仮想通貨リテラシー③ 難民問題解決の糸口 180109Tue

澁澤栄一が 初めて銀行なるものを 日本で創った時の心意気と志は 日本を豊かにして 世界を豊かにしようという理念があった。

時を経て 仮想通貨システムが取って代わりそうな 勢いだが メリット&デメリット両方があるが、信用を付与する。担保は特に要らない。銀行口座がないと お金が借りられないという現代になって、グラミー銀行が出てきてマイクロクレジットという仕組みを創った。

では どうなっているのか?? 代表的なHumaniq の例を見てみよう。

__________________________

111. 貧困層を救う!顔認証を使用した銀行解決プロジェクト Humaniq(HMQ)とは

こんにちは、ビットブルです。

この記事では、Humaniq(HMQ)について解説します。

Humaniqとは何か?

Humaniqは、顔認証(バイオメトリクス認証)を利用した
《銀行口座が無い人のための銀行ソリューションプロジェクト》です。

 Humaniq (HMQ)

  • 総発行枚数 : 9億2100万枚
  • 派生元 : イーサリアム
  • ICO集金額 : 5,163,000 USD
  • 取り扱い取引所 yobit liqui c-cex

Humaniqと類似したコンセプト

  1. ビットコイン2.0系(金融系プラットフォーム) everex
    貧困層を対象とした消費者金融プラットフォーム
  2. hDAC(ヒュンダイDAC)
    顔認証機能が採用されている

Humaniqの概要

Humaniqの主な特徴は、
何らかの理由で銀行口座を持っていない人でも
個人の銀行口座を持つことが出来るようにする仕組みを整えている点です。

バイオメトリクス認証(生体認証)のうち
顔認証を使用して、口座を作成、利用することができます。

活動の目的

  • 新興国の通過を暗号通貨へシフトさせる
  • 国際ビジネスから切り離されている人々の境界を取り除き、貧困を取り除ける力になる

Humaniqが誕生した背景

現在の世界の総人口が74億人いるのに対し、
銀行口座を持っていない人は、およそ25億人いると言われています。
銀行口座を持っていない理由には、

  • パスポートやその他の身分証明書を持っていない
  • 銀行インフラが無い地域に住んでいる

などがあります。
それによる貧困を取り除く力になろうとしているのがHumaniqです。

Humaniqの現在の活動

2017年8月1日に、Androidアプリ「Humaniq Lite」 をガーナ、アクラの2つの国で配信を開始。
他の国への配信は後々、解禁していく予定となっている。
Humaniqチームは、2017年の年末までに、
*累計50000ダウンロードされることを目指しています。

*補足 :アプリ業界ではリリースされてから
1ヶ月に10000ダウンロードを越えるとヒットアプリ扱いとなります。

インフラが整っていない &
利用者数がまだまだ多くないアフリカの2カ国だけで
このヒットアプリの条件を満たすのは無理があると思われます。
利用できる国を増やしつつ、
2017年の年末に50000ダウンロードを達成することは、かなり難しい。
そのため、これが実現するかどうかは、
彼らのマーケティング手腕を見定める目安となるでしょう。

Humaniqのこれから

ホワイトペーパーを読む限り、Humaniqには
新興国の貧困層に目を向けた、社会的な取り組みが見受けられます。

他のプロジェクト(ICO)と比較したとき、同じ「新興国の貧困層」を対象としたeverexが存在するものの、everexは現在発展が盛んなアジアを対象として活動しているため、今のところ奪い合いにはならないと考えられます。

今後のHumaniqの動向としては、ロードマップに記載されている通り、2017年9月からのマーケティングが肝となります。

2017年8月中はHumaniq Liteのバグ探しと修正、およびユーザ獲得するために時間を費やすと思われ、バグを極力減らした上での先進国および新興国へマーケティングを行うため、
活動には注目していくことをオススメします。

_______________________

★★時折 このような 話を聴いてみよう。

_________________________________________________________

★では 極貧層は 世界に20億人以上いると言われているが 国を追われている人たちは 切実に苦しんでいる、難民の実態は 次のとおりだ。

222. 世界の難民・避難民、過去最高の6560万人=国連

  • 2017年06月19日

シリア内戦で住まいを失ったり国外で難民となった人は1200万人に上るImage copyrightAFPImage captionシリア内戦で住まいを失ったり国外で難民となった人は1200万人に上る

国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)は19日、世界中にいる国外に逃れた難民や難民申請者、国内で住まいを失った避難民の合計が、昨年末時点で過去最高の推計6560万人に上ったとする報告書を発表した。

