Bit Coin公共料金(電気代)の支払いが始まる。マイニングとは なにか?   160926

https://bitflyer.jp/?ns=ad01_google_gsem-other_pc_others_no1_0913_top

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160926-00000058-asahi-bus_all  ★ビットコインで 電気代をはらう。ここをクリック。

 

フィンテックで銀行支店なくなる」 麻生太郎財務・金融担当相

出典 http://www.fsa.go.jp

フィンテック・サミットの開催について

金融庁では、日本経済新聞社との共催により、フィンテック(金融とテクノロジーの融合)をテーマにしたグローバルイベント「フィンテックサミット」を、平成28年9月20日(火)、21日(水)に開催します。
日本やアジアのFinTechの現状と潜在力をグローバルに発信し、FinTechエコシステムの整備を加速していくこと等を目的として、欧米等の有識者や当局者等を招聘し、各国の取組み、新たな金融技術がもたらす影響、既存の金融機関の戦略や公的セクターの課題等について議論等を行うシンポジウムを開くほか、日本経済新聞社主催による新たなビジネス展開に向けたスタートアップ企業のプレゼンテーション・コンテスト、体験型の展示スペース「フィンテック・アイランド」、また学生が金融ビジネスについてアイデアを競うイベントを開催する予定です。
詳細については、下記をご覧下さい。

1.開催日時:平成28年9月20日(火)、21日(水)
2.開催場所:丸ビルホール(東京 丸の内)7階・8階
(東京都千代田区丸の内2-4-1)
3.プログラム:以下のウェブサイトをご参照下さい。

金融相「異端から革新生まれる」 フィンテック・サミットhttp://www.nikkei.com/article/DGXLASDF21H01_R20C16A9EAF000/?dg=1 

Photo published for 金融相「異端から革新生まれる」 フィンテック・サミット

金融相「異端から革新生まれる」 フィンテック・サミット

 フィンテック(金融とテクノロジーの融合)をテーマに金融庁と日本経済新聞社が共同で開催する「FinSum フィンテック・サミット」は21日、国内外の金融機関トップらを招きシンポジウムを開いた。冒頭にあ

nikkei.com

「フィンテック・サミット」開幕 最先端のサービス体験http://www.nikkei.com/article/DGXLASDZ20H5B_Q6A920C1MM0000/?dg=1 

Photo published for 「フィンテック・サミット」開幕 最先端のサービス体験

「フィンテック・サミット」開幕 最先端のサービス体験

 フィンテック(金融とテクノロジーの融合)をテーマに、金融庁と日本経済新聞社が共同で開催する「FinSum フィンテック・サミット」が20日、東京・丸の内の丸ビルホールなどで開幕した。

________________________________________________

ビットコインを生み出す採掘(マイニング)

ビットコインは、一定期間ごとに、すべての取引記録を取引台帳に追記します。その追記の処理には、ネットワーク上に分散されて保存されている取引台帳のデータと、追記の対象期間に発生したすべての取引のデータの整合性を取りながら正確に記録することが求められます。その整合性を取る作業はコンピューターによる計算で実現できるのですが、膨大な計算量が必要となります。分散されて保存されている1つの大きな取引台帳のデータも、追記対象の取引のデータも、すべてを正確に検証してから追記しなければならないのです。そこで、ビットコインでは、この追記作業に有志のコンピューターリソースを借りています。余っているコンピューターの計算能力を借りることによって、膨大な計算を行い、みんなで共有する1つの大きな取引台帳に追記を行っているのです。この追記作業の手伝いをしてくれた人、追記作業のために膨大な計算処理をし、結果として追記処理を成功させた人には、その見返りとしてビットコインが支払われます。つまり、追記作業を手伝ってビットコイン全体が健全に運用されるようにがんばってくれたことへの報酬として、ビットコインが支払われるのです。この報酬は、新たに発行されたビットコインによって支払われます。つまり、通貨の新規発行がこの瞬間に起こるのです。

ゲームをしていてもいいし、ネットで遊んでいてもいいのに、わざわざ膨大な計算を行ってビットコイン全体の発展に貢献してくれた人へのささやかな感謝の形が、新規ビットコインの発行なのです。

この新規発行に至る行為は「採掘(マイニング)」と呼ばれています。コンピューターの計算能力をお金に変えるビジネスと割りきって、日夜採掘(マイニング)に励んでいる人たちが世界中に存在します。そのおかげで、今日もビットコインの安全性が保たれているのです。

通貨としてのビットコインの新規発行は、この採掘(マイニング)を通じてしか行われません。そのため、ビットコインの発展を信じる人達が、次々と採掘活動(=1つの大きな取引台帳の更新作業)に力を注いでいるのです。

ビットコインは誰が管理しているの?

円やドルと全く同じような通貨であれば、わざわざ新しい通貨を作る必要性はありません。ビットコインは、他の通貨と比較して何が決定的に違うのでしょうか。

最大の違いは、通貨を管理する「中央銀行」が存在しない、ということです。ビットコインには、発行を司る組織や流通を管理する組織が存在しないのです。

ビットコインは、国家や企業が運営している仮想通貨ではありません。円やドルと同じような通貨なのに、どこの国も、企業も、ビットコインの発行・流通には関与していないのです。この非常識な概念が、ビットコインの最大の特徴です。

採掘(マイニング)で無限に生み出されるのか

ビットコインの発行総量は、事前に決められています。また、採掘(マイニング)によって発行される量も調整されています。そのため、一瞬にして発行量が増えてインフレが起こったり、混乱が生じることを避けた設計がなされています。

ビットコインの発行総量は、2140年までに2,100万 Bitcoin とされていて、それ以降は新規に発行されることがありません。

12

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です