星座で 古代マヤ文明の年を発見??(カナダ15歳の少年)  160516

2016/05/10

カナダ人の少年、星座の並びをヒントに古代マヤ文明の都市を発見!!

https://youtu.be/zxOJju4ptQw?t=11

 

Chichen-Itza-Castillo-Seen-From-East
カナダ人の少年が衝撃的な偉業を成し遂げた。

カナダ・ケベック在住の15歳の少年William Gadoury君は、「マヤ暦で2012年に世界の終りが予言されている」という逸話を知ったことをきっかけに中米の古代文明に興味を持ち、3年前からある仮説を立てて独自に「研究」を行っていた。その仮説とは、マヤ文明の古代都市が星座の並びを模して配置されているというものである。
______________________________________________________
★ 実に ロマンチックで 世紀の発見だと おもう。それにしても この少年は すごいなあ!!
この記事を 読んで すぐに おもいだした。
「星は今宵も 輝いている」。
https://youtu.be/UyOlRk3yFPA?t=78
やはり 15歳の頃だったとおもう。 この歌が気に入って
当時住んでいた 大分県の佐賀関、西古宮を歩きながら
流れ星を 探しながら 歌っていたっけ。
星座を研究するなど 私には 発想もないが 星空を愉しんだ。
Maya city in the Mexican jungle

What did you do when you were 15?

 BEC CREW 10 MAY 2016

William Gadoury, a 15-year-old school student from Quebec, Canada, has found something that’s been hidden from archaeologists for centuries – what appears to be a lost city of the Maya civilisation, buried deep in the Yucatan jungle of southeastern Mexico.

He didn’t do it by hiring a bunch of expensive equipment, hopping on a plane, and slaving away on an excavation site – he discovered the incredible ruins from the comfort of his own home, by figuring out that the ancient cities were built in alignment with the stars above.

This story has been updated below.

“I did not understand why the Maya built their cities away from rivers, on marginal lands and in the mountains,” Gadoury told French-Canadian magazine,Journal de Montréal. “They had to have another reason, and as they worshiped the stars, the idea came to me to verify my hypothesis. I was really surprised and excited when I realised that the most brilliant stars of the constellations matched the largest Maya cities.”

Gadoury君は「なぜマヤ文明の都市は川から離れた山奥の不便な場所に造られたのか?」

疑問を持ち、上述の仮説を思いついた。この仮説を検証するためにGadoury君が使ったツール

はなんとGoogle Maps。Gadoury君はマヤのGISをダウンロードして地図上にプロットし、その地図

に現地から見ることのできる範囲の星図を重ね合わせてみた。

 

結果、驚くべきことが明らかになった。マヤ文明の117の都市が実際の星の並びと一致して

いたのだ。さらにGadoury君は、当時のマヤ文明の星座では重要とされていた星に対応する

都市がまだ見つかっていないことに気づいた。

william-gadoury-700

それは現在のオリオン座に相当する部分の星だった。Gadoury君はこの発見をカナダ宇宙庁に

報告し、NASAとJAXAの撮影した画像を提供してもらった。もし仮説の通りなら、メキシコのユカタン

半島に未発見の古代都市が存在するはずだった。

 

衛星画像を拡大して調査した結果、86メートルのピラミッドと数十の家屋からなる新たな都市が

発見された。マヤ文明でこれまで発見された中でも特に規模の大きなこの都市は、Gadoury君

によって「K’AAK’ CHI’」と名付けられた。これは古代マヤ文明の言葉で「火の口」という意味である。

 

地元のヒーローになったGadoury君、いつかは自分の発見した遺跡に赴いてみたいと考えており、

それにより「3年間の努力と人生の夢が報われることになるでしょう」と語っている。Gadoury君は

5月18日にモントリオールのマギル大学で開催される「全カナダ科学エキスポ」で報告を行う

予定だという。

__________________________________________________

Gadoury had been studying 22 Maya constellations for years before releasing that he could line up the positions of 117 Maya cities on the ground with maps of stars and constellations above –  something that no one had pieced together before.

With this in mind, he located a 23rd constellation, which included just three stars. According to his sky map, he could only link up two cities with the three stars, so suspected that a third city remained undetected in that spot.

