Portrait painter “Miracle Momo” Archive ミラクルもも 似顔絵特集  180414(Sat)

This is the Archive of Miracle MOMO’s Portrait paints of  Important

People and Ordinary People of today

ミラクルももの似顔絵のアーカイブ これから どんな人々が増えて行くんだろう??

とても楽しみにしています。みなさん 応援してくださいね。 1000人に達する頃は

何年後になっているのでしょう??

心から願うことは ただ一つ。 世界が 平和になっていますように!

Kojimachi Crossing  180414 Sat

 

Miracle MOMO and Masako Honma at Kojimachi Cafe

画像に含まれている可能性があるもの:4人、、スマイル、立ってる(複数の人)

来日されている
スリランカ大統領夫妻とお逢いし両国の友好を願い似顔絵をお捧げさせて頂きました
(日本代表的な動機で😄)世界平和実現 世界がお互いに為に生きる事 心から願います
その場には大使御夫妻もいらしてました、

スリランカ大統領 マイトリーパーラ・シリセーナさん

President Maithripala Sirisena, President of the Democratic Socialist Republic

of Sri Lanka.

Pallewatte Gamaralalage Maithripala Yapa Sirisena [pallewat̪t̪ə ɡaməraːləlaːɡeː majt̪ɾiːpaːlə jaːpaː siɾiseːnə]Sinhaleseමෛත්‍රීපාල සිරිසේනTamilமைத்திரிபால சிறிசேன; born 3 September 1951) is a Sri Lankanpolitician and the 7th and current President of Sri Lanka, in office since January 2015. Although born in the Western Province, Sirisena hails from the North Central Province of the country and is the first president from that province. He is an agriculturist and does not belong to the Sri Lankan political elite.

Sirisena joined mainstream politics in 1989 as a member of the Parliament of Sri Lanka and has held several ministries since 1994.

He was the general-secretary of the Sri Lanka Freedom Party and was Minister of Health until November 2014 when he announced his candidacy for the 2015 presidential election as the opposition coalition’s “common candidate”. His victory in the election is generally viewed as a surprise, coming to office through the votes won from the alternative Sinhala-majority rural constituency and the Tamil and Muslim minority groups that have been alienated by the Rajapaksa government on post-war reconciliation and growing sectarian violence. Their votes were more anti-Rajapaksa than pro-Sirisena. Maithripala Sirisena pledged to implement a 100-day reform program where he promised to rebalance the executive branch within 100 days of being elected, by reinforcing Sri Lanka’s judiciary and parliament, to fight corruption and to investigate allegations of war crimes from 2009, repeal the controversial eighteenth amendment, re-instate the seventeenth amendment and appoint UNP leader Ranil Wickremesinghe as Prime Minister.

Sirisena was sworn in as the sixth Executive President before Supreme Court judge K. Sripavan in Independence Square, Colombo at 6.20pim on 9 January 2015.[14][15] Immediately afterwards he appointed Ranil Wickremesinghe as the new Prime Minister.] After being sworn in Sirsena stated that he would only serve one term. On 28 April 2015, Sirisena voluntarily transferred significant presidential powers to parliament.

 

マイトリーパーラ・シリセーナ英語Pallewatte Gamaralalage Maithripala Yapa Sirisena (発音 [pallewat̪t̪ə ɡaməraːləlaːɡeː majt̪ɾiːpaːlə jaːpaː siɾiseːnə]Maithripala Sirisenaシンハラ語මෛත්‍රිපාල සිරිසේනタミル語மைத்திரிபால சிறிசேன1951年9月3日 – )は、スリランカ政治家。第7代大統領である。

日本語での表記としては、外務省が用いているシンハラ語読みに近いマイトリーパーラ・シリセーナ[1]以外に、長音が省かれたマイトリパラ・シリセナなどが用いられている。

シリセーナはスリランカ北中部州の政治家(ただし出身は西部州)であり、同州から初めて選出された大統領である。元々はスリランカ共産党の活動家だった。また、農学者であり、歴代の大統領で多々見られたような、スリランカの政治エリート層の出身ではない

1989年国会議員から初当選し、1994年以降は諸大臣を歴任している。シリセーナは2015年の大統領選において野党統一候補として出馬するが、その直前までは前大統領マヒンダ・ラージャパクサの下、与党スリランカ自由党(SLFP) の幹事長かつ保健大臣として政権を支える側にあった。大統領選は、事前の予測では3選を目指すラージャパクサ陣営の優勢が予想されており、シリセーナの勝利は予想外のものとなった。この勝利は、多数派シンハラ人の中でも農村など地方の有権者と、ラージャパクサ政権により内戦後の社会から疎外されていた少数派のタミル人イスラム教徒の票によるものだとみられており、シリセーナ陣営が支持されたという以上に反ラージャパクサという意味合いが強いものであった

シリセーナは大統領就任後、100-day reform program と呼ばれる改革案を掲げており、選挙から100日で前政権で強まった大統領権限を見直す改革を行うとともに、汚職問題や内戦末期の戦争犯罪の調査を進めるとしている。首相には、統一国民党 (UNP) の党首であるラニル・ウィクラマシンハを任命した

2015年8月、スリランカ議会選挙が実施され、シリセナを支持する統一国民党(UNP)が勝利、第1党となり、大統領就任以来進めてきた政策が評価される形となった。

 

Mr. Muhammad Yunus March 22,2018 at  Foreign Press Club, Tokyo

Muhammad Yunus (Bengaliমুহাম্মদ ইউনূস; born 28 June 1940) is a Bangladeshi social entrepreneur, banker, economist, and civil society leader who was awarded the Nobel Peace Prize for founding the Grameen Bank and pioneering the conceptsof microcredit and microfinance. These loans are given to entrepreneurs too poor to qualify for traditional bank loans. In 2006, Yunus and the Grameen Bank were jointly awarded the Nobel Peace Prize “for their efforts through microcredit to create economic and social development from below”.

