あのアパ騒動は 一体 何だったんだろう? 検証要す。 170304(Sat)

国の政府が 日本の私企業を 執拗に攻撃した。ありえないことだ。幾つかの映像を見てみよう。おのずから問題とすることの

実態や 原因が 浮かび上がってくると思える。この問題は いずれ収まるだろう。攻撃側に不利になることが 多すぎるから。

いろいろ検証しなければならないが、ウィグル人のトゥール・ムハメットさんのお話は 素直に聴ける。

 

事実が今もあるのは YouTubeで 普通にみれる日本では 関心ある人なら誰でも知っている。私も映像を見ては なぜ

そんなことをするのか? 心を痛めている。日本は 利他の心の国だ 調和の民と言われている。騒動があってから すこし

落ち着いた現時点での 検証的な映像。もう一度 振り返ってみよう。

 

 

ウィグル人 チベット人が 民族虐殺の状態にあること。こんなことが あって良いわけがない。

 

 

 

私たち 日本人。 無関心では いられない。 どういう流れで そうなるのか? それぞれの当事者が 何をやろうとしているのか?

しっかり認識しよう。何が 起こるのか ? 見据えよう。 どのように対応したら? を考えよう。

 

 

あの騒動は 一体 何だったんだろう。かえって問題点が 検証された。良い面もあった。実態はどうなのか?勉強する機会だ。

10年ぐらい 北京大学院生と東大大学院生と 一緒に 東アジア学生団体 LEAF Leaders of East Asia Forumを立ち上げた。

もちろん 私は きっかけをつくっただけだ。学生たちは 熱心に活動して おおきな活動を創り上げてくれた。

日中韓の学生ビジネスコンテストの審査員を第一回からやらせて頂き、最後の総括も何度か させて頂いた。

(6) 山元学校 Yamamoto Gakko

 

3カ国の若者たちが 学生の頃から 仲良く一緒に 良い関係を新たに 作り上げて欲しいと願いを込めていた。

 

 

 

山元学校のグループページの写真も その時の一枚で 北京大学生・院生、韓国の学生たちとの記念写真だ。3カ国の学生たちが 

力を合わせて 良き関係を さらに創り上げてくれることを願う。

5つぐらいのテーマのもと、4,5ぐらいのチーム(環境 観光 それぞれの分野でのビジネス提案など)が できて1週間 

フィールドスタディを含めて 提案を練り上げ 発表するが 

 

チーム編成は 3カ国の学生たちが 2人づつ集まってチームをつくり がんばる。この1週間で チームのメンバーを 対立的なもの

を乗り越えて 兄弟のようになっていたのを いつも 清新な気持ちで眺めていた。これが 3カ国の友好関係のベースとなれば

もっと仲良くなるに違いない。そう考えて 10年ぐらい応援してきた。

 

 

 

★長野オリンピックの惨状を 良く覚えている。

 

 

 

 

 

★こういう話がある。真実味がある。 しっかり見てみよう。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です