★Stop Food Waste 食料廃棄ストップ。★Good Food Bank ★人間性回復 Denmark, Japan,USA 180401

食料廃棄をやめる工夫をすれば、世の中が明るくなる。

日本では年間約1,927万トンの食品廃棄物が排出されています。

その中にはまだ十分食べられるにもかかわらず廃棄されている

食品、いわゆる「食品ロス」が多く含まれています。

_______________________________________________

食品関連事業者からは約330万トン、一般家庭からは302万トン、

合計すると年間約632万トンもの食べ物が、まだ食べられる

にもかかわらず廃棄されています。

これは、世界全体の食料援助量(2014年、320万トン)の約2倍

に匹敵する量です。

_______________________________________________________

★ 困っている団体や組織は 当たってみることをお勧めします。

全国フードバンク推進協議会加盟団体が サポートしてくれます。(一番下に掲載)

_______________________________________

デンマーク首相もサポート。たった5年間で、

国内の食料廃棄を25%も減少させた“怒れる一般人女性”

BY  · 2017年3月17日

2050年。今から33年後には、世界人口は70億人から92億人まで増加すると言われている。(参照元:農林水産省

人口の増加に伴って、必然的に必要となってくるのが食料。33年間で現在より70%も増加させないと世界中の人の

お腹を満たすことはできない。

(参照元:Food and Agriculture Organization of the United Nations)しかし、世界中にはすでに飢饉で命を

落としている人々が存在する。現段階では食料は足りているにも関わらずだ。

 「30億人分もの食料」を捨ててしまっているから。全人類の生死に関わる「フードウェイスト(食品廃棄)」

という深刻な問題が世界中で起こっている現状に心を痛め、たった1人で立ち上がり国を変えた女性が

北欧デンマークに存在する。

Stop wasting food: Selina Juul at TEDxCopenhagen 2012

TEDx Talks

2012/10/04 に公開 チャンネル登録 1,167万

Consumers are the key players in reducing food waste. Within the last 4 years, the Danish Stop

Wasting Food movement (Stop Spild Af Mad) has grown from a small Facebook group to the

biggest Danish NGO against food waste, influencing the retailers as well as the politicians and

helping to put the topic on EU’s and UN’s agenda. Food has become a political tool for

changing the world. http://www.stopspildafmad.dk/

食べ物を平気で捨てていたデンマーク人

width=“100%"Pressefoto af Daniela De Lorenzo

 デンマークを変えた女性とは、セリーナ・ユール。フードウェイストに挑戦する、デンマーク最大の

NGO団体、Stop Wasting Food movement Denmarkの設立者だ。北欧デンマークといえば、食料廃棄問題に

力を入れているというイメージを持っている人も多いと思うが、それは彼女の努力があってこそ。

同団体が設立され、食料廃棄に対するムーブメントが始まってから5年の間に、国家全体でなんと25%も

食料廃棄が減ったそうだ。

 彼女は13歳の時に、ロシアのモスクワからデンマークに越してきた。当時ロシアは共産主義の崩壊に

より国の経済状態が非常に不安定で、セリーナはいつ食事にありつけるか分からない毎日を過ごしていた。

そんなロシアからデンマークに移り住み何よりも驚いたのは町中に溢れる食べ物の量だったという。

「食料不足が当たり前」だった彼女にとって、常に食事があるという事実は夢のようだった。しかし、

その中でさらに衝撃を受けたのが、食べ物を簡単に捨てるデンマーク人の存在。飢えを体験した

彼女には1ミリも理解ができなかったそうだ。

“食べ物を捨てるという行為には、リスペクトがないと思います。自然に、社会に、食べ物を

作った人に、動物に…そしてあなたの時間やお金にも。その食べ物を買ったあなたの時間も

お金も、捨てることであなたは全部無駄にしているのですから” 

(引用元:BBC Business News

 そんな想いをデンマークに移り住んで以来持ち続けていた彼女は、2008年に遂にNGOを立ち上げた。

とにかく動く。

width="100%"