2015年末時点と比べて30万人増加した。500万人増えた2014年末からの1年間と比べると小幅の増加となった。

しかしフィリッポ・グランディ難民高等弁務官は、今回の統計は依然として各国外交の失敗を物語っていると指摘した。同氏は、「世界は平和を実現できなくなってしまったようだ」と語った。

「古い対立があとを引く一方で新たな対立が噴出し、その両方が難民・避難民を生み出している。(中略)強制的な立ち退きは、終わりを知らぬ戦争を象徴している」

南スーダンからは今年、9万5000人以上が国境を越えてスーダンに逃げたImage copyrightAFPImage caption南スーダンからは今年、9万5000人以上が国境を越えてスーダンに逃げた

グランディ氏はさらに、難民・避難民の問題が世界の最貧国の多くにとって重荷になっていると警告した。難民・避難民の84%が低・中所得国に集中しているという。

同氏は、「より豊かな国が拒否するのなら、資源がずっと限られたアフリカや中東、アジアの国々に何百万人もの難民を受け入れるよう、どうやって求めることができるのか」と述べた。

国連は、過去最高を更新した今回の数字が、先進国が単に難民受け入れを増やすだけでなく、平和推進や復興に投資することを促していると指摘した。


難民・避難民の数

  • 難民数は2250万人

  • 国内で避難を余儀なくされた人の数は4030万人

  • 難民認定を申請している人の数は280万人

難民の主な出身国

  • シリア:550万人

  • アフガニスタン:250万人

  • 南スーダン:140万人

難民の主な受け入れ国

  • トルコ:290万人

  • パキスタン:140万人

  • レバノン:100万人

  • イラン:97万9400人

  • ウガンダ:94万800人

  • エチオピア:79万1600人

このほかシリア国内では630万人が住まいを失っている。


(英語記事 UN Refugee agency: Record 65.6 million people displaced worldwide

★★★ ほりえもんさんの話も聞いてみよう。

______________________________________________________________

★さあ 仮想通貨は沢山あるが 調べてみよう。

222.  仮想通貨とは? 始め方やおすすめの銘柄を紹介!

仮想通貨のメリット・デメリット

メリット・デメリット両面ある、仮想通貨

形を持たない仮想通貨だけに、従来の通貨とは様々な違いがあるものです。非常に便利な点もあれば、逆に不安に感じる点も多々あるもの。メリット・デメリットを以下に見ていきましょう。

仮想通貨のメリットとは?

1. 送金の手間がない

現実の通貨を誰かに送金しようとすると、間に金融機関をはさむ必要があります。しかし仮想通貨はデータのやり取りだけでことが済みますから、相手に直接送金することができ、煩雑さもなく非常にスピーディです。

2. 手数料が無料、もしくは格安

間に金融機関を挟む必要がありませんから、手数料が無料もしくは格安という点がメリットです。FXなどで外貨の売買をする際には、手数料が非常に気になるもの。しかし、仮想通貨なら手数料は非常に低額、盛んに売買されている理由の一つとなっています。

3. 投資・投機の醍醐味を味わうことができる

大量の中国元が流入しているとか、日本でも富裕層は必ずやっているとか。そんな風に噂される仮想通貨の投資・投機はまだまだ歴史が浅いだけに、安定とは程遠い値動きをしているもの。一攫千金!! そんな夢のある取引を、楽しむことができるでしょう。

仮想通貨のデメリットとは?

1. 現実で利用できる場所が少ない

ビックカメラの限られた店舗において、ビットコインが利用できるようになったのは2017年の4月、このことは大きなニュースになりました。つまり、最も有名な仮想通貨を用いて、実際の店舗で買物ができるというだけでニュースになるくらい、仮想通貨が使える店舗は非常に限られているということです。海外はともかく、これが日本の現状です。

2. 誰もが気軽に使えるという訳ではない

仮想通貨はデジタルベースで流通するもの、手にとったり現物を目にすることができない通貨です。それだけに現金に慣れ親しみ、デジタルツールがあまり得意ではない人にとっては、使いこなすためのハードルは高いものがあります。

3. なんとなく怪しい?!

実際に決済に使えるケースが少ない、現物を目にすることはできない、日本では専ら投資・投機目的に所有されている。こんな仮想通貨は、理解していな人にとって怪しさ満点のものでしょう。加えて2014年に起こった、マウントゴックスによる多額のビットコインの喪失事件も怪しいイメージを強めてしまいました。しかし、喪失する危険性があるのは仮想通貨だけではありません。現金などの財産でも盗難や喪失する危険性はあるもの。そんな点では仮想通貨も実際の通貨も変わらないのですが……。Copyright (C) 2018 blue-monkey59.biz All Rights Reserved.

