If Honey bees disappear ? what happens, Drone will solve ? 170503(Wed)

Image result for 日本ミツバチの写真

We can save the bees together: Sarah Red-Laird at TEDxBend Published on Jun 20, 2014

みんなで救おうミツバチ。 色々なところで 人々が 注意して 布石を打っていけば ミツバチは 救えるぜ

というお話だ。聴いていると 未来に希望が 満ちてくる。英語の勉強にもなるね。

Red-Laird transformed a childhood fascination with honeybees into an impassioned career as a research scientist, educator, conservationist and revered beekeeper. From her first taste of freshly harvested honeycomb at age three, through the undergraduate research program at the University of Montana, she cultivated the art and science of beekeeping. Today, Red-Laird is based in Ashland where she educates the next generation of honeybee keepers through her Kids and Bees program and the Southern Oregon University Beekeeping Club. She also helps farmers and other land managers conserve bee habitat.

映画『みつばちの大地』予告編 Published on Oct 28, 2016

この映画のDVを借りてこよう。 引き込まれる。自然のことや 自然の仕組みも感動的だ。

_______________________________________________________

★ ミツバチのこと: 奥が深い。色々 調べているうちに 興味が益々 湧いてきた。 早朝から 蜂蜜やミツバチの

ことで 英語のビデオのシャワーを 浴び続けている。 地球を救う。私たちの未来の子供たちも 蜂蜜を楽しめるように。

我が家には ニュージーランドのマヌカハニーは喉が痛い時だけ、 ナイジェリアのジャングルハニー、ハンガリーハニー、

イスラエル ハニー パレスチナハニー

 

西田君が 持って来てくれた日本蜂蜜もすこしづつ もったいないので 特別の日に楽しんでいる。

_____________________________________________________________________________

 

ミツバチを救う10の方法や ミツバチが居なくなると10の災害が起きて 人類は 数年後に死滅すると

いうが ドローンが ミツバチの代わりをするぜ ! という話も出て来た。 科学をきわめて 乗り切ることが 出来るのか

ドローンミツバチも出現。人類の英知で 乗り切れるのか??

ところで 百花蜂蜜は 菜の花 蓮華をはじめ 100種類の花の蜜が 混じったもの。

蜂蜜の効用にも 耳を傾けてみよう。 今年の5月連休は 密の味が するなああ。あ~しあわせ。

______________________________________________________」

太古の時代より受粉など人間の暮らしに欠かせない存在でありながら、近年ミツバチの大量死や失踪(しっそう)が世界中で発生している原因を.

ミツバチの知られざる生態、その神秘に迫る 2014年5月31日より岩波ホールほか全国にて順次公開 配給:シグロ (C) 2012 zero one film / allegro film /.

太古の時代より受粉など人間の暮らしに欠かせない存在でありながら、近年ミツバチの大量死や失踪(しっそう)が世界中で発生している原因を…

Save the Honey Bees   Published on May 7, 2016

アメリカで どんどん ミツバチが居なくなったり 突然大量死をするようになった。なぜなのか?

原因として 殺虫剤や農薬など 専門用語が飛び交うが しっかり 単語も 聴いて調べてみよう。

An environmental awareness message about Honey Bee conservation, narrated and produced by Kaity Hauge.
Developed for educational purposes for an animation course at the Art Institute of Colorado.

Assistance with vector art provided by Freepik.com  Music courtesy of Audio Blocks.

No bees, no food: John Miller at TEDxUNC

心を配っている。手や体 足の動かし方も 研究に研究を重ねて 訓練している。 話せばいいというのでは
なく しっかり伝えるため どのように 話しているのか しっかり見るようにしよう。

Commercial beekeeper John Miller has fought to help keep our world’s natural pollinators alive. “The link between plants and bees is a seductive life cycle, and for 120 years my family has kept bees,” he said, describing what he believes is the best job ever. However, over the last 70 years, America has lost half of its bee colonies due to their inability to find pasture, the increasing harm from pesticide and the viral predator bug, the verroa destructor. He came to TEDxUNC to remind us- no bees, no food.