The Norwegian Nobel Committee said that “lasting peace cannot be achieved unless large population groups find ways in which to break out of poverty” and that “across cultures and civilizations, Yunus and Grameen Bank have shown that even the poorest of the poor can work to bring about their own development”. Yunus has received several other national and international honours. He received the United States Presidential Medal of Freedom in 2009 and the Congressional Gold Medal in 2010.

In 2008, he was rated number 2 in Foreign Policy magazine’s list of the ‘Top 100 Global Thinkers’.

In February 2011, Yunus together with Saskia Bruysten, Sophie Eisenmann and Hans Reitz co-founded Yunus Social Business – Global Initiatives (YSB). YSB creates and empowers social businesses to address and solve social problems around the world. As the international implementation arm for Yunus’ vision of a new, humane capitalism, YSB manages incubator funds for social businesses in developing countries and provides advisory services to companies, governments, foundations and NGOs.

In 2012, he became Chancellor of Glasgow Caledonian University in Scotland.  He is a member of the advisory board at Shahjalal University of Science and Technology.[citation needed] Previously, he was a professor of economics at Chittagong University in Bangladesh. He published several books related to his finance work. He is a founding board member of Grameen America and Grameen Foundation, which support microcredit.

Yunus also serves on the board of directors of the United Nations Foundation, a public charity created in 1998 by American philanthropist Ted Turner‘s $1 billion gift to support UN causes.

In March 2011, the Bangladesh government fired Yunus from his position at Grameen Bank, citing legal violations and an age limit on his position. Bangladesh’s High Court affirmed the removal on 8 March. Yunus and Grameen Bank are appealing the decision, claiming Yunus’ removal was politically motivated.

ムハマド・ユヌスベンガル語: মুহাম্মদ ইউনুস Muhammad Yunus、1940年6月28日 – )は、バングラデシュの経済学者、実業家。同国にあるグラミン銀行の創設者、またそこを起源とするマイクロクレジットの創始者として知られる。2006年にはノーベル平和賞受賞。学位経済学博士ヴァンダービルト大学)。

英国統治下にあったバングラデシュの南部チッタゴンの宝石店の二男として生まれる。チッタゴンカレッジを経て、ダッカ大学で修士号を取得し卒業。フルブライト奨学金を得て渡米し、1969年ヴァンダービルト大学で経済学の博士号を取得した。テネシー州で同郷の友人とともに「バングラデシュ市民委員会」を組織、祖国の独立を支援した。 1969年から1972年までミドルテネシー州立大学で経済学の助教授を務める。その後、バングラデシュ独立の翌年の1972年に帰国し、チッタゴン大学経済学部長に就任した。1976年に貧困救済プロジェクトをジョブラ村にて開始し、銀行に融資するように働きかけ自ら村民の保証人にまでなったが、銀行の融資は受けられず、1983年に同プロジェクトはバングラデシュ政府の法律により独立銀行(政府認可の特殊銀行)となる。無担保で少額の資金を貸し出すマイクロ・クレジット。

8万4000村で558万人ほどの貧しい女性を主対象に貸し出している。このマイクロ・クレジットは貧困対策の新方策として国際的に注目され、主に第三世界へ広がっている。 グラミン銀行は多分野で事業を展開し、「グラミン・ファミリー」と呼ばれるグループへと成長をとげた。2006年のノーベル平和賞が授与された。2007年2月、新党「市民の力」を発足。2011年3月2日、バングラデシュ中央銀行は商業銀行総裁の60歳定年を定めた法律を違反して、ユヌスが総裁を続けているとして、グラミン銀行総裁を解任したと発表したが、銀行側は役員会から永久総裁として認められているとは反論し、撤回を求めて提訴したが、バングラディシュ最高裁に棄却され解任が決定になったが、原因は二大政党制に批判的なユヌスが政党を立ち上げようとしたことで、首相と対立したためとも言われている

資本主義

ユヌスは、現在の資本主義が、人間について利益の最大化のみを目指す一次元的な存在であると見なしているとする。これに対して人間は多元的な存在であり、ビジネスは利益の最大化のみを目的とするわけではないとユヌスは主張する

ソーシャル・ビジネス

ユヌスは、利益の最大化を目指すビジネス(PMB)とは異なるビジネスモデルとして、「ソーシャル・ビジネス」を提唱した。ソーシャル・ビジネスとは、特定の社会的目標を追求するために行なわれ、その目標を達成する間に総費用の回収を目指すと定義している。また、ユヌスは2種類のソーシャル・ビジネスの可能性をあげている。一つ目は社会的利益を追求する企業であり、二つ目は貧しい人々により所有され、最大限の利益を追求して彼らの貧困を軽減するビジネスである

画像に含まれている可能性があるもの:7人、、ミラクル ももさん、積田 辰也さん、高澤 真さん、Aki Museさんなど、、スマイル、立ってる(複数の人)、スーツ、室内

画像に含まれている可能性があるもの:8人、、ミラクル ももさん、甲村謙二さん、Yoko Mukaiさん、高橋 紀如さん、一井 優希さん、成瀬 秀樹さんなど、、スマイル、座ってる(複数の人)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です