Sir Winston Leonard Spencer-Churchill,(ウィンストン・チャーチル首相の言葉)勇気  180421(Sat)

ウィンストン・レナード・スペンサー=チャーチル英語Sir Winston Leonard Spencer-Churchill,

KGOMCHTD,PCDLFRSHon. RA1874年11月30日 – 1965年1月24日)は、イギリス政治家軍人作家

DARKEST HOUR Trailer   

Winston Churchill | We Shall Fight on the Beaches

視聴回数 80,598 回 King & Winston   2016/11/04 に公開
We Shall Fight on the Beaches is the name commonly given to this speech Sir Winston Churchill delivered
to the House of Commons on June 4, 1940. The second of three major speeches given around the period of
the Battle of France, with the others designated as the Blood, Toil, Tears, and Sweat Speech of 13 May,
and the This was Their Finest Hour speech of 18 June. In this speech, Churchill had to describe a great
military disaster, and warn of an immanent invasion attempt by Nazi Germany.
While also maintaining public confidence in the face of a potential French surrender.

 

WE SHALL NEVER SURRENDER speech by Winston Churchill (We Shall Fight on the Beaches)

Winston Churchill Speeches  2017/06/03 に公開

“We Shall Fight on the Beaches” or “We Shall Never Surrender” is a famous historic speech

delivered by Winston Churchill to the House of Commons of the Parliament of the United

Kingdom on June 4, 1940.

 

Churchill reflected on the disaster in France and rallied the British nation with his unshaken

determination:

 

We shall go on to the end. We shall fight in France, we shall fight on the seas and oceans,

we shall fight with growing confidence and growing strength in the air, we shall defend our island,

whatever the cost may be. We shall fight on the beaches, we shall fight on the landing grounds,

we shall fight in the fields and in the streets, we shall fight in the hills;

 

we shall never surrender! “We Shall Never Surrender” was the second of three major speeches

given around the period of the Battle of France (the others two being “Blood, toil, tears, and sweat”

speech of 13 May, and “This was their finest hour” speech of 18 June). Events developed dramatically

over the five-week period, and although broadly similar in themes, each speech  addressed a

different military and diplomatic context.

he Nation Mourns (1965)  British Pathé  視聴回数 7.8万 回

Secrets of Leadership: Churchill Dr Alan Brown  2014/11/14 に公開

Comments are welcome if they fully engage with the film’s arguments.

聖ジョージ・スクール

1884年のチャーチル

1882年、8歳を目前にしたチャーチルは、父の決定でバークシャー州アスコットの聖ジョージ・スクールに入学した。

チャーチルは落ちこぼれだった。成績は全教科で最下位、体力もなく、遊びも得意なわけではなく、クラスメイト

からも嫌われているという問題児で、校長からもよく鞭打ちに処された。チャーチル自身もこの学校には良い思い

出がなく、悲惨な生活をさせられたと回顧している。

 

1884年夏、乳母がチャーチルの身体に鞭で打たれた跡を見つけて、母ジャネットの判断で退学した。アメリカ人

である母はイギリス上流階級のサディスティックな教育方法に慣れておらず、鞭打ちのような教育方法を

嫌悪していたという。

 

ブライトン寄宿学校

つづいてブライトンにある名もなき寄宿学校に入学した。この学校は聖ジョージ・スクールと比べれば居心地

が良かったらしく、「そこには私がこれまでの学校生活で味わったことのない、親切と共感があった。」

と回顧している。その頃には父ランドルフ卿が保守党の中でも著名な政治家の一人になっていたので、

その七光りでチヤホヤされるようになったことも影響しているとされる。チャーチルは巷で自分の父が

グラッドストン首相のライバル」などと大政治家視されているのを聞いて嬉しくなり、この頃から

政治に関心を持つようになった。学校でも「ノンポリはバカなのだろう」などと公言していた。

成績は、品行はクラス最低だが、英語、古典、図画、フランス語はクラスで7番目から8番目ぐらいだった。

乗馬水泳に熱中し、作文にも関心をもった。

 