★★★ 今年の予想★★★ 割り引いて聞く必要がある。

__________________________________________________________________

次にローマ教皇のメッセージを見てみよう。人間としての在り方を示唆している。

_________________________

333. 2018年「世界平和の日」教皇メッセージ(2018.1.1)

(2018年1月1日)

「移住者と難民、それは平和を探し求める人々」


1.平和のあいさつを心より申し上げます。

地上のすべての人と国に平和がありますように。平和。それは降誕祭の夜に天使が羊飼いたちに告げたことばであり、すべての人、あらゆる個人と民族、とりわけ平和の欠如によりひどく苦しんでいる人々が心から願い求めているものです。

わたしはこれらの人々のことをつねに考え、彼らのために祈っていますが、その中でも世界中に2億5千万人以上いる移住者と、その内の2250万人の難民について再び話したいと思います。

わたしの敬愛する前任者、ベネディクト十六世が断言しているように、彼らは「平和のうちに過ごすべき場所を求める、男性、女性、子ども、若者、高齢者です」。

彼らの多くは平和を見いだすために、いのちをかける覚悟で旅に出ます。その旅は多くの場合、長く険しいものです。そして彼らは苦しみと疲れに見舞われ、目的地から彼らを遠ざけるために建てられた鉄条網や壁に直面します。

 戦争と飢餓から逃れてきたすべての人々、差別や迫害、貧困、環境破壊のために祖国を去らざるをえないすべての人々を、いつくしみの精神をもって抱きしめましょう。

 わたしたちは、他の人々の苦しみに対して心を開くだけでは十分ではないことを自覚しています。わたしたちの兄弟姉妹が安全な家で再び平和に暮らせるようになるまでに、成すべきことはたくさんあります。

他の人々を受け入れるために必要なことは、具体的な活動、援助と善意のネットワーク、注意深く思いやりにあふれるまなざし、そして責任をもって新たな複雑な状況に取り組むことです。つねに限りのある資源をめぐる問題などのさまざまな既存の問題が、多くの場合、その状況には重なり合っています。

政治指導者は、賢明の徳を実践することにより、移住者と難民に対する受け入れ、促進、保護、共生を行い、「正確に理解された共通善が許すかぎり、……新しい社会に溶け込むことを助ける」具体的な対策を講じることができます。

政治指導者は、自分自身の共同体に対して明らかに責任を負っています。彼らは自分自身の共同体の正当な権利と調和のとれた発展を確かなものにしなければなりません。そうでなければ、計算を誤ったために建て始めた塔を完成できない愚かな建築者のようになってしまいます。


2.どうしてこんなにも多くの難民と移住者がいるのでしょうか。

ベツレヘムで天使が平和を告げてから2000年が経過したことを記念する大聖年を目前にして聖ヨハネ・パウロ二世は、避難民の増加は、20世紀の特徴である「戦争、闘争、大量虐殺、民族浄化の脅威に絶えずさらされた」結果の一つであると述べました。今日まで、新世紀には真の突破口はありませんでした。

そのため、人々は武力紛争や他の組織的な暴力のために、引き続き国内外への移動を余儀なくされています。

 一方、人々は他の理由のために、おもに「よりよい生活を心から求め、暗い未来への『絶望感』を何度も打ち消す」ためにも移住します。

彼らは家族と合流するため、もしくは雇用機会や教育を受ける機会を得るために旅立ちます。そうした権利を享受できなければ、だれも平和のうちに生きることはできないからです。

さらにわたしが回勅『ラウダート・シ』の中に述べたように、「環境悪化によってますますひどくなる貧困から逃れようとしての移住者数は、痛ましいまでに増加しています」。

 大多数の人々は正規ルートで移住しますが、とりわけ絶望のために他のルートをたどる人々もいます。母国では安全な生活もチャンスも得られず、あらゆる正規ルートは実現不能か、阻止されているか、もしくはあまりにも時間がかかるように思われるからです。

国家の安全が脅かされることや、新たな入国者を迎えるために多くの経費がかかることを誇張する風潮が、多くの目的国の中で広まっています。それにより、神の子としてすべての人がもつべき人間の尊厳がないがしろにされています。

たとえ政治的な目的のためであったとしても、平和を構築せずに移住者への恐怖心をあおる人は、暴力や人種差別、外国人嫌悪の種を蒔いています。一人ひとりの人間を守ることに心を傾けるすべての人にとって、このことは深刻な問題の原因です。

 国際社会が入手したすべてのデータは、世界的な移住現象が今後も続くことを示しています。このことを脅威として受け止める人もいるでしょう。しかしわたしは、平和を築く機会として確信をもってこのことを見据えるよう、皆さんにお願いしたいと思います。