Unfortunately, the location on the ground that matched up with the third star wasn’t exactly somewhere that Gadoury could just go visit – it’s right in the heart of the jungle, in the inaccessible and remote region of Mexico’s southern Yucatán Peninsula.

Not that that stopped Gadoury – he knew that a fire had stripped much of the forest in the area back in 2005, which meant that from above, you might have an easier time spotting ancient ruins than if the canopy had been thriving for the past couple of thousand years.

All he needed to do was access satellite imagery of the area from the Canadian Space Agency, which he mapped onto Google Earth images to see if there were any signs of his lost city.

Further analyses from satellites belonging to NASA and the Japanese Space Agency revealed what looks like a pyramid and 30 buildings at the location mapped by the star, Yucatan Expat Life reports.

 

___________________________

As Daniel De Lisle from the Canadian Space Agency told Samuel Osborne at The Independent, the satellite images revealed certain linear features on the forest floor that looked anything but natural. “There are enough items to suggest it could be a man-made structure,” he said.

Gadoury has tentatively named the lost city K’àak’ Chi’, meaning “fire mouth”, and will be working with researchers from the Canadian Space Agency to get his discovery published in a peer-reviewed journal. He’ll also be presenting his findings at Brazil’s International Science fair in 2017.

Now, we don’t want to burst anyone’s bubble here, but while things look promising from those satellite images, nothing can be confirmed until experts can access the site and see the remains up close.

A team of archaeologists is now figuring out how to make that happen, and one of the researchers involved in the project, Armand LaRocque from the University of New Brunswick, told the Journal de Montréal that if they can get the funds to organise an excavation, they’ll be taking Gadoury along for sure.

“It would be the culmination of my three years of work and the dream of my life,” said Gadoury, and suddenly we feel incredibly inadequate that the best thing we did at 15 was hand in most of our assignments on time.

Update: In a strange development, a scientist familiar with the Mexican region where the odd, city-like features have been discovered says at least one of them is either an abandoned cornfield – or a covert marijuana operation.

“We’ve visited them, and my grad students know them quite well,” anthropologist Geoffrey E. Braswell from the University of California San Diego’s Mesoamerican Archaeology Laboratory told George Dvorsky at Gizmodo. “They’re not Maya pyramids.”

No word yet on what this means for Armand LaRocque’s planned expedition to the site, but things aren’t looking good for Gadoury’s science fair entry at this stage. But Braswell has praised his curiosity, and told The Washinton Post he hopes he ends up at his university to study.

「星座の並びを元にマヤ文明の都市を発見」に専門家からは懐疑の声

先日、「星座の並びを元にマヤ文明の都市が発見された」というセンセーショナルな報道が世界中を驚かせた。ところが、この報道を目にした専門家からは疑問の声が続出している。

パリ第1大学で教鞭を執る人類学者のEric Taladoire教授は、「私たちはこの地域で20年間にわたって調査を行っており、スロヴェニアの研究者チームがジャングルをしらみつぶしに探しましたが、何も発見されていません」として、今回の発見に疑問を呈した。現地で5年間に渡って調査を行ったスロヴェニアの考古学者のIvan Šprajc博士は、マヤ文明では天文学は発達していたことに言及しながらも、「マヤの星座はほとんど明らかになっていませんし、明らかになっているものについても、それがいくつなのか、それぞれの星座が正確に何個の星で構成されていたのかを知るすべはありません。ゆえに星とマヤ都市の位置とが対応しているかどうか確かめるのは不可能です。マヤの居住地に影響を与えた環境的要因はいくつか明らかになっていますが、それに星が関係していた可能性は極めて低いと言えます」とコメントした。

なお、当初マヤ文明の都市の配置に対応するとされていた星の配列には現在普及している西洋の星座も含まれており、また向きや縮尺も変えられていたことが明らかになっている。

古代マヤ文明を専門とする人類学者のThomas Garrison博士は、発見された都市の衛星写真とされた画像に対して、「特徴的な長方形とその内部の植生は「ミルパ」の痕跡であるサインです。おそらく10~15年間に渡って耕作が行われていないのではないでしょうか」として疑問を呈した。「ミルパ」とはメキシコの伝統的な農園のことだ。

photo: wikimedia.org

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です