父ランドルフ卿は1886年成立のソールズベリー侯爵内閣で大蔵大臣庶民院院内総務に就任し、

次期首相の地位を固めた。ところが同年のうちにソールズベリー侯爵に見限られる形で辞職、

事実上失脚することとなった。

 

Churchill: The Forgotten Years, 1945-65

Dr Alan Brown 2016/03/04 に公開
A superb documentary covering the last two decades of Winston Churchill’s
extraordinary life.
It focuses on his astonishing defeat in the 1945 election, his political recovery
at Fulton, Missouri, and then his political victory in 1951 when he again became
Prime Minister.
Presented by the ever-excellent Professor David Reynolds, it is first-class
material for students of the man and the period. Uploaded for educational
purposes only.
Comments are welcome, but any offensive or aggressive assertions will be
immediately deleted.

ウィンストン・チャーチル

Winston Churchill
Sir Winston Churchill - 19086236948.jpg

チャーチル(1941年ユーサフ・カーシュ撮影)
生年月日 1874年11月30日
出生地 イギリスの旗イギリスウッドストックブレナム宮殿
没年月日 1965年1月24日(90歳没)
死没地 イギリスの旗イギリスロンドン
出身校 ハーロー校
サンドハースト王立陸軍士官学校
前職 軍人従軍記者
所属政党 保守党1900年1904年
自由党1904年1924年
保守党(1924年1964年
称号 ガーター勲章士(KG)
メリット勲章(OM)
枢密顧問官(PC)
王立協会フェロー(FRS)
コンパニオンズ・オブ・オーナー勲章英語版(CH)
州副知事(DL)
配偶者 クレメンティーン・チャーチル
親族 第7代マールバラ公爵ジョン(祖父)
ランドルフ卿(父)
ランドルフ英語版(長男)
サイン Sir Winston Churchill signature.svg

在任期間 1940年5月10日 – 1945年7月26日[1]
1951年10月26日 – 1955年4月5日[2]
国王
女王
ジョージ6世
エリザベス2世

内閣 アスキス内閣(自由党)
チェンバレン内閣(保守党)
在任期間 1911年10月23日 – 1915年5月26日[3]
1939年9月3日 – 1940年5月10日[3]

内閣 第2次ボールドウィン内閣(保守党)
在任期間 1924年11月6日 – 1929年6月4日[3]

内閣 アスキス内閣(自由党)
在任期間 1910年2月14日 – 1911年10月[1]

イギリスの旗庶民院議員
選挙区 オールダム選挙区英語版[4]
マンチェスター・ノース・ウェスト選挙区英語版[4]
ダンディー選挙区英語版[4]
エッピング選挙区英語版[4]
在任期間 1900年10月1日 – 1908年4月24日[4]

1908年5月9日 – 1922年11月15日[4]
1924年10月29日 – 1964年10月15日[4]


その他の職歴
イギリスの旗保守党党首
1940年10月9日 – 1955年4月5日[5]
イギリスの旗国防担当閣外大臣
1940年5月11日 – 1945年7月27日[6]
1951年10月28日 – 1952年3月1日[7]
イギリスの旗植民地大臣
1921年2月14日 – 1922年10月19日[6]
イギリスの旗戦争大臣英語版
1919年1月10日 – 1921年2月[3]
イギリスの旗航空大臣英語版
1919年1月10日 – 1921年2月13日[3]
イギリスの旗軍需大臣英語版
1917年7月17日 – 1919年1月10日[2]
イギリスの旗ランカスター公領担当大臣英語版
1915年5月28日 – 1915年11月11日[8]
イギリスの旗通商大臣英語版
1908年4月12日 – 1910年2月[6]
テンプレートを表示
ノーベル賞受賞者ノーベル賞
受賞年:1953年
受賞部門:ノーベル文学賞
受賞理由:歴史や伝記の記述の熟達のみならず、高揚した人間の価値についての雄弁な庇護者であること

 

出生[編集]