3.観想的な視点で

信仰の知恵は、わたしたちが一つの家族の一員であることを悟らせてくれる観想的な視点をより豊かにします。「教会の社会教説が説いているように、移住者も、彼らを受け入れる地元の住民も、だれもが一つの家族の一員であり、だれもが普遍的な目的を持つ地上の富を享受する同じ権利を有します。そこに、連帯と分かち合いが生まれるのです」。

このことばは、新しいエルサレムのイメージを思い起こさせます。イザヤ書(60章)とヨハネの黙示録(21章)によれば、その都にはあらゆる国の人々が入れるようにつねに開かれた門があります。人々はこの都を称賛し、富で満たします。平和こそが、その都を導く君主であり、正義はその中の共存を治める原則です。

 わたしたちが住んでいる町にも、この観想的な視点、すなわち「家々や通り、広場におられる神を見いだすことのできる信仰の目……連帯、兄弟愛、善と真理と正義の希求を促進する」目、つまり平和の約束を実現させる視線を向けなければなりません。

 この視点から移住者と難民を見ると、彼らが空の手で到着するのではないことが分かります。彼らは勇気、技術、エネルギー、熱意、そして母国の文化の宝を持って入国し、受け入れ国の人々の生活を豊かにしてくれます。また、たとえ財源が乏しくても、移住者と難民に向けて自らの扉を開いている、世界中の数え切れないほど多くの個人、家族、共同体の創造性とねばり強さと犠牲精神にも気づけるようになります。

 最後に、この観想的な視点は、公益の責任を担う人々の識別を導き、「正確に理解された共通善が許すかぎり」、すなわち一つの人類家族のすべてのメンバーのニーズと各個人の幸福を考えながら、受け入れ政策をできる限り推し進めるよう促します。

 この視点をもって生きる人は、すでに芽生えた平和の芽を見分け、その成長を見守ることができます。こうしてわたしたちの町は、移住者と難民の存在をめぐってしばしば引き裂かれ、分断する場から、平和を構築する場へと変わっていきます。


4.活動のための四つの標石

庇護希望者、難民、移住者、人身売買の犠牲者に、彼らが探し求めてきた平和を見つける機会を与えるためには、受け入れ、守り、促進し、共生するという四つの行いにつながる取り組みが必要です。

 「受け入れる」ためには、正規に入国する可能性の幅を広げること、迫害や暴力が待ち受けている場所に避難民や移住者を追い返さないこと、さらには国家の安全を懸念することと人間の基本的な権利を守ることのバランスを取ることが必要です。聖書はわたしたちに伝えています。

「旅人をもてなすことを忘れてはいけません。そうすることで、ある人たちは、気づかずに天使たちをもてなしました」。

 「守る」ことは、現実の危険から逃れ、避難場所と安全を求める人々の不可侵の尊厳を認識して守り、彼らに対する搾取を防ぐという責務と結びついています。

わたしは、奴隷制と言えるほどの危険や虐待にさらされている女性や子どものことをとりわけ考えます。神は差別しません。「主は寄留の民を守り、みなしごとやもめを励まされる」。

 「促進する」ことは、移住者と難民の全人的発展を支えることを意味します。そのために役立つ多くの手段の中で、わたしは子どもと若者がすべての段階の教育を受けられるよう保証することの重要性を強調したいと思います。

それにより彼らは自らの可能性を育み、発揮することができるようになると同時に、閉鎖的、対立的にならずに、対話の精神を育みながら、より多くの人々と出会えるようになるからです。

神は「孤児と寡婦の権利を守り、寄留者を愛して食物と衣服を与えられる。あなたたちは寄留者を愛しなさい。あなたたちもエジプトの国で寄留者であった」と聖書は教えています。

 最後に「共生する」とは、地域社会の全人的発展を促すために人々が互いを豊かにし合い、実り豊かな協力関係を育むプロセスの中で、難民と移住者が受け入れ社会の生活に完全に溶け込むことを意味します。

このことは、聖パウロの次のことばに表れています。「あなたがたはもはや、外国人でも寄留者でもなく、聖なる民に属する者、神の家族である」。


5.二つのグローバル・コンパクトへの提案

2018年までに国連の二つのグローバル・コンパクトを起草し、採択するプロセスが、この精神によって導かれるよう、わたしは心から願っています。

その内の一つは安全で秩序ある正規移住のためのものであり、もう一つは難民に関するものです。このコンパクトは、グローバル・レベルの合意文書であり、政策への提案や具体的な対策のための枠組みを示すものになるでしょう。

だからこそ、平和の構築を推し進めるためにあらゆる機会を活用するために、このコンパクトが共感と洞察力と勇気をもって作成されることが重要なのです。そうしてはじめて、国際政治に必要な現実主義は、悲観的な考えにも、無関心のグローバリゼーションにも屈しなくなるのです。

