先としてアル=アラビーヤを選んでいる。G・W・ブッシュ大統領

(当時)は記者をホワイトハウスの大統領執務室に招待して独占インタビューに応じており、オバマ大統領

2008年に世界の他のメディアに先駆けてインタビューに応じたのもアル=アラビーヤであった。

しかし、報道傾向が完全に「米寄り」であるとは言えない。イラク・ファルージャでの米兵殺害事件の映像を

放送して米当局の非難を受けたこともある。ただ、アル=ジャジーラに比べアメリカや親米諸国に対する姿勢

が穏やかであることは確かである。2004年から2006年にかけて同局の記者・特派員がイラクで米軍の攻撃な

どにより殺害されている。

人気番組には、レバノン出身の女性キャスターが大物政治家に率直なインタビューを行う「パノラマ」

(Banorama)がある。また、アル・ジャジーラ(カタール)のキャスターやリポータが頑なな文語アラビア語

フスハー)で話すのに対し、アル=アラビーヤでは少し口語アラビア語(アーンミーヤ)がかった

フスハーが用いられることが多い。

______________________________________________________________________________________

 陰謀を打倒する!シリア・アサド大統領演説 Syria, Assad, We Will Defeat The Conspiracy! 2012/02/19 にアップロード

(日本語字幕版)2012年1月11日 ダマスカス
CIA・MI6・モサドによるやらせの反政府運動・デモ・テロ・拷問・狙撃・虐殺・プロパガンダに注意しましょう。日本のマスゴミもいい加減に偏向報道を止めてください。

____________________________________________________

反体制の製造 #シリア 政府転覆の陰謀を暴くドキュメント

2012/11/18 に公開

長年計画され「非通常戦争マニュアル」に沿った人造叛乱であるシリア情勢の不条理を、シリア人達自身の証言と、虚偽報道の証拠映像で描き出す大傑作!
出展ビデオ http://www.youtube.com/watch?v=dwv7JX…
日本語字幕は、匿名の方からご好意で提供いただきました。その献身的な努力と共感に、心より厚く御礼申し上げます。

♥ ♥ ♥ ♥ 短めの文に切った原文注釈訳 ♥ ♥ ♥ ♥

『反体制の製造』はパレスチナ系シリア人俳優、モハマド・ラフェアの死後、彼に捧げられたドキュメンタリーです。アメリカ、イギリスと西側及び湾岸の同盟国が、2011年初めにシリアで闇の戦いを始めて以来、革命家の恰好をし解き放たれたテトリスト集団達により、彼は誘拐され、拷問され、最後2012年11月4日に残虐に殺害されました。ラフェアにより話された言葉と、彼の見せた勇気こそが、彼が殺された理由です。

『反体制の製造』は、マスコミと、西側や西側同盟国の政治勢力による心理戦に関する映画です。その心理戦は、アメリカ、ヨーロッパ、そしてイスラエルの、シリア現政権の排除を促することを目的としています。

『反体制の製造』は、CNN、BBC、アルジャジーラなどが放映や出版した、ウソの報告という証拠を、俳優、職人、ホムス住民、活動家といった、この危機に影響を受けたシリアの人々のインタビューと織り交ぜています。

制作 ジャーナリスト、リジー・フェランとモスタファ・アフザルザダー
編集 リジー・フェラン
ウェブサイト http://www.manufacturing-dissent.com/
ウェブサイト制作 シャヒナズ・アルシバヒエ
シリア人社交会による一部制作費負担を感謝します。

_________________________________________________

(1)ヒズボラ-12 組織

____________________________________________________

(1)-13 ヒズボラの組織構成図

1990年代から軍事部門と政治部門の分離が進められ、1992年に軍事部門「レバノン・

 イスラムの抵抗」は形式上ヒズボラとは無関係な独立機構に分離された。

 

  • 議長ハサン・ナスラッラー
  • 副議長:シャイフ・ナイーム・カースィム
  • 政治局会議議長:イブラーヒーム・アミーン・アル=サイイド
  • 政治局会議副議長:マフムード・クマーティ
  • 議会会派「レジスタンスへの忠誠」議員団長:ムハンマド・ラアド
  • 執行評議会議長:ハーシム・サイフッディーン
  • 執行評議会副議長:ムハンマド・ヤーギ
  • 政治顧問:シャイフ・フセイン・ハリール
  • 軍事作戦顧問:イマード・ファーイズ・ムグニーヤ英語版 1983年の米仏海兵隊兵舎爆破テロの容疑で、国際指名手配されている。2008年2月13日、シリアでイスラエル情報機関により暗殺される。
  • 対外関係局長:ナワーフ・アル=ムーサウィー

