Honey Bees -N0.3 日本ミツバチの養蜂 巣箱の作り方 分蜂  170504Thu

Image result for 日本ミツバチの写真 Image result for 日本ミツバチの写真

都内のミツバチ元気! Uploaded on Apr 27, 2009

★★すでに 都内で養蜂を始めている人々。 都内のあちこちで 養蜂が始まれば 実に楽しいし 花を植える運動も

一気に広がるだろう。養蜂を始める方々の映像は 実に楽しく 建設的で 社会を元気にすると思う。

自分たちで 素晴らしい都会の在り方を作る。 ミツバチを育てる。花づくりと一緒。愛情とメインテナンスが

必要だ。 力を合わせての活動は、絆が深まるなあ。皆さんの笑顔がはじけている。

(山元コメント)

_____________________________________________________

花粉交配用のミツバチが3年前に比べて2割近く減るなど、ハチ不足がことしになって深刻化しています。農林水産省によりますと、おととしから女王蜂の輸入が途絶えているほか、国内のダニ被害が原因で働き蜂が予定通り確保できないということです。しかし、都会のミツバチは元気です。ミツバチを使って活性化を狙う品川区の商店街と多摩の養蜂家を取材しました。

品川区にある中延商店街ではことし2年目の挑戦が始まりました。サクラの「みつ」を取るのを目標に、去年より早く3月からニホンミツバチ1万数千匹を商店街事務所の屋上で飼育し、今月、待ちに待ったハチミツの採取が行われました。
ミツバチの飼育を企画したのは、
■■↓全文を見る■■
http://www.mxtv.co.jp/mxnews/news/200…

_____________________________________________________

建設会社がチャレンジ ミツバチが舞う街をつくろう!

Uploaded on Jul 23, 2009

ミツバチをテーマに人間と生き物が共生できる環境をつくろうと大手建設会社がユニークなプロジェクトを立ち上げました。
プロジェクトを進めるのは鹿島建設。建物を作るだけでなく、周りの環境もより良いものへと変えていこうという計画です。環境本部の山田順之課長は「都心でも街路樹を増やすことなどが行われていますが、見た目に綺麗な緑という観点だけではなくて、やはり生き物と共生できる緑を作っていくことが人間にとっても快適な街づくりにつながるのではないか」と話しています。その主役がなぜミツバチなのでしょうか。
ミツバチは花から花を飛び回るので街路樹に実がつきます。その実を目当てに鳥たちも集まってきます。
■■↓全文を見る■■
http://www.mxtv.co.jp/mxnews/news/200…

_____________________________________________________

★★日本ミツバチの捕獲★★ この映像は勉強になった。砂糖水を餌にして 日本ミツバチ 元気をだしてもらう。

_____________________________________________________

日本蜜蜂の捕獲・田舎暮らし便り215号(蓼科より).mov

8/21日,予期せぬすばらしいことが起きた。日本蜜蜂の分蜂が我家に来たのだ。春から蜜蜂の巣箱を畑の隅に置いてあったのだが,主がいなかった。蜜蜂の分蜂と捕獲は初体験なので最初は戸惑ったが,巣箱をくれた岐阜の従兄弟の指導で首尾よくいった。
田舎暮らし情報館(蓼科より)http://tateshinadayori.blogspot.com/
信州田舎暮らし情報館http://www.inaka-kurashi.jp/

_____________________________________________________

★★★ 日本ミツバチの箱づくり ★★★

どのような板を使うか 組み立ては 構造は どうするのか ? 大体7年ぐらい使えるそうだ。

日本蜜蜂巣箱の継箱 その1(巣枠の製作)Care of a Japanese honeybee Published on Nov 3, 2014

日本蜜蜂を一般的な重箱型巣箱で飼ってます。群が成長してきた時に必要になるのが継箱­ですね、そこに観察用の窓があると何かと便利です。その製作過程を撮ってみました。

日本蜜蜂巣箱の継箱 その2(観察窓の作製)Care of a Japanese honeybee Published on Nov 5, 2014

日本蜜蜂を一般的な重箱型巣箱で飼ってます。群が成長してきた時に必要になるのが継箱­­ですね、そこに観察用の窓があると何かと便利です。その製作過程を撮ってみました。

日本蜜蜂巣箱の継箱 その3(観察窓の蓋の固定方法)Care of a Japanese honeybeePublished on Nov 5, 2014

日本蜜蜂を一般的な重箱型巣箱で飼ってます。群が成長してきた時に必要になるのが継箱­­­ですね、そこに観察用の窓があると何かと便利です。その製作過程を撮ってみました­。

_____________________________________________________

★★細密後の巣箱。どうのようにメインテナンスするか★★

採蜜・継箱後の巣箱10月中旬

夏に採蜜してから継箱して2か月経った日本みつばちの巣箱です。寒くなってきたので蜜蜂達の動きも鈍く、花も少ないので蜂の数がなかなか増えません。冬越しを無事にさせるため様子を見ながら覆いを工夫します。

日本蜜蜂の今年最初の採蜜  Honey extraction of this year beginning of a Japanese honeybee

Published on Jul 10, 2014

我が家で飼っている日本蜜蜂の一番大きな群れを今年最初の採蜜をしました
昨年からの蜜なので2年蜜と言う糖度の高い濃厚なハチミツです

____________________________________________

★★★ 蜂蜜のろ過は どうするのか? ★★★

 

初心者必見!日本ミツバチの蜂蜜絞り濾過・超安価で衛生的(Japanese honey bees)Published on May 13, 2014

2014年初めての蜂蜜絞りを行いました。毎年蜂蜜の一番搾りには格別の思いがあります。ミツバチが、毎日命がけで、花蜜を集め蜂蜜を作ってくれたものですので、感謝しながらいただきたい思います。個人的にはろ過を強めにしないのが好みですが、場合によっては、こし網を二重にすることもあります。自家用の場合はこれで十分ではないかと思います。シンプルですが、非常に安価で、洗浄がしやすく衛生的です。 蜂蜜の絞りかすは、熱処理して貴重な蜜ろうを回収します。

 _________________________________________________

Uploaded on Apr 29, 2008

実家で養蜂している日本蜜蜂のはちみつが採れるまでの様子を動画で紹介しています。
みなさんが食べている蜂蜜は、ほぼ間違いなく「西洋ミツバチ」のものです。日本ミツバチとは養蜂の方法や性質が異なりますのでご注意ください。

_________________________________________________

「日本ミツバチの蜂箱」を作る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です