 実際、対話と協力は国際社会に必要なものであると同時に、国際社会の義務でもあります。もし、あまり豊かでない国々が国際的な協力によって必要な資金を与えられるなら、より多くの難民を、よりよいかたちで国外から迎え入れることができるでしょう。

 人間開発のための部署内の難民・移住者部門は、この四つの動詞を公の政策だけでなく、キリスト教共同体の姿勢や活動でも実践するための具体的な手がかりとして、活動20項目を提案しました。

これらの取り組みは、上記の国連のグローバル・コンパクト採択に向けたプロセスに、カトリック教会が強い関心を抱いていることを表しています。この関心は、教会とともに生まれ、教会の多くの活動の中で現在まで継続されてきた、より一般的な司牧的配慮を示すものです。


6.わたしたちの共通の家に向けて

「もし、すべての人々が平和な世界という夢を分ち合い、また難民や移住者の貢献が正しく評価されるなら、人類はもっと世界的な家族となり、地球は本当の意味での共通の家となるでしょう」。

この聖ヨハネ・パウロ二世のことばに導かれましょう。歴史を通して、多くの人々がこの「夢」を信じてきました。そして彼らの行いは、この夢がただの理想郷ではないことをあかししています。

 それらの人々の中には、2017年に帰天100周年を迎える聖フランチェスカ・サヴォリオ・カブリーニがいます。多くの教会共同体が今日、11月13日に彼女の記念日を祝います。

移住者のために自らのいのちをささげたこの小柄で偉大な女性は、移住者の守護聖人となり、どうしたら兄弟姉妹を受け入れ、守り、促し、彼らと共生できるかをわたしたちに教えてきました。

彼女の取り次ぎによって、「義の実は、平和を実現する人たちによって、平和のうちに蒔かれる」ことを、主がわたしたちすべてに体験させてくださいますように。

バチカンにて
2017年11月13日
移住者の守護聖人、聖フランチェスカ・サヴォリオ・カブリーニの記念日
フランシスコ

__________________________

555. 仮想通貨の種類と実態:

幾つもあるが まずは 次のページを 何度も眺めてクリックしていこう。慣れるしかない。 毎日 クリックしていると だんだん自然に分かるようになる。Day Traderになると 他の大切な仕事が 手がつかなくなるので 売買は ほっておいても 大丈夫なような 仕掛けをして置くことが ポイントらしい。

仮想通貨の時価総額ランキングをリアルタイムでチェックする方法とは?

▼当サイトで申込みが多い国内取引所はこちら!
【1位】Coincheck(コインチェック)【出川哲朗を起用した新CMスタート】
【2位】Zaif(ザイフ)※【急上昇】取引手数料マイナス0.05%キャンペーン実施中!
【3位】bitFlyer(ビットフライヤー)

【注目】「Kucoin (クーコイン)Binance新規アカウント停止によりユーザー増加!

▼公式ツイッター開始
仮想通貨の売買を行う際、時価総額ランキングをリアルタイムでチェックすることは仮想通貨全体の現状を知ることに役立ちます。

時価総額ランキングで今後の仮想通貨の動きを予想することもできますよ!
仮想通貨全体の中でシェアが大きい仮想通貨や、急に価値が上昇した仮想通貨の銘柄も1目で把握することができる時価総額ランキング。

時価総額ランキンをリアルタイムでチャックする方法や、時価総額ランキングでわかる仮想通貨の今後をご紹介しましょう!

時価総額ランキングとは?

時価総額が大きい仮想通貨ほど「仮想通貨の市場」における割合が大きいといえます。

仮想通貨の価値の推移をみることができる時価総額ランキング。

時価総額ランキングはいくつもの仮想通貨の推移を同時にみることができ、仮想通貨の売買にはかかせません。
専用の無料サイトを利用して時価総額ランキングをチェックすることができます!

時価総額ランキングをチェックできるサイト

CryptoCurrency Market Capitalizations

時価総額ランキングとして、最も鉄板といわれており、知名度が高いものは「CryptoCurrency Market Capitalizations」です。

このランキングサイトは「ドル」だけではなく「JPY」つまり「円」や「BTC」「EYH」「CAD」といった様々な法定通貨でも仮想通貨の価値を把握することができます。

また、仮想通貨全体の時価総額の中から銘柄別に「仮想通貨が占めている割合」の変化をみることもできます。

仮想通貨全体の時価総額における割合の推移を相対的に比べながらみることができるため、仮想通貨の価値の推移を予想する際に役立ちます。

CryptoCurrency Market Capitalizationsのサイトからみると、2017年10月現在仮想通貨は「1214個」もあるそうですよ!
仮想通貨全体の市場の大きさがうかがえますね。

CoinCap

CoinCapも、時価総額ランキングをチェックする際に、良く使用されるサイトです。

このサイトは、仮想通貨の時価総額に変更があれば「時価総額が自動更新」される仕組みになっています。
自動更新されるため「リアルタイム」に特化して仮想通貨の時価総額ランキングをチェックしたいときは重宝するサイトです!