父・ランドルフ卿

母・ジャネット・ジェローム

ランドルフ・チャーチルは、第7代マールバラ公爵ジョン・ウィンストン・スペンサー=チャーチルの三男で[9]、1874年春にマールバラ公爵家の領地であるウッドストック選挙区から出馬して庶民院議員に初当選した保守党の政治家であった[10][11]。母ジャネット・ジェローム(愛称ジェニー)はアメリカ人投機家レナード・ジェロームの次女だった[12]。1873年8月12日にワイト島カウズ英語版に停泊したイギリス商船上のパーティーでジャネットとランドルフ卿は知り合い、3日後に婚約した。ランドルフ卿の父ははじめ身分が違うと反対していたが、ジェローム家が金持ちであることから結局了承し、二人は1874年4月にパリのイギリス大使館で結婚し[13][14]ロンドンで暮らした[15]

チャーチルが生まれた祖父の居城ブレナム宮殿

1874年11月30日午前1時30分頃、父母の長男がオックスフォードシャーウッドストックにあるマールバラ公爵家自邸のブレナム宮殿で生まれる[16][17][18]。この日は聖アンドリューの日であり、ブレナム宮殿でマールバラ公爵主催の舞踏会が予定されていた[17]。結婚して7カ月半で長男を儲けたのだった[15]。スペンサー=チャーチル家の伝統で代父(祖父レナード・ジェローム)の名前をミドルネームとしてもらい、ウィンストン・レナードと名付けられた[19](以下、チャーチルと表記)。

チャーチルは12月27日にブレナム宮殿内の礼拝堂で洗礼を受けた[20]。新年を迎えるとランドルフ卿一家はロンドンの自邸へ帰り、乳母エリザベス・エヴェレストが養育した[20][21]ヴィクトリア朝の上流階級では子供の養育は乳母に任せ、親と子供はほとんど関わりを持たず、時々顔を見るだけという関係であることが多かった。チャーチルの両親の場合、政界と社交界での活動が忙しかったので特にその傾向が強かった[22][23]

アイルランドでの幼少期

7歳の頃のチャーチル(アイルランド・ダブリン)

1876年にランドルフ卿は兄ブランドフォード侯爵ジョージ皇太子エドワード・アルバート(後の英国王エドワード7世)の愛人争いに首を突っ込んで、皇太子の不興を買い、皇太子から決闘を申し込まれるまでの事態となり、イギリス社交界における立場を失った[24][25][26]。仲裁した首相・保守党党首ベンジャミン・ディズレーリからほとぼりが冷めるまでイングランド外にいるよう勧められたランドルフ卿は、アイルランド総督に任命された父マールバラ公の秘書として妻や2歳の息子を伴って1877年1月9日アイルランドに赴任した[24][27][28]

アイルランドにおいては公爵夫妻はダブリンフェニックス・パークの総督官邸、ランドルフ卿一家はその近くのリトル・ラトラで暮らした[29]。チャーチルにとってアイルランドは「記憶している最初の場所」であったと回顧録で書いている[24]

アイルランドでも引き続き乳母エヴェレストが養育にあたっていた[29][30]。チャーチルは乳母を「ウーマニ」と呼んで慕い、8歳になるまで彼女の側から離れることはほとんどなかった[9][31][30]。チャーチルは後年まで彼女の写真を自室に飾り[32]、「思慮のないところに感情はない(他人に冷淡な者は知能が弱い)」という彼女の言葉を謹言にしたという[30]。またこの頃から家庭教師が付けられるようになったが、チャーチルは幼少期から勉強が嫌いだったという[33]1879年の大飢饉後、アイルランドの政治情勢は不穏になり、アイルランド独立を目指す秘密結社フェニアンの暴力活動が盛んになっていった。そのため乳母エヴェレストもチャーチルが総督の孫として狙われるのではと常に気を揉んだという[34][35]

1880年2月4日、弟ジョン・ストレンジがダブリンで生まれる。ランドルフ卿の子供はチャーチルとこのジョン・ストレンジの二人のみである[36][37]。チャーチルは基本的にこの弟と仲良く育った[38]。ただチャーチルが幼いころに集めていた1500個のおもちゃの兵隊で弟と遊ぶ時、白人兵士はチャーチルが独占し、弟にはわずかな黒人兵士しか与えなかったという。チャーチルは黒人兵士のおもちゃに小石をぶつけたり、溺れさせたりし、弟の黒人軍隊が蹴散らされて終わるというのがお約束だった[39]

