日本陸軍司政官。The then Japan Army Commander in Malaysia

s-日下公人① 23794912_1780236768652974_5019433591487493925_n s-日下公人 ② 23658898_1780236791986305_3570299880838311909_n

未だに呪縛されているWar Guilt Information Program。 この映像を
幾つか みれば 呪縛が、少しづつ、とけて行くと確信します。

日本人の敵は 日本人?? しっかり認識しよう。もう一度 考えて
見よう。 日下公人さんのお話は 説得力に満ちている。

日本国旗を嫌う人たち。自分の国の国旗を嫌うのは 世界中で
日本だけだ。 トラウマになっているのは 

    ★ War Guilt Information Programの仕業だ!!★

アメリカは 平和憲法ではない。だけど 日本に押し付けた。
そのアメリカは、世界の警察!毎日のように他国で爆弾を落としている。 

で、他国に平和憲法を押し付け 未だに 日本は 植民地の状態が続く。
いい悪いは 別として 事実は そうだ。

そろそろ目覚めよう!!

私たちの世代は 小学校時代から 先生たちの教育で 日本国旗を
掲揚したり、国歌を歌う時 先生の顔色を窺っていた。

で、トラウマがある。 ところで、未だに そうなのだろうか??

リベラル系の人達に国旗が嫌いな人が、多いのは やはりトラウマが
あるのだろうか いまだに 先生に気兼している??

 

__________________________________________________

 

★ 日下公人先生のご本の中で、こんなページを見つけた。初めてお聴きした私たちの父親世代

の心意気。このような事実があったとは! 嬉しくなった。断片的に第2次世界大戦のことは

「アパの懸賞論文」の数々で少しは 知っていたつもりだが、現場で現実に指揮を執った人の

談話は 初めて。

 

★ 昔 高校生だった頃、かぶれて、父親に「第2次世界大戦を どう捉えるかで人生は変わる」

と聞きかじったことを 挑戦的にぶつけたことがある。父親は「あんなに沢山の人達が 亡く

なった戦争を・・」と一言呟いただけで 俯いて 黙り込んでしまった。

 

なんだか 悪いことを言ってしまったようで、子供心にも 恥じた。

悔しさを滲ませていた父親の無念の思いが 伝わってきたから。

 

★ もう一度 以前 何度も見ていた映像を 幾つかピックアップして 再度 映像を

みながら 静かに耳を傾け反芻した。

 

各国の要人は メディアや本や あるいは 現実の世界で 身近に感じる人たちが多い。

意味するところを 噛みしめた。

 

日下先生には 山元学校にお越しいただき、お話をして頂いたことがある。東京財団会長

をされていた頃で、国際経済問題や政治問題のお話に ご本と同様に、とても共鳴させて

頂いていた。

大東亜戦争は日本が勝った─英国人ジャーナリスト ヘンリー・ストークスが語る「世界史の中の日本」視聴 21,007 回810cojp 2017/05/02 に公開 チャンネル登録 3.6万

http://amzn.to/2nyOFGO 日本よ 呪縛から解放されよ! この書は日本のプロパガンダではない。
史実である。 ヘンリー・S・ストークス 来日50年の総集編 世界史を俯瞰して明らかになった大東亜戦争の真実
 
 
 
 

 

★ 侵略戦争で 一方的に 悪者扱いにされた歴史教育で 今も右往左往。苦しみの中にある。自虐史観にも

未だに翻弄されている。War Guilt Information Programの呪縛から まだ私自身も溶けていない部分を持って

いるかも知れない。

 

★ 必然的に 自分たちは 悪い人という意識を植え付けられて来たからだ。子供の頃 国旗が

掲揚される時 国歌を歌う時 先生の顔色を窺っていた記憶もある。自虐史観の中で 大手を振って跋扈する

逞しい人達もいる。「日本人の敵は 日本人」。ようやく ここに来て 呪縛の正体が明るみに出つつある。

 

s-日下公人 ③ 23754949_1780236821986302_6209196679814703533_n s-日下公人④ 23795172_1780236845319633_1954822615406945294_n

第2次世界大戦のあと どうなったのか?? アジアでも アフリカでも 有色人種の国の独立が

次々に なされた。100か国を超えるのでは ないか?? 頭から押さえつけられ 自立など 考えられない

人々が 立ち上がった。反対に 欧米 植民地主義の列強は 植民地を失って行った。この事実を否定する

人達は もういないはず。

 

八紘一宇は 穢れたものと 子供の頃から 口にするだけ 恥じたものだった。ようやく 父親が亡くなった歳より

20歳も年長になってしまった今になって、父親の悔しさ。その想いを共有している。

s-日下公人⑤ 23794771_1780236871986297_628174883308041672_n s-日下公人⑥ 23755740_1780236891986295_3181066420708968540_n

私が 日立造船に入ったころの部長さんたちは 海軍兵学校卒で戦艦大和が沈む時に 渦に巻き込まれ

奇跡的に 海の底から浮上された中尾大三さん 海軍機関学校の金時計(トップ)で御前講義をされた

丸山雅夫さん 陸軍中野学校卒の岩田パンチョスさんだった。中尾さんは 絶対に戦争の話をしなかった。

丸山さんも 岩田さんも ほとんど語らなかった。やはり 多くの仲間を失っただけではなく 忸怩たる

ものがあったのかも知れない。

 

 

大東亜戦争の真実 八紘一宇の大和魂 JAPAN

視聴回数 28,144 回  神楽七福  2016/07/19 に公開
 
南京大虐殺、従軍慰安婦の真実、なぜ第二次世界大戦が起きたのか? 神風特攻隊の精神
『義に生きることを美徳とし卑怯に生きることを恥とする 大和魂』
[自分の国の神話を学ばない民族は例外なく滅んでいる]
アーノルドJトインビー 本当の歴史を知ることで現在と未来が見えて来る!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です