参考:checkcoin 仮想通貨ランキング-最新の時価総額をチェック

現在の時価総額ランキング

2017年10月の時価総額ランキングは、1位ビットコイン・2位イーサリアム・3位リップル・4位ビットコインキャッシュ・5位ライトコイン、となっています。

仮想通貨おすすめランキング」にもっと詳しく書いてあります!

仮想通貨といえば「ビットコイン」といわれるほど認知度の高いビットコインの時価総額の首位は、今後も揺らぐことはほぼないでしょう。

2位のイーサリアムは、2017年5月から6月にかけてビットコインの時価総額を超える可能性もあると言われていたほど、勢いがある仮想通貨です。
2017年5月から2017年6月のたった1か月の間に時価総額は2倍以上になり、価格は約3倍になりました。

3位のリップルはGoogleが出資していることや、3大メガバンクの1つである三菱東京UFJ銀行が米Ripple社主催のグローバル銀行間コンソーシアムへ参加を発表していることからも、比較的に安定的な取引上と時価総額を誇っています。

参考:三菱東京UFJ銀行、米Ripple社主催のグローバル銀行間コンソーシアムへ参加

4位のビットコインキャッシュは、2017年8月に誕生したばかりの仮想通貨で、今後の価値や時価総額の推移に関して未知の部分が多いといえます。

5位のライトコインはビットコインに次ぐ第2の仮想通貨とも呼ばれていますが6位のダッシュコイン(ダークコイン)や7位のネムコインに抜かれることもしばしばあります。

入れ替わりもあるため時価総額ランキングをリアルタイムでチェックすることが重要です!
特に、5位以降は時価総額ランキングの入れ替わりが1位から4位に比べると激しいともいえます。

今後の時価総額ランキング

2017年2月まではビットコインは仮想通貨全体の90%の時価総額を占めていました。

2017年10月現在は仮想通貨全体の時価総額の中でビットコインの割合は57%で、残りの43%がアルトコインです。

8か月でビットコインは仮想通貨の中の時価総額の割合を33%落としたことがわかり、アルトコインの勢いを感じることができます。

参考:Cryptocurrency Market Capitalizations

ビットコインの時価総額は、上昇を続けているにも関わらず時価総額に締まる割合が減っていることは他のアルトコインの時価総額があがっているということです。

ビットコインだけではなく、ビットコイン以外のアルトコイン勢いが上がってきていることからも仮想通貨がこれからさらに盛り上がりをみせるでしょう!

仮想通貨おすすめランキングTOP5!

初めての方でもおすすめ仮想通貨ランキングTOP5をご紹介します!

こちらの上位仮想通貨は全て「Coincheck(コインチェック)」に登録すると購入することが可能です!

初心者におすすめ仮想通貨ランキング

下記の仮想通貨は、ビットコインを除いて、過去1~2年で価値を40倍以上高騰させており、他の通貨と比較して安定的に成長してるため、初心者の方にもおすすめです!

※下記の通貨は全て「Coincheck(コインチェック)」で購入可能です。

順位 名前 特徴
1位  ビットコイン 【ビットコイン(BTC)】
・世界初の仮想通貨(暗号通貨)
・時価総額ランキング1位!
・2010年から、価格は“約2,500,000倍”にまで高騰!
2位   イーサリアム 【イーサリアム(ETH)】
・時価総額は現在2位(約 2 兆 3,500 億)
・2017年だけで1000円→40,000円と約40倍に高騰
・スマートコントラクト技術を採用。
3位   ライトコイン 【ライトコイン(LTC)】
・時価総額は現在5位
・「第2のビットコイン」と呼ばれている仮想通貨
・ビットコイン暴落時にも、価格を高騰させた唯一の仮想通貨。2015年から価格は約40倍まで高騰
4位  ネム 【ネム(NEM・XEM)】
・時価総額は現在6位
・2017年には1XEM=0.2円→39円と100倍以上高騰!
・開発者の1人が日本人であり、国内で人気。
5位   リップル 【リップル(XRP)】
・時価総額は現在4位
・2017年には1円→55円と55倍まで高騰!
・Google(グーグル)が出資したことで有名。
・金融商品の決済・送金システムとして期待(世界60社以上の金融機関が参加中)

仮想通貨取引所おすすめランキング!

出川哲朗を起用した新CMが決定!Coincheck(コインチェック)

コインチェック

おすすめポイント

  • 世界最大級の取引量・仮想通貨取扱い数!
  • 日本で一番かんたんにビットコインが購入できる!
  • 仮想通貨損害補償サービス!安心して取引しできる!

