Elon Musk is so cool !  人物往来 ⑧ 150502

間違いなく 新しいタイプの発明家 実業家だ。 イーロンさんの発想法と 行動力は 毎回 驚かされる。 地球は いずれ 何十億年後にか 雲散霧消すると 言われているが 彼のような人が 今後も どんどん出てくるだろうと 思うと その時には 人類は 第2の 第3のBlue Earth に 移っているだろうなあと 楽観的になってくる。

イーロン・マスク  Elon Musk - The Summit 2013.jpg

2013年のダブリンサミットにおいて
生誕 1971年6月28日(44歳)
南アフリカ共和国の旗 南アフリカ共和国ハウテン州プレトリア
住居 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国カリフォルニア州ロサンゼルス
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国カナダの旗 カナダ南アフリカ共和国の旗 南アフリカ共和国
教育 プレトリア男子高等学校英語版
出身校 ペンシルバニア大学
職業 起業家、エンジニア
著名な実績 スペースXPayPalテスラ・モーターズハイパーループ、Zip2、ソーラーシティ
肩書き スペースXCEOCTO
テスラ・モーターズCEO
ソーラーシティ会長

Elon Muskさんは 1971年うまれ。素晴らしい実績を作ってきた。 世界で 高く評価されている。

素直に学ぼう !

イーロン・マスク(Elon Musk, 1971年6月28日 – )は、南アフリカ共和国プレトリア出身のアメリカ起業家であり、スペースX社の共同設立者およびCEOである。PayPal社の前身であるX.com社を1999年に設立した人物でもある。

南アフリカ人の技術者の父親とカナダ人の母親との間に南アフリカで生まれる。母親は、ニューヨーク栄養士モデルとして働いた経歴を持つ。 10歳のときにコンピュータを買い、プログラミングを独学した。12歳のときに最初の商業ソフトウェアであるBlasterを販売する。

17歳になった1988年、Pretoria Boys高校で大学入学資格を得た後、親の援助なしに家から独立したが、理由のひとつには南アフリカの徴兵があった。彼は「兵役につくことは、それ自体私には問題はないが、南アフリカ軍で黒人を抑圧することに時間を費やすのは、あまりよい方法のようには思えなかった」と述べている。

彼はアメリカへの移住を希望した。彼は「アメリカは、すごいことを可能にする国だ」と述べている。

 

 

どうして このような ことが 出来てしまったのか? しっかり 耳を改めて 傾けよう !


英語の勉強にもなるので ウィキペディアで見てみよう。SpaceXなど
とても興味深い会社をいくつも立ち上げてきた。 それぞれの会社の
中身を見ると とても面白く勉強になるなあ

彼の姿勢 考え方 生き方は アメリカ人の天才的な 人たちと 一味違う。

 

母親はカナダのサスカチュワン州レジャイナの生まれで、多くの親戚がカナダ西部に住んでいた。そこでマスクは1989年6月にカナダに移住し、サスカチュワンのスウィフトカレントにあるいとこの小麦農場で働き、穀物貯蔵所の清掃をしたり野菜畑で働いた。

また、ブリティッシュコロンビアの製材所でのボイラーの清掃やチェーンソーで丸木を切る仕事などもしていた。その後、トロントへ引っ越して、クイーンズ大学に入学するまでの間、夏に銀行のコンピューター部門で働いたりもした。

 

★問題を 単に解決するだけでなく もっと 考えなければならないことがある。それが 人生だ。という。

 

1995年に高エネルギー物理学を学ぶためスタンフォード大学大学院へ進むが、2日在籍しただけで退学し、弟のキンバル・マスク英語版とともに、オンラインコンテンツ出版ソフトを提供するZip2社を起業する。この会社はのちにコンパック社のAltaVista部門に買収され、マスクは3億700万USドルの現金と、ストックオプションで3400万ドルを手にいれる。

 

その後アメリカ合衆国ペンシルベニア大学ウォートン・スクールへ進むための奨学金を受け、同校で学位を取得する。彼の後の言葉によると、当時、彼は人類の進歩に貢献する分野は「インターネット」「クリーン・エネルギー」「宇宙」だと考えていた。

 

1999年にはオンライン金融サービスと電子メールによる支払いサービスを行うX.com社の共同設立者となる。X.com社は1年後にコンフィニティ社英語版と合併し、これが2001年にPayPal社となる。

2002年に3つ目の会社として、宇宙輸送を可能にするロケットを製造開発するスペースX社を起業し、CEOならびにCTOに就任している。また電気自動車会社であるテスラモーターズ社に投資し、同社の最初のモデル「0001」を自ら所有する。2008年10月には同社の会長兼CEOに就任した。

2006年には太陽光発電会社ソーラーシティ英語版を従兄弟であるリンドン・リーブ英語版と共同で立ち上げ同社の会長に就任した。2013年には時速約800マイル(約1287キロ)の輸送機関ハイパーループ構想を明らかにした。

2014年9月に来日し安倍晋三首相と会談した。なお今回来日した際にラーメン二郎新宿歌舞伎町店に立ち寄った事がTwitterで話題になった。

署名
Elon Musk
公式サイト
twitter.com/elonmusk

イーロン・マスク (2008年)

 

 

 

 

 

 

私生活

趣味は子供と遊ぶことと映画鑑賞。

資産は、2005年時点において3億2,800万ドルとされていたが[8]、2014年7月時点では110億ドルとされている。

2007年までマクラーレン・F1のオーナーでもあった。最初の妻はジャスティン・マスク英語版で2000年に結婚したが、2008年に離婚した[10]。2番目の妻は女優のタルラ・ライリー2010年に結婚したが、2012年に離婚した。なお、前妻との間に5人の息子がいる。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です