Michael Jackson Free Willy シャチと少年 映画は青春

When a boy learns that a beloved killer whale is to be killed by the aquarium owners,
the boy risks everything to free the whale. Director: Simon Wincer Writers: Keith Walker (story) (as Keith A. Walker),Keith Walker (screenplay) (as Keith A. Walker) | 1 more credit » Movie “Free Willy” was made in 1993. when Michael Jackson came to SEGA Enterprise Head Office, Tokyo in order to make Michael Jackson’s games.
At that time, I was in charge of North America market at Headoffice. I remember when I met him. Now I feel and understand why he made this song, “Will you be there”.
母親に捨てられた少年と母親から引き離されたシャチ。互いに孤独な境遇の両者が交流を深め、
成長していく姿を美しい自然描写の中に描いた感動作。続編『フリー・ウィリー2』、『フリー・ウィリー3』、
点描画家の菅井さんから シェア。
“Free Willy”。映画は 少年とシャチが 少しづつ心を通わせて、
かけがえのない友情が いつの間にか 生まれている。
胸のすくような 最後の大ジャンプ。 
久しぶりに 新鮮で 輝くような 喜びを覚えた。

フリー・ウィリー』(原題:Free Willy)は、1993年制作のアメリカ映画

ところで、毎日 時間に追われていると なんだか このような 
新鮮な気持ちを忘れがちだ。
ビデオをみて、すこし 少年の頃の 希望を 思い出した。 
やはり 映画は青春だ。
Free Willyは 1993年の作だそうで、当時 セガに勤めていた。
そうだ 確か この年だ、マイケル・ジャクソンが セガの本社に訪ねて来た。
当時セガは マイケルジャクソンと 何本か ゲームを作っていた。
少し立ち話が出来たこと。懐かしく思い出す。
私は 日本側のアメリカの責任者で、映画とゲームを 同時に発売しよう
とする走りだった。 この作業は 大変だ。
映画は 一本のストーリーを作ればいいが
ゲームは ストーリーを幾つもつくる、 ゲームの中の選択肢が
多いからだ。 枝葉の如く 何本も 違ったストーリーを考える。
ジュラシックパークの場合は 実験が大成功して このあと ゲームは
ロールプレイゲームが どんどん 生まれて行った。
私も セガ・アメリカの社長たちと 制作会社の幹部を訪ね
撮影現場、ゲーム作りの現場を 何度か 回っていた。
マイケル・ジャクソンの”Childhood” 彼は どうして この曲を書いたのか? 
今なら 少しわかる気がする。
巨匠リチャード・ドナー監督とその妻ローレン・シュラー・ドナーがプロデュースしている。
続編2の主題歌もマイケルの曲でChildhood

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です