抗生物質5つの理由&植物性乳酸菌 150422

Five(5) reasons why doctors do not want to put the antibiotic
お医者さんが、抗生剤(Antibiotic)を出したがらない「5つの理由」
もう一度おさらいをしておこう。


Antibiotics are powerful medicines that fight bacterial infections. Used properly, antibiotics can save lives. They either kill bacteria or keep them from reproducing. Your body’s natural defenses can usually take it from there.

理由1 「効果」:だしても意味がないと考えている
理由2 「耐性菌」:菌が抵抗力を持ち、治療に苦労することになる
理由3 「副作用」:肝臓や腎臓など、身体に負担をかける
理由4 「腸内細菌」:腸内細菌のバランスを崩してしまう
理由5 「保険適応」:指定された病気以外への保険適応による処方は、
違法になってしまう (加藤さんに感謝)

Antibiotics do not fight infections caused by viruses, such as
•Colds
•Flu
•Most coughs and bronchitis
•Sore throats, unless caused by strep

If a virus is making you sick, taking antibiotics may do more harm than good. Each time you take antibiotics, you increase the chances that bacteria in your body will be able to resist them. Later, you could get or spread an infection that those antibiotics cannot cure. Methicillin-resistant Staphylococcus aureus (MRSA) causes infections that are resistant to several common antibiotics.

When you take antibiotics, follow the directions carefully. It is important to finish your medicine even if you feel better. If you stop treatment too soon, some bacteria may survive and re-infect you. Do not save antibiotics for later or use someone else’s prescription.

患者さんが「抗生剤がほしい」と言っても、抗生剤をだすのを渋る医者に遭遇することも少なくはないでしょう。医者が抗生剤を安易に処方しないのには理由があるのです。「抗生剤をだしたがらない」5つの理由について解説します。

1.効果     AllAboutMedical 提供

2.耐性菌

3.副作用

4.腸内細菌

5.保険適応

■理由1 「効果」:だしても意味がないと考えている

医者が抗生剤をだしたがらない理由として、細菌感染でなければ「効果が乏しい」、言い換えると、「だしても意味がない」と考えていることが挙げられます。

例えば、風邪のほとんどはウイルスによる上気道感染です。ウイルスに抗生剤は効きません。ノロウイルスによる急性胃腸炎に関しても、抗生剤は効果がありません。かぜに対しての二次細菌感染予防のための抗生剤投与も無効であることがわかっています。中耳炎や気管支炎、肺炎など細菌感染を併発したときには抗生剤は効果があります。

日本では「風邪=抗生剤で治る」といった間違った認識があります。海外、とくに欧米ではウイルス性風邪に抗生剤を処方しないことが常識となっています。欧米では風邪で医療機関を受診しても、熱さまし程度しかだしてもらえないところが多いでしょう。

■理由2 「耐性菌」:菌が抵抗力を持ち、治療に苦労することになる

抗生剤をむやみに使用すると耐性菌ができます。MRSA(メチシリン耐性黄色ブドウ球菌)という菌を耳にしたことがありませんか? MRSAでは、抗生剤を使いすぎることで、菌が環境に応じてどんどん性質を変化させて抗生剤に対して抵抗力を持ってしまいます。この菌に効く薬は限られており、またその薬に対しても耐性を持つ菌ができてしまうと治療に難渋します。

_______________________________

植物性乳酸菌の凄い力。 養鶏 養豚 養殖の希望の星。                Vegitable Lactic Acid Bacteria

_______________________________________________

 抗生剤は肝臓や腎臓で代謝されるため、肝臓や腎臓に負担をかかることがあります。それにより、肝機能や腎機能が低下する可能性があります。また、抗生剤投与によりアレルギーが起こる可能性もあります。ごくまれにですが、スティーブンス・ジョンソン症候群(皮膚粘膜眼症候群)という発熱、皮膚炎、眼の充血などをきたし失明や死亡することもある重篤な病気を引き起こすことが知られています。

■理由4 「腸内細菌」:腸内細菌のバランスを崩してしまう

抗生剤を飲んで下痢したことがあるという人も少なくないと思います。抗生剤は菌を攻撃するので、腸内の善玉菌も攻撃を受けます。抗生剤を使用すると、腸内フローラ(腸内細菌叢)が崩壊して下痢を起こしやすい状態になります。腸内細菌が安定していない幼少期の抗生剤投与が潰瘍性大腸炎などの炎症性腸疾患の発症率を上げているという報告もあります。

抗生剤により腸内細菌のバランスが崩れると、腸内のクロストリジウム・ディフィシル菌が勢力を伸ばすこともあります。そうなると増殖したこの菌が産生する毒素により、クロストリジウム・ディフィシル腸炎を発症します。この腸炎は通常の薬では治りにくく、治療に難渋することが少なくありません。

■理由5 「保険適応」:指定された病気以外への保険適応による処方は、違法になってしまう

抗生剤などの薬を処方するには、医療機関は病名を書いて「国民健康保険」や「社会保険」に請求する必要があります。抗生剤などの薬にはそれぞれ「保険適応」というのが決められており、通常抗生剤を使用するには、「気管支炎」や「肺炎」などの病名が必要です。

「風邪症候群」や「上気道炎」で抗生剤を使用することはできません。ですので、「風邪」で処方する場合でも、「気管支炎」など抗生剤に適した病名をつけなければならないのです。ただし、「診察した診断名」と「請求する診断名」が異なるのは違法とされています。保険組合の審査によって適正使用と認められない場合は、医療機関側の全額負担ということになることもあります。

以上のような理由より、患者さんからのリクエストがあっても安易に抗生剤を処方しない医師も多いのです。抗生剤を処方することは医療側の利益になり、患者サイドの満足度も上がるため安易に処方されることが多いのが実情ですが、抗生剤は適正に使用しないと副作用もある両刃の剣ということを考えておく必要があるでしょう。

【感染症ガイド:今村 甲彦】

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です