Unconditional Basic Income & Direct Democracy Bruno Kaufmann&Enno Schmidt

What would you do if you were provided with an unconditional basic income that covered the costs of your necessities?
Enno Schmidt discusses the possibilities, and explains how rethinking income distribution is not only necessary in our developing digital economy but also the next giant step in human history.
Interviewed by TEDxBasel’s curator, Hayes Ford The intro animation was produced as a collaboration between TEDxBasel and the Hochschule Luzern.
The video was created by Bianca Caderas, Helen Bosand and Zea Schaad. Find out more about this event and the other ideas that were shared at http://www.tedxbasel.com/ Enno Schmidt is an artist, filmmaker, author and spokesman.
He is a founder of the people’s initiative for an unconditional basic income in Switzerland (vote on June 5th), and co-founder and managing director of the Enterprise Economy and Art – Expands. A graduate of the Academy of Fine Arts in Frankfurt am Main in Germany, he lives in Basel.
Favourite quote: “He who wants something finds a way. He who doesn’t, finds a reason”, Götz W. Werner, entrepreneur This talk was given at a TEDx event using the TED conference format but independently organized by a local community. Learn more at http://ted.com/tedx

Democracy and the power of dialogue. Why we should become happy losers. | Bruno Kaufmann | TEDxReus  TEDx Talks 2015/12/15 チャンネル登録 1,135万

Democracy is the political model of reference in the world, the result of several political and social achievements of people. It’s a system established only in a few countries, while most nations are struggling to overcome many difficulties that prevent them from implementing democracies with all guarantees. In this context, is it possible to deepen democratic participation? Is it possible to move the world by grating more power to people? __________________________________________________________
La democràcia és el model polític de referència al món, fruit de les conquestes polítiques i socials de les persones. És un sistema consolidat en pocs països del món, mentre la majoria de nacions malden per superar moltes dificultats per implantar-se amb totes les garanties. En aquest context és possible un aprofundiment de la participació democràtica? És possible moure el món traslladant més poder de decisió al poble?
Bruno Kaufmann va was born in Switzerland in 1965. He studied Political Science, Eastern Europe History and Nordic Languages. Kaufmann has also a post graduate degree on Conflict Development from the University of Göteborg and a PhD on Transnational and Global Democracy from the Universities of Cambdrige and Hawaii. After some time working with the NGO “Berne Declaration”, he became the coordinator of a network of European citizens preparing a “transnational constitution on democratic rights”. Ten years later he was appointed the first director of the “Initiative & Referendum Institute Europe.” Kaufmann is very active internationally, holding the positions of co-founder and co-chairman of the “Global Forum on Modern Direct Democracy.” He is also the editor in chief of the initiative “people2power.info” This talk was given at a TEDx event using the TED conference format but independently organized by a local community. Learn more at http://ted.com/tedx

【Pirate TV】世界の直接民主の伝道師 ブルーノ・カウフマン氏blueno kaufumanとの懇親会 2017年11月7日放送  日本海賊TV 2017/11/06  チャンネル登録 1,399

日時:10月31日(火) 14:0015:30 場所:衆議院第一議員会館 第3面談室 ブルーノ・カウフマン氏・プロフィール 1965年スイス生まれ。スイスとスウェーデン国籍。既婚。2人の娘の父。 スウェーデン・ファールン市の選挙管理委員会会長。
デモクラシー・インターナショナル(democracy- international.org)、ヨーロッパ・イニシアチブ・レファレンダム協会(iri-europe.org)、ダイレクト・デモクラシー・ナビゲーター(direct democracy navigator)、グローバル・フォーラム・オン・モダン・ダイレクト・デモクラシー(スイス・デモクラシー・フォーラム)等の
イェーテボリ大学で政治学の修士号を取得、積極的な市民権、参加型民主主義、国境を越えた民主化等で多くの書籍や記事を発表している。23カ国語で利用可能な積極的な市民権へのヨーロッパ・パスポート 企画・司会 佐々木重人(株式会社エフエルエス 代表取締役、元民主党 秋田県第2区総支部長)



   RENA MASUYAMA  2017/02/06 に公開

チャンネル登録 1,548
2016年9月から始まった、増山れなと天野統康の「民主主義緊急事態宣言」 現在の日本と世界の民主主義の危機とその原因を解説していきます。 1月28日に日野駅前の喫茶コロラドで収録した動画をアップしました。 今回は、ゲストに作家の安部芳裕さん、佐々木重人さんをお迎えして スイスの直接民主制を中心に語りました。 佐々木重人×安部芳裕×天野統康×増山れな スイスでは10万票署名を集めればどんな議題も国民投票で真意を国民に問うことができる (直接民主制) ⬇ ●ベーシックインカム(すべての国民が無条件で生活するためのお金を国からもらえる制度)の国民投票が昨年六月に行われた。実行したのは数百人の組織的背景のない市民団体。 投票した人のうち5割以上が賛成なら、憲法にその条文を掲載し、連邦議会で具体化を議論しなければならない。 ⬇ ●結果は23%で否決、否決はされたものの、EU 周辺に大きな影響を与える。 例えば ★イギリス野党第一党労働党がベーシックインカムを公約にいれる ★ドイツにベーシックインカム党ができる ★フィンランドでは2000人へベーシックインカムの実験が今年スタート ★フランス大統領選挙でも、フランス社会党のブノワ・アモン候補がベーシックインカムを公約に掲げて注目を浴びる ⬇ スイスでは2018年民間銀行の信用創造(借金の依頼を受けると通帳に数字を印字して、お金を利子つきで生み出すこと) を問う国民投票が行われる。 ⬇ 天野統康さんや、安部芳裕さん、佐々木重人さんが10年前から、訴えていた問題 言う度に「陰謀」といわれて笑われていたこと ケネディが政府紙幣を発行したとたんに、暗殺された、最大のタブーとされていたことが、国民投票で問われる。 ⬇ もう 陰謀論でも タブーでもない スイス発の 貨幣改革 すごいことだ ちなみにベーシックインカム急務だと各国が急いでいる背景には 人工知能による仕事はく奪という切羽詰まった現実が https://www.buzzfeed.com/sakimizoroki… (バーゼルは国際金融資本の拠点であり、このアクションも含めて支配者の仕掛けではという意見も出ました) 画家・ジャーナリストの増山麗奈のチャンネルです。 エネルギーや原発、核廃棄物、再生可能エネルギーについて 取材撮影の模様や 現代アートや美術評論について動画を発表していきます。 民主主義緊急事態宣言への寄付・支援のお願い 民主主義緊急事態宣言では、真の民主社会を創るために必要な 情報発信を行っています。


メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です