この直後に1880年イギリス総選挙があり、ランドルフ卿もウッドストック選挙区から再選すべく、一家そろってイングランドに帰国し、再選を果たした[36]。しかし保守党は大敗し、ディズレーリ内閣は総辞職し、マールバラ公もアイルランド総督職を辞した[40][36]

学生生活

_______________________________________________________

成功は決定的ではなく、失敗は致命的ではない。大切なのは続ける勇気だ
Success is not final, failure is not fatal: it is the courage to continue that counts

 

 

悲観主義者はすべての好機の中に困難をみつけるが、楽観主義者はすべての困難の中に好機を見いだす
A pessimist sees the difficulty in every opportunity; an optimist sees the opportunity in every difficulty

 

 

勇気とは、起立して声に出すことである。勇気とはまた、着席して耳を傾けることでもある
Courage is what it takes to stand up and speak; courage is also what it takes to sit down and listen

 

 

成功とは、意欲を失わずに失敗に次ぐ失敗を繰り返すことである
Success is stumbling from failure to failure with no loss of enthusiasm

 

 

敵がいる?良いことだ。それは、人生の中で何かのために立ち上がったことがあるという証だ
You have enemies? Good. That means you’ve stood up for something, sometime in your life

 

もしも地獄の真っ只中にいるのなら、そのまま突き進むがいい
If you are going through hell, keep going

 

 

絶対に屈服してはならない。絶対に、絶対に、絶対に!
Never, never, never give in!

 

 

私が歴史を書くのだから、歴史は私に好意的だろう
History will be kind to me for I intend to write it

 

 

私は豚を好む。猫は人を見下し,犬は人を尊敬する。しかし,豚は自分と同等のものとして人の目を見つめる
I am fond of pigs. Dogs look up to us. Cats look down on us. Pigs treat us as equals

 

 

そうだよマダム、私は酔っ払ってるよ。しかし朝には私は酔いは覚めてシラフになるが、君は朝になっても不細工だ
I am drunk today madam, and tomorrow I shall be sober but you will still be ugly

全力を尽くすだけでは十分ではない。時には必要なことをやらなければ
It is not enough that we do our best; sometimes we must do what is required

過去を遠くまで振り返ることができれば、未来もそれだけ遠くまで見渡せるだろう
The farther backward you can look, the farther forward you are likely to see

あまりにも先を読みすぎるのは誤りである。運命の鎖の輪は一つずつ扱われねばならない
It is a mistake to try to look too far ahead. The chain of destiny can only be grasped one link at a time

人は得るもので生計を立て、与えるもので人生を築く
We make a living by what we get. We make a life by what we give

凧は風の力を借りたときではなく、風に立ち向かったときに最も高く飛び上がる
Kites rise highest against the wind, not with it

力や知性ではなく、地道な努力こそが能力を解き放つ鍵である
Continuous effort – not strength or intelligence – is the key to unlocking our potential

勇気がなければ、他のすべての資質は意味をなさない
Without courage, all other virtues lose their meaning

築き上げることは、多年の長く骨の折れる仕事である。破壊することは、たった一日の思慮なき行為で足る
To build may have to be the slow and laborious task of years. To destroy can be the thoughtless act of a single day

人生の最大の教訓は、愚か者でさえ正しいときがあるということを知ることだ
The greatest lesson in life is to know that even fools are right sometimes

危険が迫った時、背中を向けて逃げ出すようではだめだ。かえって危険が2倍になる。しかし、決然として立ち向かえば、危険は半分に減る。何事に出会っても決して逃げ出すな。決して!
One ought never to turn one’s back on a threatened danger and try to run away from it. If you do that, you will double the danger. But if you meet it promptly and without flinching, you will reduce the danger by half. Never run away from anything. Never!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です