グリーン グリーン 生きる喜びと悲しみ 160514 @Israel& Palestine

久しぶりに イスラエルとパレスティナに 入った。 なぜか グリーン グリーンの軽快な 子供たちの歌声を

思い出した。 テルアビブに深夜の2時について ラマラーに向かう途中 タクシーのドライバーさんに 現状を

聴いたところ ここ一か月は ナイフと銃撃の「いさかい」は収まっていて 静かだそうだ。 時折 散発的に

こぜりあいはあるが、以前の1%ぐらいの感覚で 大したことはない。すこしづつ 平和に向かってほしいと願う。

平和と繁栄の回廊プロジェクト一環のJapan Mission。  今回は 5回目になる。この歌詞の意味を改めて かみしめると

明るい希望に燃えて生きようという気になってくる。 子供たちの声も弾んでいるし・・

Green, green,
It’s green they say,
On the far side of the hill.
Green, green,
I’m going away to where
The grass is greener still.

A-well, I told my mama
On the day I was born,
Don’t you cry
When you see I’m gone.

You know there ain’t no woman
Gonna settle me down.
I just gotta be traveling on,
A-singing…

[Chorus:]

Nah, there ain’t nobody
In this whole wide world
Gonna tell me how to spend my time.
I’m just a good loving rambling man,
Say, buddy, can you spare me a dime?
Hear me crying, it’s a…

[Chorus:]

Yeah, I don’t care
When the sun goes down,
Where I lay my weary head.
Green, green valley or rocky road,
It’s there I’m gonna make my bed.
Easy, now…

[Chorus:]

Everybody, I wanna hear it now…

グリーングリーン

「グリーングリーン
Green, Green
ニュー・クリスティ・ミンストレルズ英語版
シングル
収録アルバム Ramblin’ (1963)
リリース 1963年
ジャンル フォーク
レーベル コロムビア
作詞・作曲 バリー・マクガイア
ランディ・スパークス
ゴールド等認定
チャート最高順位
テンプレートを表示

グリーングリーン (Green, Green) は、アメリカ合衆国フォークグループ、ニュー・クリスティ・ミンストレルズ

英語版1963年に歌った歌である。

メンバーだったバリー・マクガイアとランディ・スパークス (Randy Sparks) が作曲し、このグループ最初の

ヒット曲となった。 マクガイアはこの曲のヒット後にソロ転向し、「Eve of Destruction(明日なき世界)」が

ヒット、ママス&パパスを発掘しスカウトしている。

訳詞と解釈

日本語版の詞は片岡輝が担当し7番まで存在するが、これは原詞の翻訳ではなく独自に作詞したものである。

原詞ではパパは一切登場しない(出てくるのはママのみ)。

日本では片岡輝の作詞により父と子の対話と別れを描いた作品として知られており、学校での教材にも使用

されている。歌詞中にある、“二度とかえって来ない遠い旅路”に出かけた「パパ」の身上に何が起こったかに

関しては下記の通り様々な解釈が存在するが、作詞した片岡輝自身は読み手がどう解釈するかは自由である

との発言をしている。

  • 反戦歌(作詞時期は世界的にベトナム戦争への反戦ブームであり、片岡も戦争経験者であり反戦支持だった)。
  • なんらかの理由(病気や老衰など)で死亡。
  • 原詞の再解釈(南北戦争に徴兵された)。
  • (黒人に対する)人種差別により無実の罪で処刑された。
  • パパとママが離婚しパパが出ていった。

通常、小学生の唱歌としては3番までの比較的明るい(軽い)歌詞内容の部分までしか紹介されないが、全部で7番まで歌詞があり、4番目以降から歌詞内容が急に重くなる。NHKみんなのうた」の版(編曲:小森昭宏)では歌詞番号が進むにつれ半音ずつ高く転調移調)してゆき、歌詞内容と裏腹に前向きな雰囲気をかもし出す。遅かれ早かれどうにもならない「」が不可避であるという現実にめげず精一杯生きて行こうという応援歌であるとの解釈が一般的である。

歌唱・使用等 

みんなのうた
グリーングリーン
歌手 杉並児童合唱団
作詞者 片岡輝
作曲者 バリー・マクガイア
ランディ・スパークス
編曲者 小森昭宏
映像 実写
初放送月 1967年4月5月
テンプレートを表示

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です