その他 ムハンマド・フナイシュ 前水資源・エネルギー相

日本公安調査庁は、平時の戦闘員を600人から800人程度、非常時には2万5000人

程度を動員可能と見ている。

 

(1)-14 ヒズボラの活動

ヒズボラは一般に過激派組織と見なされているが、パレスチナの過激派ハマース

ように選挙に参加している政治組織である。独自の議会会派「レジスタンスへの忠誠」

を結成して、議会選挙では1992年8議席、1996年7議席、2000年12議席と議席を毎回

獲得し、2005年7月には連立内閣に参加した。

 

また、貧困層への教育福祉ネットワーク(2002年のデータで、学校9校、病院3ヶ所、

診療所13ヶ所を運営)を作っており、それ故に貧困層からの支持は厚い。 2007年の

イスラエルとの戦いの際にも、被害を受けた人々の直接的な援助を行っている。

インターネット上に複数のウェブサイトを開設しており、テレビ局「アル=マナール」、

ラジオ局「アン=ヌールー」、週刊誌「アル=アフド」も運営している。

(1)-15 ヒズボラの闘争

ヒズボラの民兵(1998年)

1982年

  • 7月19日 – ベイルートの米大学総長デイヴィッド・ロッジを誘拐。ロッジは、シリア諜報部の仲介により1年後に解放。

1983年

  • 4月18日 – 駐レバノン米大使館付近で自動車爆弾攻撃実行。63人を殺害し、120人を負傷させる。
  • 10月23日 – 米仏海兵隊兵舎付近で自動車爆弾攻撃実行。米兵241人、仏兵58人を殺害。
  • 11月4日 – イスラエル国防省庁舎を銃撃。21人を殺害し、10人を負傷させる。

1984年

  • 1月18日 – アメリカ大学次期総長マルコルム・ケルを暗殺する。
  • 3月7日 – CNNレバノン支局長ジェレミ・レヴィンを誘拐。彼は後に逃亡に成功した。
  • 3月8日 – 米国籍のレヴェレンド・ヴェイルを誘拐。16ヵ月後、シリアとイランの
  •     仲介により解放。
  • 3月16日 – 米アメリカ中央情報局レバノン支局長ウィリアム・バクリーを誘拐。
  •     囚人との交換を要求したが、拒絶される。バクリーは拷問により心臓
  •     発作を起こし死亡。
  • 8月12日 – 在スペイン空軍基地で爆弾攻撃実行。18人を殺害し、83人に負傷
  •     させる。
  • 9月20日 – 駐ベイルート米大使館に対して自爆攻撃実行。23人を殺害し、
  •     米英大使を含む21人を負傷させる。
  • 12月4日 – ドバイからカラーチーに向かっていたクウェート航空旅客機
  •     ハイジャッククウェートに収監中の数人の仲間の釈放を要求。機体は
  •     テヘランに着陸したが、特殊部隊が突入した。2人が死亡。

1985年

  • 6月14日 – ローマからアテネに向かっていた旅客機をハイジャックし、ベイルート
  •     に向かった。イスラエルと南レバノンに収監中の数百人の仲間の釈放を
  •     要求。搭乗員8人と乗客145人を17日間に渡って拘束し、乗客1人を殺害した。
  •     機体は、アルジェリアに2度飛んだ後、ベイルートに着陸した。人質は解放
  •    さ れ、実行犯は逮捕された。詳しくはトランスワールド航空847便テロ事件を参照
  • 9月30日 – レバノンソ連外交官4名を誘拐し、内1人を殺害した。

1986年

  • 9月9日 – 米大学総長を誘拐。44ヵ月後に解放。
  • 10月21日 – アメリカ国籍のエドワード・トレイシーを誘拐。1991年8月に解放。
  • 2月17日 – 国連監視団長ウィリアム・ヒギンズ大佐を誘拐。イスラエル軍の
  • レバノン撤退と、収監中のパレスチナ人及びレバノン人全員の釈放を要求。
  • 米政府は交渉を拒否。大佐は現在も行方不明。

1992年

  • 3月17日 – 駐アルゼンチン・イスラエル大使館付近で自動車爆弾攻撃実行。29人
  • を殺害する。同年、当時のヒズボラ議長シャイフ・アッバース・ムーサウィー
  • がイスラエル軍ヘリによる攻撃で死亡。

