”Jupiter II Europa” Elon Musk”Mars” 宇宙人になる日も近い! 161001

 

いよいよ地球からの脱出計画の 糸口が見つかった? いずれ 地球が 亡くなる日がくる まだまだ 何億年も先の話か? 意外と何百年先の話か まだ判らない。自然環境の破壊で その日が早まるかも知れない。 それまでに 科学技術が間に合うか? が問題になるが 各国で 宇宙開発が目覚ましく発展してきた。10年前には 考えられなかったことだ。 ここにきて イーロンマスクが 素晴らしいチャレンジをして、なんだか 宇宙に行ける日が 近づいたようで うれしい。人類の一人として。 私たちの孫やひ孫の時代には 宇宙旅行を修学旅行でとか あるいは 京都に遊びに行く感覚で 普通に行き来しているのかも知れない。なんだか 糸口がみえたように思う。

今を生きる人間としては 地球を持続可能な世界にすることが 一番の任務だと思う。いま イーロンマスクの話を 聴きながら これを書いている。彼の言葉は 耳に心地よく響く。希望の光が見えた時のように。

判り易い話し方で 説得力があるなああ  17分を経過した後は じっさいに地球を脱出していくロケットの映像が つづく 見ものだ。疑似体験をしているようで

 

エウロパ (Jupiter II Europa) は、木星の第2衛星。2007年までに発見された衛星の中で内側から6番目の軌道を回っている。ギリシア神話の、ゼウスが恋に落ちたテュロスの王女エウローペーにちなんで名づけられており、そのラテン語形である。英語読みからユーロパとも表記される。なお、同名の小惑星 (52) エウロパも存在する。

この衛星はガリレオ・ガリレイによって発見されており、そのためイオガニメデカリストとあわせてガリレオ衛星と呼ばれている。

比較的明るい衛星で、双眼鏡でも観察できる。

イーロン・マスクの挑戦は すばらしいなああ 世界観が卓越している。(1時間を超える話だが じっくり 聴いてみるか!!

わくわくしてくる。英語の勉強にもなるし・・

エウロパの内部構造の想像図

表面は少なくとも厚さ3km以上の氷で覆われており、所々にひび割れが走っている。イオの次に木星に近く、公転周期がイオの2倍、ガニメデの半分という軌道共鳴の状態にあるため、強い潮汐力の変動に晒されている。その潮汐力で発生する熱によって表面の固い氷層の下は深さ数十から百数十kmにわたって氷が融け、シャーベット状で液体になっており、地球海洋深部にあるような熱水噴出孔も存在すると考えられている。生命が存在する可能性も示唆されている。

内部海の存在は、内部の熱的状態に関する理論的計算によって1970年代には既にそれを予想する説が出されていた。1990年代に行われたガリレオ探査機による調査では、エウロパの表面に氷が一度割れて再び固まったような地形が発見され、海の存在を強く想起させるものとして注目を集めた。

探査計画

エウロパは、惑星探査計画における調査対象天体の最有力候補のひとつとされている。かつてはアメリカ航空宇宙局 (NASA) が、エウロパを観測する周回衛星エウロパ・オービターによる探査計画を予定していたが、NASAの予算削減に伴い打ち切られた。

 

続いてエウロパを含む4つのガリレオ衛星を重点的に調査するJIMO (Jupiter Icy Moons Orbiter) 計画も提案されたが、同様の理由で頓挫した。しかしこれはエウロパへの惑星科学的興味が失われたわけではない。

2007年には、欧州宇宙機関 (ESA) が将来の宇宙探査ミッションの候補の一つとして、NASAとの共同による、エウロパを中心とする木星圏探査ミッション「EJSM計画」を選定した。将来的には、エウロパ表面全体の高解像度地図の作成、氷の厚さの測定、氷の下の「海」の存在の確認、などを目標とした探査が期待される。

また2009年、NASAは次期惑星探査ミッションの第一候補としてエウロパ探査を選定している。2020年の打ち上げ、2025年末~2026年初頭の木星への到達、4つの衛星をフライバイして2028年にオービターがエウロパの周回軌道へ入る計画である。

地球外生命の可能性

エウロパの氷地殻内部の想像図

ジャイアントチューブワームなどの多細胞生物が、地球深海の熱水噴出孔の付近で発見された。

太陽に依存しないエネルギー源としての可能性が指摘されるブラックスモーカー

に覆われたは地球における南極ボストーク湖[3]に近い環境であると推測されており、生命が存在する可能性が指摘されている。そのような環境に存在する生命は、地球の深海に存在する生命に近いものであると推測される[4]

エウロパにおける生命の存在はまだ確認されていないが、水の存在は、探索のための大きな動機となっている[5]

1970年代まで、生命は、少なくとも一般的に理解される概念としては、太陽からのエネルギーに完全に依存していると考えられていた。

地球表面の植物太陽光のエネルギーをもとに、二酸化炭素と水から炭水化物光合成し、その過程で酸素を放出している。

酸素は動物呼吸に使用され、そのエネルギーは食物連鎖へと繋がっていく。たとえ太陽光の届かない深海の生命であっても、

表層から降り注ぐ養分の雨や、それを摂取した動物から養分を取り入れており、地球が生命を維持できるのは太陽光のためであると考えられていた

しかし、1977年深海探査艇アルビン号によるガラパゴス海嶺の探索では、ジャイアントチューブワーム貝類甲殻類など、さまざまな生物がブラックスモーカーと呼ばれる熱水噴出孔の周りに群生しているものが発見された[6]

 

これらの生物は太陽光がまったく届かないにもかかわらず繁殖しており、また後に解明されたところによると、まったく独立な食物連鎖を形成していた。この食物連鎖の基盤は植物ではなく、化学物質酸化反応からエネルギーを得ていたバクテリアだった。

 

これらの化学物質とは、水素硫化水素などであり、地球内部から噴出していた。このようなエネルギー合成システムを化学合成という。これは生命の研究において革命的な発見であり、生命には必ずしも太陽は必要ではなく、水とエネルギーがありさえすればよいということが明らかになった。

 

また、この成果は宇宙生物学にも新たな道を開き、地球外生命の存在可能性を著しく広げることになった。エウロパの光の届かない海洋は、21世紀初頭において、太陽系の中でも最も地球外生命の存在が期待されている[7]

化学合成のプロセスが発見されたのは地球だが、これはエウロパの生命モデルの可能性として有力である。しかし、このようなエネルギー源では、地球表面の光合成を源とする生態系のように、広範で多様な生態系を形づくることはできない[8]。エウロパでは、地球の熱水噴出孔のような熱源の周りに群生するか、地球の極地に生息する藻類菌類のように、氷層の下部にすがりついて生息することしかできない。海洋に漂って生息することも考えられる[9] が、もし海洋の温度が低すぎれば、地球のような生命プロセスは進行しない。また、もし塩濃度が高ければ、極端な好塩菌しか生息することができない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です