4 Easy Ways You Can Save the Bees Published on Apr 12, 2016 ミツバチを救う簡単な4つの方法は 応用しよう。

Albert Einstein famously once said, “If the bee disappeared off the surface of the globe, then man would only have four years of live left.” He may not be too far off. Bees play a vital role in food production. With bee colonies dwindling, The List’s Donna Ruko has four ways you can help save the bees.

What is a Drone Honey Bee  Published on Nov 6, 2015

This morning I managed to see a Drone Honey bee walking around the front of the hive. I wanted to show the difference between a larger Male Drone and mostly female worker bees.  ドローンミツバチって 生きている特別なミツバチだ。

They are easily identified by the large eyes and large abdomen. You can hear a drone returning to the hive by the distinctive louder buzz they produce, similar to a droning sound.

 

【海外の反応】「ミツバチ問題はドローンにお任せ」日本から登場した人類を救う発明に海外仰天~すごいぞニッポン

【海外の反応】「ミツバチ問題はドローンにお任せ」日本から登場した人類を救う発明に海外仰天~すごいぞニッポン

「すごいぞニッポン 海外の反応」チャンネル登録はコチラ http://goo.gl/Pc3ohg

Retro Report | The New York Times

The mystery of Colony Collapse Disorder has brought honeybees into the public eye. But the story

of their plight — and its impact — is more complicated.

Top 10 Things That Would Happen if BEES DIED OUT

Published on Sep 26, 2016  ミツバチが居なくなったら 10のとんでもない事態が起こるだろう。
                もちろん蜂蜜がなくなる。

In the 1990s, beekeepers started recording major losses of worker honeybees during the winter months. Since then, there have been mass die offs in many of the other 4,000 species of bees. In 2006, the phenomenon was bestowed with the name colony collapse disorder. No one is exactly sure why the bees are dying off in unprecedented numbers, but some theories include the loss of flower meadows, varroa mites that eat the bees’ blood, climate change, and the use of pesticides. Thankfully, bees are a long way from becoming extinct. Which is good, because as this list shows, it could be disastrous for humanity.

10. Honey Will Disappear
9. Many Fruits and Vegetables Will Stop Growing
8. Pollination by Humans
7. Dairy Products Would Disappear
6. Cotton Wouldn’t Grow
5. What Will We Eat in a Post-Bee World?
4. Food Costs Will Sky Rocket
3. Malnutrition Will Be a Huge Problem
2. Possible Worldwide Economic Crash
1. Famines Throughout the World

