リチウム電池の世界 次世代型 Ryden Carbon Battery とは?! 160903

111. 燃えないリチウムイオン電池 (昨今 リチウムイオン電池が 発熱・発火して 2日前にも 飛行機で 大きな事故があった。

従来型リチウム電池は その危険性から 飛行機への持ち込みは これから 出来なくなる可能性が強いと

懸念されている。 発熱・発火しない構造をつくることが 急務となっている。 東大工学部の開発は?

 

リチウムイオン電池の研究。燃えない電池なら 将来性があるが?! しっかり見てみよう。

_____________________________________________________

222.リチウムイオン電池 未来へ

_________________________________________________

333.リチウム空気電池

_______________________________________________________

444. 電気自動車の近未来

____________________________________________________

555. リチウムイオン電子の一環の電池。 だが★発熱・発火しない。 通常の何倍も長持ちする

「Ryden Dual Carbon Battery」   ~Dual/Single Carbon Battery の2種類ある。

次世代型と言われ、オーガニック・コットンを炭化して電極をつくるので、地球に優しい。

またレアメタルを使用しない 環境に配慮したサステナブルな電池。 Power Japan Plusの研究開発により

長寿命を実現。 (   一説には 10年以上もつという話もある)

 

私も このRyden (”雷電 貯め得もん”と 勝手に愛称をつけた)のバッテリーで

持続可能な環境に大きく貢献するだろうと、 いま夢中になっています。

 

映像に出てくる人は 世界的なバッテリーの権威、 武谷ドクター。トヨタのプリウスの電池材料を作り、

イーロンマスクのテスラの材料も作ったドクターです。 このほか、九州大学の5名の教授の

方々が ご一緒にやっております。

 

(著名な原田ドクターほか顧問団に入って頂き お教え頂いている)

 

武谷ドクターは Power Japan Plus Inc.のCTO&取締役です。

私も CEA&COOを 喜んで 引き受けさせて頂きました。

 

相当な 馬力がいるので 細胞よ 蘇れ 細胞を 蘇れ!と毎朝 水をかぶっています。

Life Mission と 闘志を燃やしています。

 

このバッテリーの市民社会への貢献は きわめて大きいものがあると 判断しています。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です