初心者におすすめしたい取引所は「Coincheck(コインチェック)」です。

Coincheck(コインチェック)」は、日本1位の仮想通貨取引量を誇る取引所で売買しやすく、また、扱っている仮想通貨の種類も日本一。最大5,000円キャッシュバックキャンペーン実施中!

コインチェック登録は最短3分!「メールアドレス」と「パスワード」だけで無料で登録できます!

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

公式サイトへ

※コインチェックの登録方法がわからない方は「コインチェック口座の作り方」の記事を参考にしてください!

取扱い仮想通貨数日本一

Coincheck(コインチェック)は、ビットコイン(BTC)を始めとして、世界中で注目を集めている「イーサリアム(EHT)」「リップル(XRP)」「ネム(XEM)」「ライトコイン(LTC)」など、12種類以上のアルトコインを扱っており、その数は日本一で、コインチェックが人気を集める理由になっています!

取引画面(チャート)が見やすい!

Coincheck(コインチェック)の取引画面(トレーディングビュー)なら、リアルタイムにチャート形式で価格を把握したり、大きな画面で直接取引をすることが可能です!

また、期間は「5分」~「1日」に切り替えることができたり、「指値」「逆指値」を設定して、取引することができるので、利益が出しやすい仕組みになっています!

スマホアプリで簡単取引!チャート機能も充実!

Coincheck(コインチェック)は、スマホアプリ(iPhone・Android)もあり、空いた時間で簡単に各仮想通貨のチャート・価格を確認したり、売買することが可能です!

また、「ローソク足」にチャート表示形式を替えたり、期間も「1時間」「1日」「1週間」 「1年」など表示させることもできます!

業界初!仮想通貨盗難補填サービス

Coincheck(コインチェック)は、東京海上日動火災保険と組んで、不正ログインやなりすまし被害について、1回の請求で最大100万円まで補填するサービスを提供しています!「二段階認証」を設定してるユーザー対象なので、設定してしていれば安心して仮想通貨の売買を行うことができます!

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

公式サイトへ

Zaif(ザイフ)

おすすめポイント

  • 取引手数料マイナスボーナス!最大3.36%
  • 大手企業との提携実績多数!
  • XEM・MONAなど仮想通貨の取扱多数!

Zaif(ザイフ)は、国内でビットコインはじめとして、日本で最も早くXEM(ネム)を扱いはじめた実績ある取引所であり、堀江貴文(ホリエモン)が技術アドバイザーを努めた仮想通貨取引所です。

ビットコインだけでなく、日本発の仮想通貨であるモナーコイン(MONA)など、数多くの仮想通貨を扱っており、Zaif代表の朝山貴生さんはNEM(ネム)の”Director of NEM Japan”に就任し、日本におけるNEMのマーケティングや普及活動の責任者としても活躍されており、信頼できる取引所になっています!

※現在キャンペーン中!取引手数料はマイナス0.05%!

公式サイトへ

※Zaifの登録方法がわからない方は「Zaif口座の作り方」の記事を参考にしてください!

取引手数料マイナスボーナス!年率最大3.6%!

Zaif(ザイフ)は、他の取引所とは違い取引手数料マイナス0.01%を導入しており、取引するほど「ボーナス」が貰える仕組みを取り入れています。

※現在キャンペーン中!取引手数料はマイナス0.05%!

また、1日1回、『Zaif Exchange』に預けられたビットコイン残高(前日)の0.01%が利殖ボーナス(ログインボーナス)として受け取れる「年率最大3.6%の利殖ボーナス」制度も導入しているため、リスクなくビットコインを増やすことができます!

取引回数が多い方には最もおすすめできる取引所になります!

大手企業との提携実績多数!

Zaif(ザイフ)の運営会社であるテックビューロが開発するプライベート・ブロックチェーンのクラウド化技術「mijin」実証実験を、「さくらインターネット」「インフォテリア」「ベルギー アントワープ市」など大手企業・国と提携して進めており、技術力の高さを証明している取引所になります。

XEM・MONAなど仮想通貨の取扱多数!

また、Zaif(ザイフ)は近年数倍~数十倍に価格が高騰したXEM・MONAなど、日本で最も早く取扱いを始めた取引所であり、取引量や対象通貨に関する情報提供力は国内トップクラスを誇る取引所になります!

公式サイトへ

bifFlyer(ビットフライヤー)

bitflyer

おすすめポイント

  • 国内取引量・ユーザー数・資本金3年連続No.1!
  • FXも便利にトレード可能!レバレッジ最大15倍!
  •  ビットコインが無料でもらえる!

bitflyer(ビットフライヤー)は、日本初の国内最大手のビットコイン取引所。2014年に設立された後、リクルート・三菱UFJキャピタル・SBIインベストメントなど大手企業から出資を受けている安心・安全の仮想通貨取引所です!

