中国のこれからと日本。

画像に含まれている可能性があるもの:花、植物、屋外、自然

アメリカとの貿易戦争と両国の経済の行方は 日本に、これまでも、これからも大きく影響する。両国の現状と戦略を見てみよう。

識者の話を耳を傾けよう。第3次世界大戦には、ならないと思うが危険だ。戦略レベルの闘いは続く。中国のレアアース輸出禁止の話。日本が以前に中国から輸出禁止をされたことを想いだす。当日本は予想してすでに対策を打ち、効を奏しなかった。たぶんアメリカにも。

さてこれからは どうなるのか?考えよう。「情報を握る国」が世界を支配する。だから、この問題ではアメリカが神経質になるが、この面では日本はやられぱなし。「War Guilt Information Program」の呪縛から まだ日本はがんじがらめが続いているからだ。

中国の5G戦略は下記に。

中国には、対イスラム 対キリスト教、人道問題、5Gの登場 など色々な問題が複雑にからんでいる。台湾の犯罪者引き渡しの綱引きなど。中国の強硬な姿勢は変わらないだろう。一帯一路構想がもたらすものを考えれば容易に想像つく。

Steve Bannonの話は 現在の貿易戦争を浮き彫りにしている。結論として、アメリカは、中国に、新しい考え方や政策を強いるもので前向きなものだという。「Win Winの関係を築くもの」としている。私たち日本の在り方は? 国際パワーポリティクスの中で翻弄されがちだが 新しい道は見つけよう。逞しい日本を創れるはずだ。

逞しい新しい世代も育ちつつある。

画像に含まれている可能性があるもの:9人、、スマイル

_____________________________

111.柯隆(か・りゅう)氏インタビュー「トランプ大統領は中国の社会主義体制、独裁政治をひっくり返そうとしている」【注目の人直撃インタビュー】 日刊ゲンダイ 2019/06/03  チャンネル登録 1.6万

報復関税合戦がエスカレートし、泥沼化の様相を呈している米中貿易戦争。トランプ米大統領が中国との貿易不均衡を是正するとして仕掛けた戦いは、2大経済大国による“新冷戦”ともいわれている。覇権争いの行く末はどうなるのか――。中国経済を分析する専門家、東京財団政策研究所・主席研究員の柯隆氏に聞いた。  ◆か・りゅう 1963年、中国・南京市生まれ。88年来日、愛知大法経学部入学。名古屋大学大学院修士課程修了。長銀総合研究所国際調査部研究員、富士通総研経済研究所主任研究員、同主席研究員を経て、現職。

____________________________

222. Bannon  : We are not an economic war with China /Squawk Box Europe  442,135 回視聴 CNBC International TV  2018/07/18  チャンネル登録 8.4万

アメリカの考え方が良く判る。未だにアメリカの戦略の中心人物だ。

Former White House chief strategist Steve Bannon speaks with CNBC’s Michelle Caruso-Cabrera at the Delivering Alpha conference. Subscribe to CNBC Life: http://cnb.cx/2wAkfMv
 

________________________

画像に含まれている可能性があるもの:植物、花、屋外、自然

333.米中貿易戦争の行方(ゲスト:澁谷司氏)〜シリーズ「中国は今」③【ザ・ファクト】

※動画内の誤植について 1:041:09 米中貿易戦争の過程と制裁内容 の中で、制裁 第四弾の日程の表記に間違いがありました。 ×2018年7月発動の見通し→〇2019年7月発動の見通し
__________________
 

____________________________

画像に含まれている可能性があるもの:14人、岩瀬 貴之さんを含む、、スマイル、立ってる(複数の人)、室内

444.James Carafano: China Has “Overplayed” Its Hand in Trade War With U.S.

The Heritage Foundation  2019/06/10 チャンネル登録 7.8万
James Carafano joined Fox Business, Monday, June 10, to talk about the latest U.S. trade war news, the Trump administration’s lifting its tariff threat against Mexico Friday, how U.S.-Mexico negotiations effect the U.S.-China trade talks, how Pres. Trump has the upper hand in negotiating strategy, and the prospects for a U.S.-China trade deal.
___________________________
 

