亜臨界水反応装置 Mリサイクルマシーンとは なにか? 180209(金)

東京原宿TV インタビュー  SHONAN8KANKYO

2017/03/14 に公開  MRM亜臨界水反応装置 東京原宿TVインタビュー

亜臨界水反応を用いた下水汚泥再資源化処理の公開実証

視聴回数 2,090 回  SHONAN8KANKYO 2011/04/07 に公開
チャンネル登録 34
G-8 INTERNATIONAL TRADTNは、亜臨界水反応を用いて下水汚泥などの有機系庭棄物を再資源化する装置「Mリサイクルマシーン」(MRM)の製品化の目途がついたとして、1月13日、神奈川県綾瀬市の㈱森鉄工所本社工場で下水道関係者などに向けたデモンストレーションを実施した。会場には国土交通省下水道部のほか下水道公社や関連メーカーなどから50名を超す見学者があり、関心の高さを表していた。

亜臨界水反応装置Mリサイクルマシーンで下水道汚泥を処理する

視聴回数 3,718 回   SHONAN8KANKYO  2011/04/07 に公開
チャンネル登録 34
亜臨界水反応を用いて下水汚泥などの有機系庭棄物を再資源化する装置「亜臨界水反応装置Mリサイクルマシーンで下水道汚泥を処理する」 高温・高圧化の「水」に曝されることで、澱粉やたんぱく質などはそれぞれブドウ糖やアミノ酸に分解され、固形分が液状化される。また、環境汚染物質を分解し、無害化することもできる。 重金属類については珪酸質や石灰の存在下で結晶無害化処理が可能であるため、下水汚泥を肥料化する際の大きな課題であった重金属の問題も解決できる

亜臨界水で 医療産業廃棄物と同時に、牛骨を処理

視聴回数 10,044 回   SHONAN8KANKYO  2009/11/12 に公開
チャンネル登録 34
亜臨界水反応装置Mリサイクルマシーンでで牛骨を処理すると
https://youtu.be/kVnUJ6wEgso?t=3

亜臨界水反応装置Mリサイクルマシーン

視聴回数 2,071 回   SHONAN8KANKYO  2009/11/12 に公開
チャンネル登録 34
G-8 INTERNATIONAL TRADING株式会社が扱う亜臨界水反応装置Mリサイクルマシーンで様々な廃棄物を同時に処理してみました

 

亜臨界水反応資源再生装置 Mリサイクルマシーン

視聴回数 83 回   G8 INTERNATIONAL TRADING TV 2017/10/24 に公開
チャンネル登録 10
MRMは、可燃性廃棄物を煮熟釜(圧力容器)に入れ高温高圧の蒸気で処理する未来型亜臨界水反応装置です。 焼却工程が無い事から二酸化炭素やダイオキシン、亜酸化窒素の発生が無く、 密閉して処理するために悪臭の発生も無い為、地球温暖化対策や環境問題の解消にも有効です。 処理済み製品は無菌状態で、残留ダイオキシンや重金属は国の安全基準値以下です。 地球温暖化・地球環境に貢献する   一般廃棄物だけでなく有機性汚泥・発泡スチロール・シュレッダーダスト・農業用ビニール・焼却灰まで、全ての可燃性廃棄物を再利用出来ます。

M recycling machine / MRM亜臨界水反応資源再生装置(English)視聴 157 回

2017/10/21 に公開

チャンネル登録 10
MRM is future type of Sub-Critical Water Reaction equipment treating by steam at high pressure and high temperature after placing flammable waste in a cooker (pressure container). No dioxin or nitrous oxide is generated in this equipment, which is because no burning process is installed. Also this treatment is carried out in sealed condition, so that bad smell is not generated. Therefore MRM is good for the measures of global warming and removal of environmental problems. Treatment finished products are kept in germ-free state and dioxin residue levels and heavy metal are below the value of Safety Standards stipulated by Japanese regulation.
https://youtu.be/-BynMi2IJoM?t=5

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です