 彼女がまず狙ったのがスーパー。デンマーク中に283店舗以上ある大型チェーンのスーパー

Rema 1000に直接交渉を行ったそうだ。スーパーでよく見かける「3個セットで割引」などの、

消費者に必要以上の購入を煽る割引をやめて代わりに個別商品の割引を勧めた。同スーパーで

毎日80本から100本近く売れ残りを捨てていたというバナナを「独り身だから連れてって!」

という札をつけ、一房で売り出したところ、90%も廃棄が減ったそうだ。

(参照元:BBC Business News )

 他にも食料廃棄を減らすためのキャンペーンの企画・運営やメディア、プレスへの呼びかけ、

そして議論やディベートの場を設けている。

width="100%"

  2010年以降これまでセリーナが執筆し、国内・国外問わず発信した記事はなんと150本以上。

(セリーナの記事を読みたい方はこちらから)とにかく「食料廃棄を止めよう!」という彼女の

姿勢に、政治家も有名人も心を動かされ、彼女の仲間は増えていく一方だ。

 彼女が立ち上げたStop Wasting Food movement Denmarkは2010年のヨーロッパの議会

と国際連合に提出された「2025年までに少なくとも50%の食料廃棄を削減せよ」という意図

の国際的提案書類『Joint Declaration Against Food Waste』に関わった団体のひとつで

もあり、政治的影響力も見せつけた。

 さらに、食べ残しを使ったレシピ本もセリーナの活動に共感したセレブリティシェフの力を

得て出版。205ヶ国以上から参加者が集まる権威あるGourmand World Cookbook Awardsで

2011年にベスト・サステイナブル・フード・ブック賞を受賞した。

____________________________________________________________________________

フードウェイストはあなたの問題。

フードウェイストというとコンビニから出るゴミやスーパーから出るゴミなど、「システムが

悪いから私にはどうしようもない」と思ってしまっている人もいるかもしれない。しかし、実際は個人

の責任が大きな部分を占める。事実、日本では国全体の食料廃棄の約半数は家庭から出ている。

(参照元:政府公報オンライン

 セリーナの偉業のひとつはデンマークの国民の意識変革を成し遂げたことだといえるだろう。

以下はStop Wasting Food movement Denmarkが掲げるフードウェイストの定義である。

____________________________________________________________________

フードウェイストとは

① フードウェイストとは、まだ食べられる食べ物を捨てることです。

② フードウェイストとは、必要以上の食べ物を買うことです。

③ フードウェイストとは、見た目がちょっと悪いからといって食べれる

  果物を選ばないことです。

_______________________________________________

 

④ フードウェイストとは、テーブルの上に長時間置いてあったからと

  いって食べ物を捨てることです。

 

⑤ フードウェイストとは、古い食べ物を冷蔵庫の奥に追いやり、新

  しいものを手前に置くことです。

 

⑥ フードウェイストとは、すでに冷凍保存しているものを使わずに

  次々と新しい食べ物を冷蔵保存することです。

_______________________________________________

 

⑦ フードウェイストとは、パッケージを捨てるついでに一緒に

  少し余った食べ物も捨てることです。

 

⑧ フードウェイストとは、レタスやキャベツやたまねぎの

  一番外側の部分を捨てることです。

 

⑨ フードウェイストとはレシピに載っている必要な分

  だけ食材から使って、あとは捨てることです。

_____________________________________________________________

⑩ フードウェイストとは、だしをとるためだけに肉や野菜を

  調理し、あとは捨てることです。

___________________________________________________________________________________

 ★ 感動的な映像を見つけた。確かに 皆 内面は 同じだ。

   見かけはみな違うが。日本でもやってみたい。デンマークと

   同じように感動するに違いない。 Don’t Put People in Boxes

 Newhope Church 2017/05/22 に公開

proves that we have a lot more in common than we think and we should keep that in mind when we encounter

anyone who might seem different than we are.

