Japanese Attitude & Action 日本人の行動様式。継承して行かねば。 170506(Sat)

★ 私たち 日本人が 引き継いで行きたい伝統的な 考え方 姿勢 行動基準。 毎日 テレビでみる

不祥事。信じられない事件。 振り込み詐欺。誘拐。殺戮。 すっかり嫌になるほど 日本人は 地に落ちた。

トニーさんのお話を聴いたり 色々な海外の人々のお話を聴くと どこの国の人々かと 思う。

しかし 私たち自身が 一人一人 凛とした姿勢で 生きていけば また 素晴らしい時代がやってくる。

幾つかの映像をみてみよう。これは しっかり継承して 若い人たち 海外の人達にも 伝えて行きたい話

が幾つもある。

_________________________________________________

字幕【テキサス親父】日本が世界に教えた事「日本人の様に振る舞え」published on Mar 9, 2012

2011年3月11日強烈な地震と津波が東北を襲った。
この悲惨な災害の中で世界中が日本から学んだ事があった。

世界中がこの2つの惨劇に震撼した。
しかし、そんな中で世界中が驚いた事がもう一つあった。

この甚大な被害とがれきの中でも「略奪」というものが無かった事だ。
『略奪』とは、集団で店舗などを破壊して中のものを力尽くで持ち去る行為で、窃盗や盗難ではない

文明化された国にでも野蛮な人間がおり自然災害などの後には決まって「略奪」が起こる。
アメリカのルイジアナ州ニューオリンズを襲ったハリケーンカトリーナの後では略奪者がうようよと湧きだした。

どうも、日本で「略奪」が無いところを見ると日本にはそのような屑は居ないようだ。
ハイチで起きた地震の時は、救援物資を運んでいた救援隊が被災者に仕返しをしなければならない状況であった。

日本では、この様に被災者に対し仕返しをしなければならない事や略奪などはなく人々は、きっちりと列を作り

順番を待っていた。 これが「礼儀正しさ」なんだ。

ハリケーン・カトリーナに話を戻そう。
州兵が逃げる知恵も手段も持っていない被災者を助けようとヘリで救援に向かった。
しかし、その被災者達はこのレスキューの為のヘリに対し実弾を使い撃ってきた。

アメリカ軍が日本の災害時にへリで支援物資を届けにいったら、そこの日本人は頭を下げて、ハグして感謝していた。

 これが「礼儀正しさ」なんだ。

過去、災害出動などでアメリカ人が他国へ救援に行った際には、「なんでそんなに遅いんだ!?」

「これだけかよ?」「帰れ!」って言われてきた。 しかし、日本は違う。
2万人の米兵が救援に行った事に対し、日本人は感謝していた。これもまた「礼儀正しさ」なんだ

津波が全てを洗い流し、数週間、1ヶ月後に金庫などが海岸に押し戻されてきた。
それを見つけた日本人達は、開けようともせずにそのまま警察へ持っていっていた。
日本の礼儀正しさだ!

日本は世界に向けて「礼儀正しさ」というものを教えてくれた。
それが、どのような悲惨な状況下であっても日本人は礼儀正しい。
世界中がこれを充分に勉強してくれたことを望む。

トニー・マラーノ

Published on Jul 22, 2012 海外で評判の日本の小学校の日常生活。サウジアラビアをはじめ
世界各国に伝わりつつある。

海外メディアで報じられ、世界が驚いた日本人のアノ行動!「これが日本人か…」衝撃の民度の高さ【海外が感動する日本の力】

Published on Dec 16, 2016

ケント・ギルバート:外国人だから言える日本のスゴさ Vol.1(インタビュワー:ロイス・クルーガー)

Published on Aug 23, 2016 (全世界で2,000万部、日本でも累計130万部「7つの習慣」の著者、
スティーブン・コヴィー博士と長年にわたってビジネスを展開してきたロイス・クルーガーが、
世界中の著名人やビジネスリーダーにインタビューするシリーズです。)

——————————
ロイスクルーガーについて
——————————
たった6人で始めた会社を世界的企業に育て上げた実務家

ロイスクルーガーは7つの習慣で有名なフランクリンコヴィー社をスティーヴンコヴィー博士らと共に創業した創業メンバー。副社長として国際事業部のトップとなり世界76ヶ国に進出。後に売上700億円超、世界最大級の人事系コンサルティング会社に育てあげる。海外事業の成功率はなんと92%以上で7つの習慣を世界に広げる役割を果たした。

世界上位500企業の80%以上で指導経験があり、のべ4,000社を超える企業に、生産性向上のマネージメント作りや、幹部のリーダーシップトレーニング等に従事してきた実績があり、世界の経営幹部から絶大な信頼を得ている。売上が10兆円を超える大企業から、個人事業主レベルまで、幅広い指導経験を持つ。

東久邇宮文化褒賞を受賞
沖縄、長崎、広島、神戸、大阪、横浜に住んだことがあり、日本での事業活動は1972年からなんと43年にものぼる。2014年、日本社会への貢献が認められ外国人であるにも関わらず「民間最高の褒章」と言われる旧皇族の東久邇宮文化褒賞を受賞。

——————–
GrowthUについて
——————–

GrowthU.jpは、会社を今よりもっと大きくしたい、事業をもっと成長させたい。
そう思う、社長、マネージャーのための実践情報サイトです。

日本人は本当にいい民族なのだろうか?海外で【とあるスピーチ】が話題に!世界が注目した日本人の国民性【海外が感動する日本のちから Published on Feb 14, 2017

Published on Aug 22, 2016

韓国人?→中国人?→日本人?と外国人が順番に聞く理由『なるほどな』【海外が感動する日本の力】Published on Feb 23, 2017

【衝撃】「まさか人の道を日本の少年に教えられるとは…」海外が心震わせずにはいられなかった日本人のずば抜けた民度の高さ【海外が感動する日本の力】Published on Nov 1, 2016

あの東日本大震災でベトナム中を涙させたひとりの日本人少年がいました…。「我が国にこんな少年はいない…」

震災直後に福島県に派遣された一人の警察官がいました。彼は在日ベトナム人の両親を持ち、日本に生まれ、人のために働きたいと帰化して警察官となっていました。
派遣された場所は、福島第一原発から25km離れたある被災地。震災と原発事故の最も過酷な状況の中で治安確保のための派遣でした。
そこで彼が目にしたひとりの少年がいました…。

この話はベトナムの新聞でも、中国の記者の話とともに紹介されています。
内容は動画をご覧ください。

世界中に親日国が存在しています。
本人ほど、人の気持ちや周囲の状況に、敏感にきめ細かく配慮できる国柄は他にあまりないからなのかもしれません。
この世界に誇れる「美しい心」と「美しい伝統」を、これからも受け継いでいきたいと思います。

【海外の反応】「次はこっちだ日本!頼む!」日本の新幹線を手にするインドに世界羨望の声~すごいぞニッポン

Published on May 4, 2017

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です