__________________________________________________________

★ 鮫島さんの15歳の息子さん 作文が届いた。良く勉強している。 嬉しくなったので 転載させて頂きます。

先生‼️ ミツバチ🐝のお話‼️

私も 違う方向で リンクしていましたので、非常に感激しております‼️
先日、農家さんになる‼︎ と決めている息子の作文のお話を致しました。

僕は今まで農薬というと『害虫から作物を守るために ちょっとは使うもの』と思っていました。
この原稿を書くにあたり 少し調べてみました。
『農薬って本当に必要なの?そもそも農薬って何?』 農薬とは、農作物を害虫・病気・雑草
など有害生物から守るために使われる薬剤です。
いろいろ調べて行くと、とても気になるものを発見しました。 それは『ミツバチの大量死』
の記事です。
これは、2015年に新聞などに取り上げられていました。 アメリカのハーバード大学では、
ネオニコチノイド系農薬がミツバチ大量死の原因だと特定しました。
アメリカと日本を除く先進国ではすでに多くが、この農薬の使用・販売を禁止しています。
1999年にはフランスが使用規制、更にドイツ・イタリアも続き、2013年にはEUで3種の
ネオニコチノイド系農薬の使用規制が決定されました。
しかし、日本で認可されているネオニコチノイド系農薬は7種類。
そこでネオニコチノイドについて調べてみました。
ネオニコチノイドは水溶性の農薬。ミツバチは体温が高いため水を摂取して生きる。
だからミツバチはネオニコチノイドの影響を受けるそうです。
ネオニコチノイド系農薬は、土の中のミミズやダンゴムシはもちろん、海や川に流れ出た
としたらミジンコも死んで、土には長期間毒性が残るそうです。 とてもショックでした。
ハチが受粉を媒介しているのは、世界の食料の7割だそうです。 国連環境計画の事務局長
は2011年に『ミツバチは生態系だけでなく人にもとても重要』と報告しています。
僕はこれを調べるまで、このような事は知りませんでした。 2015年までに中国・アメリカ
・韓国でも規制が始まりました。
でも、日本だけは世界の流れと逆行して、規制緩和が進んでいるのはどうしてなので
しょうか? やはり、自分の利益さえ良ければ、他がどうなろうと関係ないといって
使っているのでしょうか?
今の僕にはたくさんの疑問が出てきました。 でも、ミツバチやその他の生態系に良く
ないものは、人間にも良くないのではないかと思います。
あの有名なアインシュタインも『ミツバチがいなくなると人類は4年以内に滅びる』
と言っていたそうです。 命を頂くから生きれると思うので、僕は将来 ミツバチが
寄ってくる環境を考えていきたいと思います。
これから、僕は農業の勉強をしていきますが、頑張って色々なことを学んでいきたいです。

15歳の息子です。 私の仕事であるビオライズのリーダーが、会社ではなく 個人として年に3回ほど 開催している
『子どもたちにも 本当のこと、現実を知ってもらう』という 寺子屋のようなイベントがあります。

今年の春休み 息子はその話を聞いてみたいと大阪まで行ってきました。
今回は、いくつかの話の中に ミツバチのことが チラッと出ていました。
農家さんになる息子は 帰宅後 すぐに、それが 事実なのか1人で黙々と調べていました。

その後、一気に書いたものが 上記の作文です。

私は その後 まったく違う方面から、
ハニーさん(養蜂家、船橋康貴さん)に 出会う機会を頂きました。
ハニーさんの志に感銘を受けました。

今後 息子の通っている農業高校へ 『将来、農業に関わる子どもたちに ミツバチの現状などを

伝える機会を提供したい』と 掛けあおうか…どうしたらいいのか…と 思案しているところでした。

そこに、山元先生も 活動を始められている‼️ということが、どれだけ力づけになったことでしょう

 

Queen of the Sun: What Are the Bees Telling Us?

An excerpt from the documentary by Taggart Siegel and Jon Betz.

In 1923, Rudolf Steiner, a scientist, philosopher & social innovator, predicted that in 80 to 100 years honeybees would collapse. His prediction has come true with Colony Collapse Disorder where bees are disappearing in mass numbers from their hives with no clear explanation. In an alarming inquiry into the insights behind Steiner’s prediction Queen of The Sun examines the global bee crisis through the eyes of biodynamic beekeepers, scientists, farmers, and philosophers. On a pilgrimage around the world, 10,000 years of beekeeping is unveiled, highlighting how our historic and sacred relationship with bees has been lost due to highly mechanized industrial practices. Featuring Michael Pollan, Vandana Shiva, Gunther Hauk and beekeepers around the world,.

この話は 蜂蜜の機能を話してくれているので 勉強になる。蜂蜜の扱い方 保存方法 固まった時など 教えてくれる。

Life cycle of a drone honey be Published

on Aug 26, 2013

Drone honey bees are male. They do not have a stinger and really don’t work in the colony at all. Their sole purpose is to be available in case a new queen is raised and needs to mate. In this case about a dozen of these drone bees will fly into the sky with a new queen and mate with her. After the mating process the drone will fall to his death. If a drone does not mate with a queen in his life he is kicked out of the hive when the season changes and the weather cools.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です