1994年

1996年

  • 2月28日 – 軽航空機でイスラエル領空への侵入を試みたが、撃墜される。
  • 3月4日 – マナール村付近で爆破事件を起こし、イスラエル兵4人を殺害。
  • 3月20日 – レバノン南部にてイスラエル軍車列への自爆攻撃。イスラエル兵1人を
  • 殺害。2時間後、自爆場所から数マイル離れた場所で南レバノン軍民兵殺害される。
  • 6月25日 – サウジアラビアの米軍兵舎を爆破。米兵19人を殺害。

2000年

  • 秋 – スイスでビジネスマンのエルハナン・タンネンバウムを誘拐。

2006年

  • 7月 – イスラエル兵を拉致。報復としてイスラエル軍はレバノンを空爆。ヒズボラ
  • はイスラエルへのロケット砲攻撃を敢行、イスラエル北部の主要都市ハイファ
  • に打撃を与えた。
  • また、海上封鎖中の最新鋭艦にミサイルを命中・炎上させ、イスラエル側に衝撃を与えた。
  • その後、空爆に続きイスラエル側がレバノンに越境侵攻し、ヒズボラ側と激しい戦闘に
  • なった(イスラエル・レバノン紛争)。ヒズボラは、イランやシリアから提供された最新の
  • ロシア製携行対戦車ミサイルメティスMコルネットなどで、イスラエルの戦車
  • メルカバや装甲車に大きな損害を与えた。
  • 結局イスラエル側は兵士だけでも100人以上の死者を出し、停戦成立時イスラエル国民のうち
  • 6割が今回の戦争は敗北であると考える結果に終わった。
  • 8月14日国連安保理決議に基づき、停戦発効される(レバノン時間8時)。ヒズボラは
  • 停戦成立後、ナスラッラー師(議長)が歴史的な勝利宣言を行った。そして直ちに
  • イスラエルの空爆によって家を失ったレバノン国民に対し、強力な復興支援を開始した。
  • その額1人あたり1万ドルという大金を支援している。
  • 2月13日 - ヒズボラのテレビ局「アル=マナール」は、軍事作戦顧問で数々のテロ事件
  • を立案・指揮したとされるイマード・ムグニーヤ英語版が、シリアの首都ダマスカス
  • モサッドによって自動車に仕掛けられた爆弾の爆発により死亡したと発表した。
  • 暗殺現場は、ダマスカスのカファル・ソウサア地区で、周辺にはイラン人学校と
  • シリア情報機関本部がある。ムグニーヤは、アメリカから国際テロリストとして
  • 国際指名手配を受けてから潜伏し、変装してレバノン-シリア-イラン間を往来して
  • いたとされる。2006年にイランのアフマディーネジャード大統領と会談したとも伝えられた。

(1)-15 ヒズボラのラフィク・ハリリ元首相の暗殺の関与??

2005年2月14日、レバノンでラフィク・ハリリ元首相などを乗せた車列がベイルート市内を走行中に

道路脇に仕掛けられた爆弾が爆発し、同氏を含む22人が殺害された。ラフィク・ハリリは1992~1998年

、2000~2004年にレバノン首相を務めた。2009年、ハリリの暗殺事件を審理する国連特別法廷が、

ヒズボラが同氏殺害に関与した証拠を発見したと報道された。2011年6月30日、ハリリ殺害事件捜査の

ため設置されたレバノン特別法廷は、ヒズボラ幹部4人に逮捕状を出した。同年7月3日、ヒズボラ

最高指導者のハッサン・ナスララは起訴事実を否認し、同法廷をヒズボラに対する陰謀であると糾弾し、

逮捕状が出された幹部は絶対に逮捕させないと言明した。

(1)ヒズボラのシリア内戦への関与?

ヒズボラは長期にわたってアサド家率いるシリアの政権与党バース党の同盟勢力であった。ヒズボラは

シリア内戦で同国政府による反体制派の弾圧に協力してきたとされている。2012年8月、国連はヒズボラ

が同内戦に関与したとして制裁を加えた。

最高指導者のナスララは、ヒズボラがシリア政府の側について戦った事実を否定し、同年10月12日の

演説で「当初からシリア反体制派はマスメディアに向けてヒズボラが3000人の戦闘員をシリアに派遣

したと主張してきたがヒズボラは否定した」と語った。しかしレバノン紙「デイリー・スター」による

とナスララは同じ演説の中で、「レバノン国籍のシーア派住民居住地である(シリア国内の)23の戦略的

に重要な村の支配をシリア政府が維持する」ことにヒズボラ戦闘員が協力したと語った。ナスララは

ヒズボラ戦闘員がシリアで「聖戦の義務」を果たして死亡したとも語った。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です