Honey Bees ミツバチの大量死。CCD蜂群崩壊症候群 浅草蜂蜜づくり実験  170503Wed

浅草蜂蜜を 眞鍋君たちと始めたい。 海外への出張の旅に 各国で求めた蜂蜜を楽しんできた。ハンガリーや

エジプト、 パレスチナ イスラエル 欧州 アメリカ 東南アジアなどなど。 小学2年の時からの 65年来の

仲間の西田 稔くんに先生をお願いした。 さあ 男たちの夢。 実現するか?? これからにかかっている。

__________________________________________________

いぜんも アップしたことのある。画期的な蜂蜜採集箱。 これまでの手間暇がうそのようだ。もちろん 伝統的な

採集方法も 惹かれるが 普及するには この方法が良いかも知れない。下の方にある同じ仕組みのミツバチ箱だが

上の解説の方が 判り易い。ただ 話が それぞれ面白いので 両方見てみよう。

_________________________________________________

ところで ミツバチから 環境と農業を考える。という視点、考え方も大切だ。近年 日本だけでなく 世界各地で

ミツバチの突然居なくなった。大量の突然死も報じられるようになった。過去60年で 世界のミツバチが どんどん

減って行ったらしい。インド 中国 アメリカ 日本 世界各国も同じことが 起こっている。

ミツバチ失踪深刻事態 Uploaded on Apr 13, 2009

★★この映像で 日本の大問題が 浮上したことが 良く判る。ミツバチ産業の実態や 今 取られている

日本の政府 農協などなどの諸対策や  一年で 1億匹も消えてしまった。オーストラリアからの

ミツバチ(90%を占めている)の 伝染病が発覚して 輸入中止となったことが大きい(2007年)

__________________________________________________

科学的に解明しようと調査も世界各国で 活発に行われるようになった。 一番先に考えられたのが

農薬 PCB などなどだ。その他の原因もあるだろう。多くの原因が複合的に重なり合って、もう生きていけない。

ミツバチが生きていけなくなると 私たちも生きていけなくなる可能性がある。

__________________________________________________

大半の農作物が(一説には60%) ミツバチの働きで 受粉すると言われているからだ。

大量死がつづき 農作物の収穫が大幅に 削減されると大問題。食の安全が、大きくダメッジを

受けることになる。 世界の食糧庫 アメリカでは 2035年ごろには このまま行くと

ミツバチが消滅すると予想されている。 たぶん 日本もこのまま行くと 運命の時期は変わらないだろう。

濃家、養蜂家はもちろん 私たち人類全体に大打撃。大きな脅威だ。

Marla Spivak: Why bees are disappearing

295,522 views Published on Sep 17, 2013
___________________________________________________
Marla Spivakさんが 原因を判り易く解説してくれた。英語のままだが 図表がたくさん出ているので じっと
見ているだけで ある程度わかるのではと思う。 アメリカで 1945年ごろから 今日まで いかに
ミツバチが減って来たのかの図表もある。大変 参考になる話だ。ミツバチの生態 役割を知ることが出来る。
____________________________________________________
Marlaさんは 家の周りに花を植えよう。 公園や町の至る所 道路 幼稚園、小学校、中学校 あちこちの
野原や 山々に 花を植えようと呼びかける。 蜂たちが栄養たっぷりの花の蜜を吸うと 私たち人間も
栄養たっぷりの蜂蜜。 野菜果物も美味しく 健康に育つ。私たちも健康になり 生きていける。動物たちも
同じだ。
花たちの役割と実態。 花は こういう意味でも大切に育てねばと思う。ターシャ・ドウーテイさんを思い出す。
「美しい庭は 人生の意味を教えてくれる。」  このことかも知れない。
_____________________________________________________
Honeybees have thrived for 50 million years, each colony 40 to 50,000 individuals coordinated in amazing harmony. So why, seven years ago, did colonies start dying en masse? Marla Spivak reveals four reasons which are interacting with tragic consequences. This is not simply a problem because bees pollinate a third of the world’s crops. Could this incredible species be holding up a mirror for us?

TEDTalks is a daily video podcast of the best talks and performances from the TED Conference, where the world’s leading thinkers and doers give the talk of their lives in 18 minutes (or less). Look for talks on Technology, Entertainment and Design — plus science, business, global issues, the arts and much more.

_________________________________________________

だから 浅草ミツバチ プロジェクトに取り組みながら 環境問題。農業問題

などなど 真剣に考えるきっかけになればと 思う。 我が家にも蜂が ぶんぶん飛んでくる。

モッコウバラにも 良く見るとたくさん 来ている。 そういえば モッコウバラの 蜂蜜って

聴いたことがないなあ。・・・?!