______________________________________________________________

フードウェイストを消費者ならではの視点で「自分ごと」にし、国民の意識を変えたのが彼女であり、

それさえ成功さえすればあとは国民同士が高め合い、国全体は向上していく一方なのだ。

「たった一人の消費者」が社会を変える。

 2012年のTEDx Talksでセリーナは、「たった一人の人間」が国を変えられるという

ことを教えてくれた。

“私はただの消費者ですが、「怒れる」消費者です。…今では首相も含め何千人にもの人

が私たちをサポートしてくれています。これまでたくさんの食事をホームレスの人に

届けました。EUのアジェンダに食料廃棄解決を掲げられるのに私たち団体が影響を

与えました。

国際連合の食料廃棄に関する記事でも私たちの活動が言及されました。

でも、私たちはただの一般人です。ただの消費者です。誰にやらされているわけ

でもありません。この問題に愛を持っているから行動しているだけなのです。

デンマークの最大級のスーパーRema 1000の全店舗で個別の商品に割引をつけて

もらえるようになった…これが消費者の力です。これが普通の人ができることです。

みなさん、これはあなたにもできることなのです”

(引用元:TEDx Talks

 大きな問題を目の前にすると、「自分一人に何ができるか」と誰もが疑問を一度は

もってしまうだろう。しかし、とにかくアクションを起こし、声をあげることで、

共感をしてくれる人たちが力になってくれる。一人で始めたこともいつのまにか、

国までをも動かすほどの影響力を持ち、社会を変えることが可能だとセリーナは教えて

くれたのではないだろうか。

 

width="100%"

 

 All photos by Stop Wasting Food Denmark
Text by Noemi Minami
ーBe inspired!
_____________________________________________________​

Copyright © 2016 foodbankalljapan, All Rights Reserved.

フードバンクとは

フードバンクは、アメリカでは1967年に開始され現在では200以上

のフードバンク団体が活動しています。また、フランスでは1984年

に開始され現在では100近くのフードバンク団体が活動しています。

他にも、カナダ、イギリス、オーストラリアなど世界中の様々な

国でフードバンク活動がおこなわれています。

日本では2000年以降フードバンクが設立され始めましたが、

フードバンク活動の背景となる「食品ロスの問題」「貧困問題」

への認識が十分に浸透していないこともあり、まだ活動が十分に

認知されているとは言い難い状況にあります。

 

フードバンクとは、安全に食べられるのに包装の破損や過剰在庫、

印字ミスなどの理由で、流通に出すことができない食品を企業

などから寄贈していただき、必要としている施設や団体、困窮世帯

に無償で提供する活動です。

_________________________________________________________________

フードバンク活動全体像

『3分の1ルール』とは

メーカーから卸売り業者を通じて小売業者に納入されるまでの期限は、製造日から賞味期限

までの期間の3分の1までとするルール。また、販売期限は製造日から賞味期限までの期限の

3分の2までとされ、その期間を過ぎると賞味期限内であっても店頭から撤去され、

返品や廃棄されるのが一般的です。

海外でもこのような納品期限は存在していますが、たとえば、米国では2分の1、フランス、イタリア、

ベルギーは3分の2、英国では4分の3となっており、日本の3分の1は国際的に見ても短いと言えます。

_______________________________________________________________________

行政との連携

フードバンク活動を推進する上で、行政との連携は欠かせません。寄贈を受けた食品の提供先には様々

な施設がありますが、それらの施設に入っていないシングルマザーや子供、高齢者などの世帯もいます。

地域の中で孤立し、見えにくい困窮世帯を支援するには、行政との連携が必要不可欠です。また、

フードドライブ活動などをおこなう際も、行政と連携していることでより円滑かつ広範に活動を

進めることができるようになります。

_______________________________________________________________________

地域住民との連携

食品の寄贈は、食品を取り扱う企業からだけではありません。フードバンク活動

では、広く一般家庭からも食品の提供を呼び掛けています。

その活動の一つに「フードドライブ」があります。フードドライブの「ドライブ」

は活動や運動という意味であり、food(たべもの)、drive(運動)で、「食べ物を

集める運動」という意味になります。

 