「メールアドレス」や「Facebookアカウント」があれば、最短3分で登録完了!

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

公式サイトへ

※ビットフライヤーの登録方法がわからない方は「ビットフライヤー口座の作り方」の記事を参考にしてください!

国内ビットコイン取引量3年連続No1

bitflyer(ビットフライヤー)は、ビットコイン取引量・ユーザー数3年連続No.1の仮想通貨取引所です。
日本初の仮想取引所であり、月間取引量は8000億円超、ユーザー数60万人、資本金41億に加えて、大手金融機関よりセキュリティレベルが高い暗号通信化技術を採用してしています!

また、ビットコイン(BTC)以外にも、ビットコインキャッシュ(BCH)、イーサリウム(ETC)、ライトコイン(LTC)など人気の通貨の取扱いをしています!手数料も安いた為、初心者~上級者までおすすめできる取引所です。

「bitFlyer Lightning」ならFX取引可能!レバレッジ最大15倍

bitflyer(ビットフライヤー)には、「bitFlyer Lightning」という取引特化型のサービスがあり、最大15倍のレバレッジFX取引やイーサリウムなどの現物取引が可能!トレードビューも見やすく、リアルタイムで簡単に取引することが可能です!

テクニカル指標ツールも充実しており、ビットコインで利益を出すなら一番のおすすめです!

ビットコインをつかう・もらうのサービスが充実!

bitflyer(ビットフライヤー)経由で「ビットコインをもらう」サービスを利用して、ネットショッピングや無料キャンペーンに応募すると、無料でビットコインがもらうことができます!

会員登録や資料請求をはじめ商品購入や、カード発行、口座開設等たくさんビットコインを貰えるサービスがあり、「じゃらん」「ZOZOTOWN」「楽天トラベル」など有名サービスもあります!

また、無料でもらったビットコインを「amazonギフト」「Vプリカ」などと交換することも可能です!

不正出金補填サービス

また、bitflyer(ビットフライヤー)は、三井住友海上火災と連携し、ビットコインとイーサリアムなど不正に日本円で出金された場合に補償金を支払うサービスを提供しており、二段階認証している場合、最大500万円の補填額を支払ってくれるため、初心者でも安心して取引することができます!

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

公式サイトへ

GMOコイン

おすすめポイント

  • 東証一部上場!GMOインターネットグループが運営する取引所!
  • ビットコイン取引量に応じて、最大10,000円キャッシュバック!
  • 入出金・取引手数料が無料!

ビットコイン国内取引所のGMOコインは、“GMOクリック証券”など、GMOインターネットグループが運営する仮想通貨FX・売買サービスです。

GMOコインは、取引手数料・口座開設が無料であり、本人確認が完了したや、ビットコインFX取引量に応じて最大10,000円のキャッシュバックなどがあります!

また、最近では、「イーサリアム スプレッド50%OFFキャンペーン」や「ビットコインキャッシュ 最大25,000円キャッシュバックキャンペーン」などを開始しており、様々な特典が貰える仮想通貨取引所になっています!

おすすめポイント

公式サイトへ

※GMOコインの登録方法がわからない方は「GMOコイン口座の作り方」の記事を参考にしてください!

1.入出金・取引手数料が無料!

GMOコインの1番のメリットは、入出金時や取引時にかかる手数料が「全て無料である」ということです。

特に嬉しいのが「即時入金手数料が無料」である点です。即時入金は、銀行から入金をすると、すぐに口座反映される仕組みですが、手数料が無料なので「口座残高がないけど、今すぐ買いたい!」という時に、すぐにお金を入金して取引することが可能になります!

2. ビットコインFX・現物取引料に応じて、最大10,000円キャッシュバック!

また、GMOコインなら、ビットコインFX・現物の取引量の応じて、最大10,000円のキャッシュバックキャンペーンを実施しています!

本人確認をして口座アップグレードした後に、普通に取引するだけので、簡単にキャッシュバックを受け取ることが可能です!

3. 口座アップグレードで「30,000Satoshi」プレゼント!

また、GMOコインでは口座プランをアップグレードするだけで、「30,000Satoshi」がプレゼントされます!

「Satoshi」って何?

「Satoshi」というビットコイン単位の大きさは、下記になります。

「1Satoshi=0.00000001BTC=1億分の1BTC」

日本円で言うと“約0.005円”です。つまり30,000Sahoshiとは、約500円がプレゼントされることになります!

ノーリスクで、ビットコインをもらえるので、かなり嬉しいキャンペーンです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です