_________________________________________________

世界中でミツバチが失踪 Published on May 9, 2016

太古の時代より受粉など人間の暮らしに欠かせない存在でありながら、近年ミツバチの大量死や失踪(しっそう)が世界中で発生している原因を. 世界中でミツバチの大量死や大量失踪が報告されています。日本でもここ数年、国内でのミツバチの大量死・大量失踪が報道されるようになります。

世界中でミツバチの大量死や大量失踪が報告されています。日本でもここ数年、国内でのミツバチの大量死・大量失踪が報道されるようになります。

 

The Flow Hive for honey bees, Love it? Hate it? or Undecided? Price? Review of Quality Control

Published on Feb 17, 2016

Showing the 7 Frame FlowHive, hive body construction and design, components, frame design and thoughts on what I think is good or not? Parts were missing, joints did not fit. Next step will be observing the bees when I put this super on a strong colony in the spring of 2016. Subscribe to be certain not to miss that! Yes.. they are BOX JOINTS.. not dove tails… sorry about that.

The following is a link for those who are interested in the safety of using plastics in a bee hive, specifically these flow frames: http://www.honeyflow.com/faqs/are-the

Where to buy the Flow Hive: http://www.honeyflow.com/shop/p/94

I do not treat my honey bees, learn about the bees I manage here:
http://www.beeweaver.com/our-story

地球環境】蜂郡崩壊症候郡 CCD ミツバチ大量失踪

1990年代初頭より 地球、北半球 セイヨウミツバチの大量失踪が報告され、すでに北半球から4分の1のセイヨウミツバチが消えたとされていた。・・・コロニーの崩壊   ウィキペデア  Colony Collapse Disorder
ja.wikipedia.org/wiki/蜂群崩壊症候群 署名活動  https://secure.avaaz.org/jp/save_the_…

Marla Spivak: Why bees are disappearing

295,522 view  Published on Sep 17, 2013

Honeybees have thrived for 50 million years, each colony 40 to 50,000 individuals coordinated in amazing harmony. So why, seven years ago, did colonies start dying en masse? Marla Spivak reveals four reasons which are interacting with tragic consequences. This is not simply a problem because bees pollinate a third of the world’s crops. Could this incredible species be holding up a mirror for us?

TEDTalks is a daily video podcast of the best talks and performances from the TED Conference, where the world’s leading thinkers and doers give the talk of their lives in 18 minutes (or less). Look for talks on Technology, Entertainment and Design — plus science, business, global issues, the arts and much more.
Find closed captions and translated subtitles in many languages at http://www.ted.com/translate

自動ハチミツ採取巣箱 Flow hive 養蜂

Published on May 4, 2016

蜂蜜の収穫を劇的に簡単にしたイノベーション Flow Hive,「自動ハチミツ採取巣箱」Flow Hiveなら、ハンドルをひねるだけで蜜が出てきます。 http://www.flow-hives.com/

 

遺伝子組み換え作物による蜂の大量死 Published on Mar 1, 2013 

蜂群崩壊症候群(ほうぐんほうかいしょうこうぐん、Colony Collapse Disorder、CCD)とは、ミツバチが原因不明に大量に失踪する現象である。

日本では「いないいない病」(「イタイイタイ病」と「いないいないばあ」がかけられた造語)という別名で紹介される場合もある。ヨーロッパ、アメリカ合衆国、日本、インド、ブラジルなどで観察されている。

フランス政府は農薬の成分とこの現象の因果関連を踏まえて一部の農薬を発売禁止した。

2006年秋から現在にかけてセイヨウミツバチが一夜にして大量に失踪する現象が米国各地で発生、その数は米国で飼われているミツバチの約4分の1になった。

 ヨーロッパの養蜂家においても、スイス、ドイツでは小規模な報告ではあるが、他にもベルギー、フランス、オランダ、ポーランド、ギリシア、イタリア、ポルトガル、スペインにおいて同様の現象に遭遇している。

また、CCDの可能性のある現象は台湾でも2007年4月に報告されている

__________________________________________________

Nepal:

Hallucinogen Honey Hunters – Hunting mad honey – documentary  4,663,113 views

Published on Sep 29, 2013

A tribe of Nepal hunt a wild honey with natural psychoactive properties (“mad honey”), they use it as a medicine and a soft drug.Dipak, the translator of this movie is overdosing and fall unconcious.https://www.facebook.com/raphaeltreza…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です