フードドライブは各地域のフードバンク団体が行政窓口や公共施設、NPO法人、

社会福祉協議会などの事務所に食品の回収BOXを設置し、実施しています。

全国フードバンク推進協議会では全国フードドライブキャンペーンの呼び掛け

やノウハウ支援などを行っています。

何故こんなに多くの「食品ロス」が排出されるのでしょうか。その原因は様々ですが、
「日本の食品流通業界の商習慣である「3分の1ルール」も要因の一つとされています。 

「いただきます。」その声を聴く前に捨てられる食品 -年間約632万トンー

日本では年間約1,927万トンの食品廃棄物が排出されています。その中にはまだ十分食べられる

にもかかわらず廃棄されている食品、いわゆる「食品ロス」が多く含まれています。

食品関連事業者からは約330万トン、一般家庭からは302万トン、合計すると

年間約632万トンもの食べ物が、まだ食べられるにもかかわらず廃棄されています。

これは、世界全体の食料援助量(2014年、320万トン)の約2倍に匹敵する量です。

_________________________________________________________

貧困世帯で暮らしている子どもの数 ー6人に1人ー

日本は、OECD諸国の平均と比べて「相対貧困率」が高くなっています。相対的貧困率は、

国民全体の所得の「中央値」に対してその半分に満たない所得の世帯人数の割合を示す

数値で、所得格差の大きさを表すと言われています。

貧困率は地域によっても差がありますが、貧困率の高い地域の貧困率が下がらない

だけでなく、貧困率が低かった地域の貧困率の上昇率も高まっています。

 

Race & Privilege: A Social Experiment | Regardless Of Race | CNA Insider

視聴回数 202,692 回CNA Insider 2016/08/13 に公開

We say the words, “Regardless of race, language or religion.” But majority privilege may be ore real

in Singapore‬ than some would like to think. Watch what happens in this experiment – and how

participants react. Catch ‪#”Regardless Of Race‬”, which explores issues of prejudice, on Monday,

Aug 15, 8pm on Channel NewsAsia.

_______________________________________________

このように、貧困率は「高位平準化」され地域を問わない課題となりつつあります。

また、以下に示す一例のように、 3分の1ルールだけでなく消費者の安全性を求める

声を過剰に意識した結果、食品が大量に廃棄されてしまうケースも発生しています。

フードバンク団体は、活動を通じてこのような経緯で発生する食品の有効活用を

おこなうことで、食品ロスの削減に貢献しています。

このように、日本の貧困問題は年々深刻となりつつあり、貧困世帯で暮らす17歳以下

の子どもは全国で300万人余りに上り、子どもの6人に1人の割合となっています。

6人に1人の子どもが親の収入が少ないことが理由で、あって当たり前のものが

貰えなかったり、経験する機会を奪われてしまっています。こうした環境は中長期的

には「貧困の連鎖」を生み出すことが危惧されます。

TRUMP’S FOOD STAMP FOOD BOX – BRILLIANT STRATEGY

視聴回数 82,443 回  Black Political Buzz  2018/02/14 に公開

FOOD BOXES WILL PREVENT ILLEGAL IMMIGRANTS & FOOD STAMP CARD

FRAUDSTERS FROM ABUSING SNAP SYSTEM. PROVIDING POOR FAMILIES

WITH FULLY STOCKED, NUTRITIONAL

FOOD BOXES INSTEAD OF FOOD STAMP CARDS WHICH CAN BE SOLD

FOR CASH.

 

DEMOCRATS SHOULD STOP POLITICIZING THIS IDEA AND CARE MORE

ABOUT HUNGRY CHILDREN NOT BEING FED BECAUSE PARENTS ARE

SELLING FOOD STAMPS.