画像に含まれている可能性があるもの:植物、花、自然、屋外

______________________________

555.「2019年経済見通し」②中国経済:柯隆・東京財団政策研究所主席研究員 2019.1.21

247,912 回視聴  jnpc 2019/01/21 チャンネル登録 1.7万
Ke Long, Senior Fellow, The Tokyo Foundation for Policy Research 柯隆氏に、中国国内経済や米中対立の見通しを聞いた。2018年のGDP(国内総生産)成長率は6.6%と発表されたが、先行きが見通せないことから投資や消費が伸び悩み、中国経済は迷走していると述べた。 司会 播摩卓士 日本記者クラブ企画委員(TBSテレビ)
___________________
 

_________________________________

画像に含まれている可能性があるもの:22人、、財木 孝太さん、貴望 里絵さん、岡本 博視さん、李 久惟さん、内田 裕士さん、伊佐 恒範さんなど、、スマイル、立ってる(複数の人)、スーツ、室内

555.Steve Bannon on the US-China trade war (full interview) 599,540 回視聴  CNBC Television  2019/05/15 チャンネル登録 20万

Steve Bannon, former White House chief strategist, joins “Squawk Box” to discuss the status of the China trade talks. Also at the table is guest host Tom Friedman, New York Times foreign affairs columnist.
____________________________
 

中国、5Gに営業許可証発行:米のファーウェイ攻撃が中国5Gを加速化

2019年6月10日(月)10時00分遠藤誉(筑波大学名誉教授、5

2019年3月31日、独ハノーバーで開幕準備をするモバイル見本市会場  Fabian Bimmer-REUTERS

6月6日、中国政府の工信部は5G営業許可証発行を発布。イギリスは初めての5G生放送の中でファーウェイ設備に焦点。トランプ政権のファーウェイ攻撃が中国の5G商業化を加速させている。

5G営業許可証発行と4社にライセンス

中国中央行政省庁の一つである工信部(工業と信息化部)(=工業情報化部)は6月6日、「5G営業許可証を発行する」と発表した。中国の中央テレビ局CCTVが伝え、多くの他の中国メディアも詳細に伝えている。

それらによれば、営業許可証の申請を出したのは「中国電信(チャイナ・テレコム)、中国移動(チャイナ・モバイル)、中国聯通(チャイナ・ユニコム)、中国広電(国家新聞出版広電総局)」の4社で、この4つの通信事業者が先ずライセンスを得た。

それに対して多くの内外の企業が対応する意思を表明したと中国メディア(上記リンク先など)が伝えた。

画像に含まれている可能性があるもの:27人、、石川 博信さん、高澤 真さん、カワチダ ケンロウさん、積田 辰也さん、西田 稔さん、木村 文平さん、宇賀神 智さん、岡城 寛さん、高田 陽介さん、浄法寺亘さんなど、、スマイル、座ってる(複数の人)、室内

●ZTE(中興):5G営業許可証の発行は、わが社に多くの発展のチャンスをもたらし、新しい発展段階へと導いてくれる。

●Huawei(ファーウェイ):ファーウェイはエンドツーエンド(end to end)(高度な通信制御や複雑な機能を末端のシステムが担い、経路上のシステムは単純な中継・転送のみを行う)に基づき、5G能力を全面的にリードし(アドバンテージを持ち)、中国の通信事業者が中国の5Gシステムを建設することを全面的に支持する。近い将来に中国の5Gが全世界をリードしていくと信じている。

●Qualcomm(クァルコム):これは全世界の5G発展にとってシンボリックな出来事だ。中国の5G時代が正式にスタートした。

●OPPO(オッポ)(歩歩高=ブーブーガオ傘下。広東省東莞市):中国が正式に5G世代に入ったことを意味する。OPPOは既に5G商用に向けて全面的に準備している。中国内で最初に5G商用スマホを市場に出す自信を持っている。

●VIVO(ビボ)(歩歩高の傘下):わが社の最初の5Gは既に実験室でネット測定に入っている。中国市場で最初に登場する5G商用スマホになるだろう。

●INTEL(インテル):わが社が中国の5Gネットワークの中で重要な役割を果たすことを非常に嬉しく思っている。われわれは中国のハイテク産業生態の開拓に協力して進み、5Gが絶え間なく発展することを支持する。

●エリクソン:5Gの営業許可証を発行するということは中国の5G市場の積極的な発展に有利に働きくだろう。われわれは既にそのサービスや配布チームを配備を促進させ、中国における5Gの商用化に備えている。

画像に含まれている可能性があるもの:16人、、岩瀬 貴之さん、Yasuaki Tojoさん、畑 明夫さん、浄法寺亘さん、積田 辰也さん、カワチダ ケンロウさん、、山崎 満広さん、井澤 潤さんなど、、スマイル、座ってる(複数の人)、室内