イスラエル&パレスチナ問題・情勢研究 ② 和解への道

あらしの夜に(One Stormy Night)は

8カ国が集まるG8の公式カタログで紹介された。


絵本、童話といえば 

今でも 毎年 何十万部と世界で売れている星の王子さま。

「星の王子様」からは 人間の色々な仕事や癖、人間の究極の愛情を学んだ記憶がある。 成長とともに 何度も 読み返して その都度 なんとなく、思わず明るい気持ちになった自分に気がついた。
次に パブロコエーリョのアルケミスト。同じように
世界で爆発的に売れている。 アルケミストも星の王子様も
日本語版、英語版 フランス語版 それぞれ 時折読み返して
たのしんでいる。
アルケミストでは 「うまく行きかけると 全財産を失ったり
大きなトラブルに 巻き込まれて、仕方なく 転地したり
転職したり、 全てを投げうって、新しい世界に入って
行かざるを得なかった。」

という話の連続で、 なんだか 少し 私の人生に似ている。
多分 ほとんどの人の人生にも。

で、必ず 仕方ないので 新しい世界で
学んだり、工夫して大成功。 しかし また だまされたり
して 全てを失って・・・の繰り返しだ。

だけど その中で 貴重な経験を積ませてもらったり
人生が 確実に 豊かになって行った。

あのことが あったから 自分の今がある と

おおらかな気持ちに 今はなれる。
含蓄に富んだ本。 困難にぶつかったり、悩んだりする
時に 良く アルケミストを思い出し、本棚から引っ張り
出したりする。

「あらしの夜に」は 敵味方同士が 不思議なご縁で結びつく。

むつかしい人間関係、 争い 憎しみ 食うか食われるか
の殺伐とした世界での 心温まる話だ。
世界の主要8カ国が集まるG8の分厚い本に正式に
何枚もの写真付きで 取り上げられた理由が わかる気がする。

第2弾のアニメーションの映画が 上映されている。

見に行かねば・・・

このシリーズは ご縁のあった「きむらよういち」さんの作品で

きむらあきこさんたちと 一緒になって楽しんでいる。

世界の人々に 星の王子様、アルケミストと一緒に 届けたい。

人間社会が ずいぶん 魅力的なものになるはずだ。

『あらしのよるに ~ひみつのともだち~ シアターセレクション きずな編』の公式サイトです。
ARASHINOYORUNI.COM

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です