RAISE THE MINIMUM WAGE FOR LOW INCOME WORKERS. Post Sources:

Washington Post, CNBC ****Trump wants to slash food stamps and replace

them with a ‘Blue Apron-type program’ The Trump administration

wants to slash food aid to low-income families and make up the difference

with a box of canned goods

— a change that Office of Management and budget director Mick Mulvaney

described in a Monday briefing as a “Blue Apron-type program.” “What we

do is propose that for folks who are on food stamps, part —

not all, part — of their benefits come in the actual sort of, and I don’t

want to steal somebody’s copyright,

but a Blue Apron-type program where you actually receive the food instead

of receive the cash,” Mulvaney said.

“It lowers the cost to us because we can buy [at wholesale prices] whereas

they have to buy it at retail.

 

It also makes sure they’re getting nutritious food. So we’re pretty excited

about that.” Mulvaney’s remarks drew raised eyebrows from some critics,

who accuse the Trump administration official of drawing an unfair compa

rison between the food stamp program, which delivers an average of $1.37 per

meal to America’s poorest, and a high-end meal kit that runs $10 per serving.

On Monday, the Trump administration proposed cutting food stamps,

formally known as the Supplemental Nutrition Assistance Program,

by $17 billion in 2019 and more than $213 billion over the next decade.

 _____________________________________________________________

 

経済的に困窮して日々の生活に困る世帯も多く、学習塾などの教育費用の捻出は更に

困難で、十分な教育の機会が得られているとは限りません。このように、親の収入や

就業状況が子どもの学力に影響し、その子どもの将来にも大きく影響しています。

子どもの貧困の解決にはこのような親の世代から続く貧困の連鎖を断ち切る必要があります。

政府も平成26年8月に「子供の貧困対策に関する大綱」を閣議決定し、貧困対策に取り組み

始めています。大綱の中では「教育の支援」の他にも「生活の支援」などが掲げられています。

フードバンク団体は、子どもや保護者の食生活への支援を通じて貧困対策に貢献しています。

_________________________________________________

フードバンク団体の主なアプローチ

子どもの成長への支援

フードバンク活動は、いま目の前にある「食品ロス」「貧困」の解決に取り組んでいる

だけではありません。一人でも多くの子どもが健康で活き活きした大人になることを

支援したい、そんな将来の日本のための活動でもあります。

フードバンク活動は、貧困で十分な食事をとることができない貧困世帯の子供への

食料支援を通じて子ども達の成長を支援しています。

 

食品ロス

出典:「食品ロスの削減に向けて ~食べものに、もったいないを、もういちど。~」

農林水産省 平成28年6月 を基に作成

出典:平成25年「国民生活基礎調査」厚生労働省 を基に作成

出典:戸室健作「資料紹介 都道府県別の貧困率、ワーキングプア率、子どもの貧困率、

捕捉率の検討」山形大学人文学部研究年報 第13号(2016.3)P33-53を基に作成

出典:平成25年「国民生活基礎調査」厚生労働省 を基に作成

「相対的貧困率」の推移

都道府県別貧困率上位/下位10地域における貧困率の推移

「子どもの貧困率」の推移

出典:「食品ロスの削減に向けて ~食べものに、もったいないを、もういちど。~」農林水産省 平成28年6月

★貧困問題★

①包装破損

②印字ミス

③過剰在庫

​④規格外品

食品の製造・流通の過程や販売段階で、過失により包装が破損するなどして

商品として販売することが難しくなった食品。

季節性の高い商品や、需要の見誤りなどによって過剰に仕入れた商品など、

在庫として抱えても販売が困難なことが想定される食品。

規格外で流通に出すことができない生鮮食品。

印字内容に誤りがあったり不鮮明であるなどして、法的に必要な記載事項

が不足しているため、店頭に出すことができなくなった食品。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です