常温核融合(Cold fusion) 次世代の原子力発電のカタチ。 模索する人々の話を聴いてみよう。 170414(Fri)

 

常温核融合は 本当に 可能なのだろうか ? 常温ということは 超高温にはならないので メルトダウンも起きないということになる。

そんな 疑問に きちんと 答えることができるのだろうか??? 何も弊害は起きない?? 放射能は もうばらまかれなくなる?

 

チェルノブイリや 福島原発事故の後遺症になやんで来た実態がある。 もちろん 広島と長崎の原爆の後遺症は まだ続いていると思う。

もう 心配ない?? そう簡単には 信じたくない気持ちの方が 強い。 しっかり 色々な科学者や 研究家の人達の 意見を聞いてみよう。

 

 

常温核融合(Cold fusion)は 可能なのか? 世界は動く。
nuclear fusion occurring at or close to room temperature.

 

判りやすい映像で

その歴史と意味、開発努力、進歩のあと
を見てみましょう。

科学技術の開発のむずかしさ、過酷な初期段階の
壊滅的な否定、

地道な努力と復活、進展の情況は、とても勉強になる。
(英語・日本語)

実用化されれば 世界のエネルギー問題が一気に解決
すると 言われている。

ナターシャ・グジーNataliya Gudziy1980年2月4日 – )は、ウクライナ出身で日本で活動している歌手バンドゥーラ演奏家(バンドゥリースト)である。(一番下に詳細記載)

スタンリーポンズ博士の言葉。
「21世紀に向かってまじめに、努力する人たち」
国の違いを超えて 支える人々。

自然災害が激化する中。 このような科学技術が必要だと思う。
謙虚に学びなおそう。 また知る努力をしよう。

 小出先生のお話は ほっとするところがある。

 

 

色々な情報も 知ろう、」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

常温核融合発電の時代は来るのか?

Published on Sep 4, 2016
 ★★ナターシャ・グジーさんNataliya Gudziy1980年2月4日 – )は、ウクライナ出身で日本で活動している歌手バンドゥーラ演奏家(バンドゥリースト)である。

ウクライナのドニエプロペトロフスク州(現ドニプロペトロウシク州)の村に生まれ、チェルノブイリ原子力発電所から3.5kmのプリピャチに転居した。1986年4月26日チェルノブイリ原子力発電所爆発事故によって被曝、その後、避難生活で各地を転々とし、キエフ市に移住する。

ウクライナの民族楽器バンドゥーラの音色に魅せられ、8歳より音楽学校で学ぶ。チェルノブイリ原発事故で被災した少年少女を中心に結成された民族音楽団「チェルボナ・カリーナ」(チェルノブイリの赤いカリーナの実)のメンバーとして、1996年1998年に来日し、全国で救援コンサートを行う。

2000年からは日本語を学びながら日本での本格的な活動を開始。その透明で美しい水晶の歌声とバンドゥーラの可憐な響きは多くの聴衆のこころを惹きつけている。

1999年2000年には、「消えた故郷」「消えた故郷2」(チェルノブイリ子ども基金)を救援CDとして発売。2002年には井上鑑プロデュースの「セルツェ(こころ)」(音楽センター)を発表。2004年12月来日5周年記念アルバム『Nataliya(ナタリア)』とクリスマスアルバム『Merry Christmas』(ともにオフィスジルカ)を同時発売。2006年1月には、チェルノブイリ20年救援アルバム『こころに咲く花』(音楽センター)を発表。11月には、ウクライナの故郷や家族への想い、チェルノブイリ原発事故の体験、日本での音楽活動などについて日本語で綴った著作に5曲入りCDをセットにした初のCDブック『ふるさと〜伝えたい想い〜』を発売した。

2005年7月のウクライナ大統領ヴィクトル・ユシチェンコ来日の際には、首相官邸での小泉首相主催の夕食会に招かれ、演奏を披露。チェルノブイリ救援コンサートのほか、テレビラジオ、音楽教室や学校での国際理解教室など多方面で活躍している[1]。2016年には、音楽を通じた日本とウクライナとの相互理解の促進に対する功績が認められ、日本国外務省から外務大臣表彰を受けた[2]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です