Micro Plastic~how to solve !!

Boyan Slat: How we will rid the oceans of plastic (May 2017)

視聴回数 177,522 回  TheOceanCleanup 2017/05/14 に公開
★ 海のプラスチック処理と言えば いつも この青年を思い出す。このような少年が考えて 大きな成果を生んだ。TEDにも何回も出ている。日本の若者も 後に続くと思う。★私たちも 間違いなく マイクロプラスティックを食べていると思う。それを食べた小魚や動物などを通じて。
しっかり見てみよう。海を漂うマイクロプラスティックを取り上げたのは 久しぶりだ。まだ 解決の糸口も ほんの少ししか見つかっていない。
_______________________________
チャンネル登録 1.6万
On May 11th 2017, Boyan Slat, Founder and CEO of The Ocean Cleanup, the Dutch foundation developing advanced technologies to rid the oceans of plastic, announced a design breakthrough allowing for the cleanup of half the Great Pacific Garbage Patch in just 5 years.
The main idea behind The Ocean Cleanup is to let the ocean currents do the work. An installation of U-shaped screens channels floating plastic to a central point. The concentrated plastic can then be extracted and shipped to shore for recycling into durable products. The improvements involve the introduction of a mobile, or drifting system.
Rather than fixing the floating screens to the seabed at great depths, The Ocean Cleanup will apply sea anchors to ensure the floating screens move slower than the plastic. Rather than one massive barrier, the improved, modular cleanup system consists of a fleet of screens. More information: http://www.theoceancleanup.com

 

The 20-Year-Old With a Plan to Rid the Sea of Plastic

視聴回数 1,008,906 回  Motherboard  2014/09/24 に公開
チャンネル登録 92.7万
Subscribe to MOTHERBOARD: http://bit.ly/Subscribe-To-MOTHERBOARD Boyan Slat’s story is not quite that of a 20-year-old Wunderkind who magically found a potential fix to a longstanding problem.
It’s perhaps more accurately described as a combination of personal dedication and trial and error. When going through his old prototypes for a technology that would passively scrub oceans of plastic, he’s almost embarrassed of his early concepts.
“But that’s what science is really,” Slat said. “It’s a work in progress.” The crowdfunding campaign behind Slat’s Ocean Cleanup Project was announced with strong bidding, no matter: “With two million dollars we can make a theoretical concept come true.
” With just two days left in his campaign, Slat successfully collected the funding for his project, bringing him one step closer to realizing a vision of plastic-free oceans.
Read more on MOTHERBOARD: http://bit.ly/Ocean-Clean-Up-Kid Read Now: Welcome to Garbage Patch State – http://bit.ly/Y7Xmv5 Click to watch “Garbage Island” on VICE: http://bit.ly/1DxzpOz

 

Recycling our packaging 視聴回数

60,794 回   LUSH      2011/09/04 に公開

________________________________
チャンネル登録 16万
We prefer our products to be unwrapped, they love being naked. When we do decide to wrap them up we want to know that our packaging is having as little effect on the planet as possible.
So not only do we insist on 100% recycled plastic in our pots and bottles, but we have also worked hard on a facility to help you to bring back your used pots to be made into pots once again.
It’s as simple as scrubbing them clean and popping them to your local store where they are whisked back to the factory at Poole. Once there our supplier helpfully grinds them up and makes them into brand new pots again, it doesn’t get much more closed loop than that.

 

 

「プラスチックは、魚のジャンクフード」欧研究チームが指摘    TomoNews Japan  2016/06/21 に公開

チャンネル登録 32.9万
マイクロプラスチックを食べてしまう魚が世界中で急増し、海洋生物のみならず、人類にも脅威を与えている、欧州の研究チームが明らかにした。
専門家は、バスルームや洗面所から海に流れ込んだ「マイクロビーズ」と呼ばれるプラスチック粒子の危険性について指摘している。さて、マイクロビーズとは一体どんなものなのだろうか。
____________________________________________________________

 

2016/06/22 に公開

チャンネル登録 48
日本近海のマイクロプラスチック 世界平均の27倍 2015年12月8日 5時50分 海の生態系への影響が懸念されている大きさが5ミリ以下の微細なプラスチ
ックのごみ「マイクロプラスチック」の海水中の密度が、日本の近海では、これまでに調査が行われた世界各地の平均と比べて 27倍高くなっていることが、九州大学の研究で分かりました。
プラスチックごみのうち、細かく砕けて大きさが5ミリ以下になったものは「マイクロプラスチック」と呼ばれ、表面に有害物質が付着しやすい特徴があるため、魚などが体内に取り込むと生態系に 影響を及ぼすおそれがあると指摘されています。
九州大学の東アジア海洋大気環境研究センターのグループは、去年7月から9月にかけて日本の近海の合わせて56か所で海水を採取し、その中に含まれるマイクロプラスチックの密度を調べました。
その結果、日本近海の平均は1平方キロメートル当たり172万粒となり、これまでに欧米の研究チームが世界各地で調査した合わせて680か所の平均と比べて27倍高いことが分かりました。
この結果について、グループでは、世界各地で懸念されているマイクロプラスチックの汚染が、日本の近海でより早く進むおそれが分かったとして、今後、重点的に生態系に影響を与えていないか調査を進める必要があるとしています。
グループの磯辺篤彦教授は「海の汚染には国境がなく、東アジアの各国が共同でこの問題に向き合い、プラスチックの排出を防ぐ対策を考えていく必要がある」と話しています。

2016/10/04 に公開
チャンネル登録 14.3万
今、プラスチックによる海洋汚染が、環境への深刻な問題となっています。私たちが日常で使っているペットボトルやレジ袋など、ゴミとなったプラスチックが海に運ばれて滞留し、波や紫外線の力によって長い時間をかけて
細かく粉砕され、海洋環境中に広く循環しているのです。そしていま、そのことによる生物への思わぬ影響が心配されています。
出演者名・所属機関名および協力機関名 綿貫豊(北海道大学水産科学院 教授) 高田秀重(東京農工大学 農学部 環境資源科学科 教授)

2017/08/02 に公開

チャンネル登録 1,300
「マイクロプラスチック」と呼ばれる直径5ミリにも満たない小さなプラスチックごみ。 海を浮遊する“マイクロプラスチック”は、海水中の油に溶けやすいPCBなどの有害物質を吸着させる性質があります。
魚などが食べ、その魚を人が食べることでマイクロプラスチックに付着した濃縮された有害物質が体内に運ばれることが懸念されています。
2016年5月、富山市で開かれたG7の富山環境大臣会合でも議題になったこの問題…富山湾で調査を行うNPEC環日本海環境協力センターの活動と合わせてご紹介します。
_______________________________________________________________________

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です